FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1304天神社(上前・栄町)

2016.05.12 11:27|千葉県栄町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 印旛郡 栄町安喰3278の近く
【拝路】田中(たっちゅう?)を下車。住宅地に入り成田線を渡りどちらに進めばいいか計りかねていると左手に案内を見つけた。
1304CIMG8473.jpg
神社下に着いた
1304CIMG8474.jpg
50段あまり登って境内
1304CIMG8475.jpg
神額
1304CIMG8476.jpg
こんなものが張り付けてあった。
1304CIMG8477.jpg
斜め横から
1304CIMG8478.jpg
ふれあいプラザに立ち寄り昼食、生姜焼き定食、昼時で混んでました、
1304CIMG8479.jpg
を済ませて帰途。
スポンサーサイト



1303天神社(北辺田・栄町)

2016.05.12 09:56|千葉県栄町
【祭神】菅原道真・(面足命・惶根命・蒼稲御魂命・桓武天皇)
【由緒】元禄年間から祀られていたようであるが、印旛郡誌に「安和元年(968年)戌辰當年川津村江北野天神様御守被遊・・・」の記述があるという
【鎮座地】千葉県 印旛郡 栄町北辺田208番
【拝路】日が高くなって、蒸し暑くなった。木陰の道は助かる。この道が成田山への参道かもしれない。
1303CIMG8460.jpg
右手に祠。反対方向から来た夫婦と出会う。聞くと毎朝掃除をしているという。
1303CIMG8461.jpg
獣魂碑に一礼
1303CIMG8462.jpg
右手、谷筋から登ってくる道が交差、そちらへ下る。すぐに鳥居が見えてきた。
1303CIMG8463.jpg
拝殿前
1303CIMG8464.jpg
神額
1303CIMG8469.jpg
社殿横から
1303CIMG8467.jpg
鬼瓦の紋章
1303CIMG8468.jpg
大棟の紋章も豊後梅鉢紋であった。

1302天満宮(一之宮神社境内 矢口・栄町)

2016.05.12 09:14|千葉県栄町
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】千葉県 印旛郡 栄町矢口1番地 一之宮神社境内
【拝路】一宮神社下で下車。市道を西の方にちょっと歩くと、参道の石段が見えてきた。神社は台地の上にあるらしい。
1302CIMG8453.jpg
神社境内。後ろにあたるようだ。
1302CIMG8454.jpg
右手に石祠が数基。
1302CIMG8455.jpg
風化が激しく識別困難。資料には(207)境内社として天満宮を含めた六社が記載されている。

南側からの参道
1302CIMG8459.jpg
この参道は竜角寺(1301天神社)、松崎の二之宮神社、三之宮神社そして成田山新勝寺(236天満宮)につながるという。成田山の北の玄関口か。

1301天神社(竜角寺境内 竜角寺・栄町)

2016.05.12 08:41|千葉県栄町
【祭神】菅原道真 と思われる
【由緒】嘉永三年(1850年)天満宮を祀る。
【鎮座地】千葉県 印旛郡 栄町龍角寺239番地 龍角寺境内
【拝路】心地よい初夏の田舎道を歩く。
1301CIMG8436.jpg
十五分ほどで竜角寺。
1301CIMG8437.jpg
境内中ほど右手に石祠
1301CIMG8439.jpg
右側面に嘉永三年とあるが天満宮かどうか不明。
さらに境内最奥右手に石祠
1301CIMG8445.jpg
その中のこの石祠右側面に嘉永三年と刻まれている。
1301CIMG8447.jpg
どちらかが天神社と思われる。
次のバスまでしばし休憩。
1301CIMG8443.jpg
青空と新緑に染まりそう境内である。

1300素羽鷹神社(酒直・栄町)

2016.05.12 07:56|千葉県栄町
【祭神】天日鷲命・少名彦命・保食神・大物主命・大己貴命・菅原道真・木花咲耶姫命
【由緒】明治四十年、浅間下の天神社を合祀
【鎮座地】千葉県 印旛郡 栄町酒直585番地
【拝路】コミュバスの運転手、神社下のバス停をパスしてしまった。下車のボタンを押しているのに。その先小学校下で下車。お陰で花畑を見れた。
1300CIMG8425.jpg
白い花
1300CIMG8426.jpg
その先の角地に神社
1300CIMG8428.jpg
境内右手に石祠
1300CIMG8430.jpg
右手の石祠、かすかに紋章が見える。豊後梅鉢紋のようだ。
1300CIMG8432.jpg
なんとか天神社と確認できる
1300CIMG8433.jpg
現在は祭神として祀られている。神社後方から。
1300CIMG8435.jpg


1299天神社(押方・栄町)

2016.05.06 11:28|千葉県栄町
【祭神】菅原道真
【由緒】元禄十三辰年(1700年)創建
【鎮座地】千葉県 印旛郡 栄町押付2番
【拝路】市道は堤防の上をはしっているので見晴らしはいい。左手に将監(しょうげん)川
1299CIMG8416.jpg
右手、草原の花?穂先が銀色に輝いて眩しいくらいだ。
1299CIMG8415.jpg
曽根集会所脇に神社
1299CIMG8417.jpg
神額に天神社
1299CIMG8418.jpg
後方から
1299CIMG8420.jpg

1298天神社(脇川・栄町)

2016.05.06 10:43|千葉県栄町
【祭神】菅原道真
【由緒】1296天神社の祭神は本社の分霊とされているので、創立は宝暦四年(1754年)以前ということになる。
【鎮座地】千葉県 印旛郡 栄町脇川83番
【拝路】堤防の上を走る市道の北側に鎮座
1298CIMG8409.jpg
正面から
1298CIMG8410.jpg
平成五年に建て替えたようだ。
左手の建物は脇川の集会所になっている。

1297天神社(和田・栄町)

2016.05.06 10:26|千葉県栄町
【祭神】菅原道真
【由緒】「寛文十二年(1672年)三月廿一戸にて建設」(207)
【鎮座地】千葉県 印旛郡 栄町和田334番
【拝路】大師入口のバス停から
1297CIMG8403.jpg
和田下車。五分ほどで神社前
1297CIMG8404.jpg
神額
1297CIMG8406.jpg
社殿内の陣幕に梅鉢紋
1297CIMG8407.jpg
横から
1297CIMG8408.jpg

1296天神社(請方・栄町)

2016.05.06 09:42|千葉県栄町
【祭神】菅原道真・(香取神・稲荷神・天照皇大神)
【由緒】宝暦四年(1754年)請方新田五組の一つ平右衛門組の鎮守として、同村脇川天神の分霊を勧請す。
【鎮座地】千葉県 印旛郡 栄町請方969番
【拝路】布鎌小前からコミュバスで請方方面に向かうも、運転手さんの要領が得ず、一駅で降りて徒歩にする。水田のど真ん中を歩いて大師堂を目指す。大師堂の方が知名度がありそうだ。
1296CIMG8398.jpg
集落に西側から入り、右手にやっと神社らしき建物。
1296CIMG8402.jpg
正面から
1296CIMG8399.jpg
鬼瓦
1296CIMG8400.jpg
豊後梅鉢紋。千葉県において東北部地域に散見される。
天神社を示すものはこの紋章しか確認できないが、ここが目的地であろう。

1295八幡神社(中谷・栄町)

2016.05.06 08:30|千葉県栄町
【祭神】応神天皇(八幡大菩薩・天満大自在天神・香取大明神)
【鎮座地】千葉県 印旛郡 栄町中谷
【拝路】利根川の堤防下、中谷集落の南西端に鎮座
1295CIMG8392.jpg
上記()内の祭神が棟札で確認されている(207)。
境内の石祠
1295CIMG8393.jpg
天満宮と読めなくもなさそうであるが・・・。
次のバスまでしばし休憩
1295CIMG8396.jpg
グーグルには水神社とある。