FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

916菅原神社(櫻木神社内 桜台・野田市)

2015.05.25 11:53|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真公
【由緒】明治三十二年十二月吉日創始?、明治四十四年十一月廿八日再建(142)
【鎮座地】野田市桜台210番地1 櫻木神社内
【拝路】住宅街の先にいきなり大きな鳥居が見えてきて、参道前の広場もゆったり造られている。予想外に大きな神社らしい。
916CIMG5488.jpg
ゆるやかにカーブし、坂になった参道を登ると立派な社殿が見えてきた。
916CIMG5489.jpg
菅原神社は右手に鎮座。天満宮の看板が立てられている。
916CIMG5490.jpg
振り返ると、社務所方向になる。
916CIMG5493.jpg
ここの神域は、静謐の香りがする。
スポンサーサイト



915天神宮(神明神社内 上花輪・野田市)

2015.05.25 11:35|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】野田市上花輪1151付近 神明神社内
【拝路】豆バス長命寺前下車。長命寺境内に天満宮がある(158)はずだが、生来の探し物下手ゆえか、見つけることが出来なかった。その足で神明神社に向かう。
五分ほどで、右手奥に神明神社の鳥居が見えてきた。こちらは北からの参道のようだ。
915CIMG5479.jpg
社殿を右に見て南側の参道に向かう。こちらにも鳥居がある。
915CIMG5480.jpg
南参道の左手に境内社
915CIMG5481.jpg
左から二つ目が天神宮
915CIMG5482.jpg
屋根に星梅鉢紋と思われる紋章。
横面に文化九申年(1812年)正月吉日とあるようだ(158)。

914天満宮(香取神社内 五木新町・野田市)

2015.05.25 09:15|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真 と思われる
【由緒】文献142には、明治初年天神社を奉祀其の後不明とある。この天満宮との関連はわからないが、明治以降の成立であろう。
【鎮座地】野田市五木(ごき)新町15番地5 香取神社内
【拝路】豆バス「公園」下車。五分ほどで神社前。
914CIMG5474.jpg
境内右手に境内社を祭っている。
914CIMG5475.jpg
その中に天満宮あり。右から五番目。
914CIMG5476.jpg

913天満天神宮(稲荷大明神内 柳沢・野田市)

2015.05.25 08:10|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】野田市柳沢282番地の2 。114番地。稲荷神社内
【拝路】912秋葉神社前に豆バスのバス停がある。おじさんが一人バスを待っている風で、どうもバスが今にも来るような気配である。近づいてバス停のバスの時間を確認するとあと数分でバスの到着予定になっている。今日の予定は、ここからイオンタウンに行ってそこから北ルートのバスに乗る予定だったのだが、急きょ予定を変更し、ここから中ルートの豆バスに乗り先に柳沢の稲荷神社を目指すことにした。数分でバスが来た。バスの中で、以前市役所のおじさんから頂いた豆バスの運行票で再度確認。向原で下車すればいい。
・・・。
下車し、旅ナビの指示に従って国道16号脇を千葉方面に向かう。実は、柳原の稲荷神社の番地、282の2は旅ナビでヒットがなく、暫定で打ったターゲットに向かうはめになっていた。しかしあとで考えるとこの北からのルートに変更してよかった。柳沢小学校を過ぎ、国道16号を渡る。100mほど進むと、左手に割と大きな神社。旅ナビを市街図まで拡大すると稲荷大明神が出てきた。もしかしてここが目標の稲荷神社?
913CIMG5468.jpg
左手に小さな社がある。天満天神宮とある。
913CIMG5469.jpg
石祠を想定していたのだがりっばな社が建っている。屋根下?の深紅の赤がまぶしい。
913CIMG5470.jpg
ターゲットはここより南になっている。当初の予定通り南から向かったとすれば、この神社は見過ごしていたかもしれない。

912天満天神宮(秋葉神社内 蕃昌・野田市)

2015.05.25 07:37|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】野田市蕃昌(ばんしょう)215番地 秋葉大神社内
【拝路】911天神宮から流山街道を南下。川間駅方面に向かう市道との交差点手前の駐車場を右手にショートカットすると鳥居が見えてきた。
912CIMG5463.jpg
境内の左手奥に境内社が祀られている。
912CIMG5464.jpg
右手の角塔に、「天満天神宮」とある。
912CIMG5465.jpg
横から
912CIMG5466.jpg
「昭和三十五年十月吉日 奉納 野島健二」と陰刻されている。

911天神宮(谷吉神社内 谷吉・野田市)

2015.05.25 07:05|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】野田市谷津1311付近 谷吉神社内
【拝路】川間局前で下車し、ナビの指示通り歩いてゆく。流山街道に入ると車の数が多くなる。歩道狭く、ヒヤヒヤしながら歩いて、住宅地内、やがて境内に入る。
911CIMG5454.jpg
社殿右手に小祠
911CIMG5456.jpg
その中に天神宮の石祠が納められている。
911CIMG5457.jpg
通ってきた道は西側からで、南側からが正規の参道のようだ。鳥居もある。
911CIMG5461.jpg

907天満宮(香取神社内 大殿井・野田市)

2015.05.08 11:05|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】野田市大殿井315番地 香取神社内
【拝路】906菅原神社の左手に鎮座
907CIMG5407.jpg
「天保十四年(1843)正月吉日」
屋根に星梅鉢紋の紋章
一応、906菅原神社とはルーツが違うような気がしたので別扱いとした。

906菅原神社(香取神社内 大殿井・野田市)

2015.05.08 11:04|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】野田市大殿井315番地 香取神社内
【拝路】紫ゴルフ場入口下車。来た方向に戻って100mほどで右斜めに細い道に入る。右手の広場ではおばさん達がゲートボール?に興じている。道はそのまま境内に通じていた。
906CIMG5400.jpg
後ろの方から小さな虫が空に飛び放っている。よく見ると古い切り株から羽化した無数の虫がウジャウジャ。
906CIMG5401.jpg
もっと近寄る
906CIMG5402.jpg
・・・
鳥居の右手に菅原神社の石碑。
906CIMG5404.jpg

906CIMG5405.jpg
「明治廿二年四月廿五日」

905天神社(南・野田市)

2015.05.08 09:55|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】野田市木野崎701付近
【拝路】木野崎本郷の集落の東南端、市道の脇に鎮座。
905CIMG5396.jpg
正面から
905CIMG5397.jpg
中に道真公と思われる小さな座像が祀られている。
その胸いっぱいに梅鉢紋があしらわれている。

904天神社(下町・野田市)

2015.05.08 09:32|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】野田市木野崎1002-2付近
【拝路】903香取神社を後にし、再び田んぼの中の道を東に向かう。
904CIMG5389.jpg
水路先の橋を右折し、再び丘陵に上り、200mほど歩いて左折し、道なりに進む。再び田んぼ道になる。
たぶん正面が木野崎城跡で、神社はその左あたりになるはずだ。
904CIMG5391.jpg
道は丘陵の北側沿いに続いて、200mほど行くと橋で丘陵とつながっている。ちょっとした坂を上り、右手50mほどで神社前へ
904CIMG5392.jpg
扁額は天満宮とある
904CIMG5393.jpg
中に道真公と思われる座像が納められている。
紋章は、梅花紋の変形のようだ。
この一帯は木野崎城址にあたるようだが、天神社の位置関係は関宿城内あったと言われる807天満宮によく似ている。