FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1225五座相殿社(住吉神社境内 野里・西淀川区)

2016.03.09 08:44|大阪府大阪市湾岸
【祭神】草祖(くさおや)神・天満(てんま)・春日・八幡・八百万大神
【鎮座地】大阪市 西淀川区野里1-15-12 住吉神社境内
【拝路】満開の梅、芽吹く柳だいぶ春めいてきた。佃バス停から
1225CIMG7812.jpg
歌島2丁目下車。雨が降ってきた。10分ほどで神社前
1225CIMG7817.jpg
境内左の小祠
1225CIMG7814.jpg
これが祀られている神々と思われる
1225CIMG7815.jpg
天満、てんま、大阪らしい
スポンサーサイト

1224七重之社(田蓑神社境内

2016.03.09 08:05|大阪府大阪市湾岸
【祭神】天照皇大神・事代主大神・太田主大神・猿田彦命・応神天皇・菅原道真公・少彦名大神
【鎮座地】大阪市 西淀川区佃1-18-14 田蓑(たみの)神社境内
【拝路】阪神電鉄千船駅下車し北上。駅からの風景が893十三社に参拝した時になんとなく似ている。国道2号を渡り、神社にはうしろ口からの参詣となった。社殿の左側に境内社が祀られている
1224CIMG7806.jpg
その中に七重之社
1224CIMG7808.jpg
神額に天満神社がある
1224CIMG7809.jpg
社務所の隣の建物からなにやら気配が。入口の隙間から力士が見える。そう言えばもうじき大阪場所が始まる。
1224CIMG7811.jpg
玉ノ井部屋の旗がある。そう言えば岩手のYさん、玉ノ井部屋をひいきにしていたのを思い出した。

1166天神社(高砂神社境内 北島三丁目・住之江区)

2016.01.21 07:48|大阪府大阪市湾岸
【祭神】菅原道真神
【由緒】太宰府天満宮の御分霊を勧請
【鎮座地】住之江区北島三丁目 高砂神社境内
【拝路】住之江公園駅より徒歩。行き過ぎて、小学校を東側より時計回りに、六時の位置に案内
1166CIMG7379.jpg
見知らぬ街でこのような案内は助かる。五分ほどで神社前
1166CIMG7380.jpg
境内左手に天神社
1166CIMG7382.jpg

893十三社(澪標住吉神社内 伝法3・大阪市)

2015.04.23 11:52|大阪府大阪市湾岸
【祭神】船玉神・大国神・春日大神・大海神・釼大連守屋・大直日神・蛭子神・少彦名神・宇賀御魂・菅原道真公・猿田彦神
【鎮座地】大阪市此花区伝法3-1-6 澪標住吉神社内
【拝路】阪神なんば線伝法駅から数分。
893CIMG5315.jpg
境内右手の社が十三社のようである。
893CIMG5318.jpg
扁額には十一神しか書かれていない。

892朝日神明社(春日出中・大阪市)

2015.04.23 10:48|大阪府大阪市湾岸
【祭神】天照皇大神・倭比賣命・春日大神・菅原道真公二柱
【由緒】明治40年(1907年)に、朝日神明宮と皇大神社を合祀。社号を朝日神明社とした。同時に春日神社と安喜良神社を合祀。道真公は春日神社・安喜良神社の祭神であった。前社は元禄十二年(1699年)雑賀屋七兵衛の勧請、後社は明治期、道明寺天満宮の勧請という。
【鎮座地】大阪市此花区春日出中1-6-21
【拝路】阪神なんば線千鳥橋駅下車。大通りを西へ進んで、梅香の交差点を左に折れて住宅街に入る。
どうも神社裏の参道から入ったようで、南の方から入りなおす。
892CIMG5310.jpg
社殿
892CIMG5313.jpg


891天満宮行宮所(住吉神社内 池島・大阪市)

2015.04.23 09:35|大阪府大阪市湾岸
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大阪市港区池島2-8
【拝路】地下鉄中央線朝潮橋駅下車。イメージした神社よりかなり小さかったせいもあるが、なかなか見つけられず、このブロックを反時計回りに一周してしまった。時計回りに行けば目の前であった。正面が住吉神社で、左手が天満宮のようだ。
891CIMG5305.jpg
正面から
891CIMG5306.jpg
左から
891CIMG5307.jpg
黄金色の梅鉢紋
891CIMG5308.jpg

890天満宮(八坂神社内 三軒家東・大阪市)

2015.04.23 08:39|大阪府大阪市湾岸
【祭神】菅原道真 と思われる
【由緒】「明治末期に、千島町天神社を合祀」との記録があるようなので、本社がこれに該当すると思われる。
【鎮座地】大阪市大正区三軒家東2-7-18 八坂神社内
【拝路】889八坂神社を北上す。ゆっくり歩いて十五分ほどで到着。
890CIMG5299.jpg
境内に入ってすぐ右手に天満宮の鳥居。
890CIMG5300.jpg
正面から。小さな灯篭に梅鉢紋があしらわれている。
890CIMG5301.jpg
左側から。
890CIMG5302.jpg
左手の姫嶋龍神社の旗がにぎやかで、天満宮はあまり人気がないようだ。台座にまで龍神が。

889八阪神社(三軒家東・大阪市)

2015.04.23 08:23|大阪府大阪市湾岸
【祭神】素戔嗚尊・応神天皇・仁徳天皇・菅原道真(二柱)
【由緒】明治四十年から四十四年にかけて、千島町村社(平尾)天満宮・北恩加島町村社天満宮を合祀。
【鎮座地】大阪市大正区三軒家東6-14-12
【拝路】南泉尾のバス停を下車し、高速の高架下を進んだが、今振り返ると永楽橋筋からの方が近いようだ。
889CIMG5294.jpg
社殿
889CIMG5296.jpg

888南恩加島天満宮(大阪市)

2015.04.23 07:37|大阪府大阪市湾岸
【祭神】菅原道真公
【由緒】天保七年(1836)南恩加島開拓の祖、岡島嘉平次、新田開墾の成功を祈りその郷土の氏神道明寺天神を勧請し当町東北端岡阜に祀る。昭和三十三年四月大阪市都市計画により現在地に奉遷す。恩加島→おかじま→岡島
【鎮座地】大阪市大正区南恩加島1-13-41
【拝路】住之江公園よりバスにて北上、バスは南津守の交差点を西に向かい千本松大橋を渡り大正区へ。最初のバス停「千本松橋西詰」を下車。神社は公園の東北隅にあるようで、ナビの通りに進むと東側から公園に入る。右手の方に社殿らしき建物が見える。
888CIMG5285.jpg
南側は稲荷社になっているようで、天満宮の正面は西側であった。
888CIMG5288.jpg
右手に撫牛が一体。
888CIMG5289.jpg
前から
888CIMG5290.jpg
社殿後ろ側から
888CIMG5286.jpg
拝殿の陣幕には梅鉢紋が使われていた。

764加賀屋天満宮(北加賀屋・住之江区)

2015.01.29 07:45|大阪府大阪市湾岸
【祭神】菅原道真
【由緒】天王寺村天下茶屋の柴谷利兵衛と在地の住人が新田開発の際、鎮守のため勧請したものといわれる。一時廃絶していたが、昭和26年6月、境内2409平方メートルに本殿、拝殿、社務所が再建された。(住之江区のサイトより)
【鎮座地】大阪市住之江区北加賀屋5-2-4
【拝路】早朝、フェリーで南港に着く。
764CIMG4410.jpg
フェリーターミナル駅からニュートラムで北加賀屋へ。トラムと言えば広島にもトラムがある。
終点の住之江公園で地下鉄に乗り換え北加賀屋下車。出口4を出てなんとか天満宮前へ。
764CIMG4413.jpg
当然であるが、社殿の規模は経済力の規模でもある。
764CIMG4414.jpg
右横から。壮麗である。
764CIMG4416.jpg
境内右手に撫牛2体?
764CIMG4418.jpg
その手前には鳥居を戴いた撫牛
764CIMG4419.jpg
右から
764CIMG4420.jpg
紋章は梅鉢紋
764CIMG4417.jpg