FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2671合社

2019.05.17 11:51|千葉県市川市
【祭神】日枝神社・天神社・天満宮
【由緒】社殿の前に案内。
「合□□ 昭和五□□□ 月□神□□□ □□に□□ 左の三社□□ 日枝神社 天神社 天満宮」
【鎮座地】千葉県 市川市 若宮2-25 若宮八幡宮境内


京成東中山駅から北へ700mほどに八幡宮
2671IMG_0469.jpg
正面に八幡宮の社殿があって、その左に社がある
2671IMG_0465.jpg
周りをフェンスで囲ってあり、案内板もあるがほとんで消えかかっている
2671IMG_0467.jpg

スポンサーサイト



2670天満宮

2019.05.17 10:56|千葉県市川市
【祭神】菅原道真
【由緒】天明八年(1788年)建立
【鎮座地】千葉県 市川市 稲荷木3-6付近 稲荷神社境内


稲荷木のバス停から300mほどで稲荷神社
2670IMG_0461.jpg
大きな銀杏の木の奥に小祠
2670IMG_0463.jpg
資料によると「天明八年正月二十五日」の銘があるらしい。

2669天神社

2019.05.17 10:43|千葉県市川市
【祭神】(菅原道真)
【由緒】宝暦四甲戌(1754年)建立
【鎮座地】千葉県 市川市 河原6番20号 春日神社境内


春日神社前
2669IMG_0456.jpg
右側に胡録神社が併設されていて、さらにその右側に小さな社が三棟
2669IMG_0460.jpg
中央の社の中に石祠が二基納められておりその左側に「天神□」とある。
資料によると「宝暦四甲戌正月吉日 明治三十八年二月征露二年之□改築」の銘があるようである
【参考文献】375 市川のくらしと伝承 市川市史編さん民俗部会/編集 2014・15

2668天満大神

2019.05.17 10:27|千葉県市川市
【祭神】菅神
【由緒】裏側に碑文あり「近藤先生號は有鄰堂名は徳基字は履郷通称は吉左衛門 天保五年甲午正月五日當□に生る幼年より学問書法に志し  嘉永四年より明治三年まで二十一年の間自宅に於いて私塾を開き  幾多の門弟を教育す然るに明治の聖代に移り学校の設けあり故に閉つ  □後東京府下今井小学校に勤務すること三年の間猶明治十七年より □□小学校に従事し同三十五年まで十九年の間勤□怠りなく惜哉  歳六十九にして病に罹り終に退職す幸に先生存命中多年信仰せし 菅公の一千年祭に遭遇せしを以て有志諸君旧門人等と相謀り先生多  年の労を慰めんか為め□に居村八幡神社の境内に 一千年祭を挙行し併せて先生の記念とす 明治三十五李壬寅十月二十五日」
【所在地】千葉県 市川市 本行徳 八幡神社境内


八幡神社前
2668IMG_0450.jpg
本殿の左側に石碑が建っている
2668IMG_0452.jpg

2667天満宮

2019.05.17 10:12|千葉県市川市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 市川市 香取1 香取(かんどり)神社境内


香取神社前
2667IMG_0442.jpg
本殿の左側の小祠
2667IMG_0446.jpg
天満宮とある

2665三神合祀碑

2019.05.17 06:22|千葉県市川市
【祭神】天満天神・八幡大菩薩・妙見尊天
【由緒】延享四(1676年)當寺第七世日詳師が再興造立す・文禄元(1592年)代官朝比奈□□□が當山に奉祀せり・文政十一(1826年)當寺第十九世日□師が改め造立す
【鎮座地】千葉県 市川市 高石神21 泰福寺境内


泰福寺門前
2665IMG_0425.jpg
境内右手の崖の中腹に碑が建っている
2665IMG_0427.jpg



2664天満神社

2019.05.09 15:31|千葉県市川市
【祭神】菅公
【由緒】安永八年(1779年)建立。大正4年(1915年)八月五日字出口鎮座を合祀
【鎮座地】千葉県 市川市 須和田2丁目22 六所神社境内


最寄りの駅、市川真間駅であるが、市川ママ駅になっている。
2664IMG_0424.jpg
4月27日から5月12日までの間、母の日にちなんだ駅名だそうである。
北に1kmほど歩いて六所神社前
2664IMG_0422.jpg
境内の左手に石碑や石祠がまとめられており
2664IMG_0420.jpg
その中の石祠
2664IMG_0417.jpg
レリーフは道真公のイメージとだいぶ異なるが、側面の陰刻が資料に一致するのでこれが合祀された天満神社であろう
右側面に「須和田村講中」
左側面に「安永八年亥正月吉日」
【補足】字出口について。場所不明であるが、かつて字上出口の地名が存在し、現在の市川二丁目・三丁目の総武線と京成線に囲まれた江戸川沿いの地域であったという。下出口は上出口の北東部、須和田寄りになる。

2663天満宮

2019.05.09 14:30|千葉県市川市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 市川市 八幡4-15-4 十二社神社境内


十二社神社
2663IMG_0416.jpg
境内右手の石祠
2663IMG_0415.jpg
板に天□宮と墨守された社号標が納められている。
ここでは天満宮とした。



2662所願寺

2019.05.09 14:06|千葉県市川市
【祭神】天導大明神・天満自在天神
【由緒】江戸期から祀っていた天満宮を373白幡神社に遷座したが、昭和61年(1986年)当山22世住職によって天尊大明神として再勧請された二体の天神が安置されている
【鎮座地】所願寺 千葉県 市川市 宮久保4-12


宮久保坂上のバス停脇
2662IMG_0412.jpg
お堂
2662IMG_0410.jpg

2661殿台天満宮

2019.05.09 12:41|千葉県市川市
【祭神】菅原道真
【由緒】当宮は菅原道真公をお祀りした社で江戸中期氏子中が当町に奉斎したのが発祥と伝えられ爾来大柏町の天神様と称えられ学神としての信仰を集め今日に至っている(境内の案内より)。
奉斎は宝暦四年(1754年)と思われる。「宝暦四甲戌二月吉日 大野村若者中」の記録が残されている。
明治41年の神社合併願があり、この中に天神社(菅原道真。古老の話では北野天満宮を移祭したという)がある。
【鎮座地】千葉県 市川市 大野町四丁目2757番 駒形大神社境内


大神社前
2661IMG_0401.jpg
参道の石段を登り、踊り場の左の社が天満宮。右に大神社の二の鳥居、その先に本殿が見える
2661IMG_0403.jpg
鳥居の神額
2661IMG_0405.jpg
絵馬
2661IMG_0406.jpg
絵馬
2661IMG_0407.jpg
【参考文献】376 市川市民俗調査概報2 行徳・南行徳 1972年