FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2724天満宮

2019.07.09 15:20|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町神尾塚 用作(ゆうじゃく)公園内


駐車場から散策路を下って、右手に茶屋、左手の林の先に小さな社
2724IMG_0887.jpg
神額には天満宮とある
2724IMG_0888.jpg
中には道真公と思われる座像が祀られている。
横から
2724IMG_0893.jpg
心字池を一周して東側から
2724IMG_0895.jpg

スポンサーサイト



2135金刀比羅神社

2018.05.01 06:48|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】大己貴命・崇徳天皇・猿田彦命・(大年神・菅原神五柱・訶玖突知命・大山祇命)
【由緒】年出神社の項に、字小門・葉迫・田野平・破迫・本臼木鎮座の菅原神を明治12年合併す、とある
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町栗林2462番地
【補足】町誌(231)を読んでも、金刀比羅神社と年出神社の違いが良くわからない。
金刀比羅神社の項には元年出神社とあるが、年出神社の項には金刀比羅神社とはまるで関係ないような記述になっている。両社とも創祀はほぼ同じなので同じ神社とも思えるが、祭神は異なる。とりあえずここでは、金刀比羅神社=年出神社とし、()で年出神社の祭神を示した。管原神は年出神社に合併されている。


国道442号から臼木の集落に入る。道はかなり狭い。西に1㎞ほど走り、北に分岐。さらに狭くなる。
この先の状況がわからないので、分岐付近の道端に車を置いて歩き。
緩やかな登りから杉林の中に入り10分ほど歩くと道の先に鳥居
3135CIMG4934.jpg
さらに長い石段が続くようだ
3135CIMG4936.jpg
・・・。
社殿
3135CIMG4939.jpg
拝殿の神額
3135CIMG4940.jpg
結局、山の頂上の社殿であった。
ひどく長いように感じたが、鳥居下から7分ほどであった。

2133神角神社

2018.03.25 12:45|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】大山祇命三柱・甕突知命・奥津日子命四柱・管原神・天津日高・天津日高子波限建鸕鷀草葺不合尊・奥津日賣命四柱・大綿津見命・豊受比賣命
【由緒】大正二年字茅場の管原神など六神を合併し、字八町坂より現在地に移転す。
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町鳥田1354番地


市道の東側斜面に社殿が見える
2133CIMG4913.jpg
拝殿の神額
2133CIMG4914.jpg
社殿横から
2133CIMG4915.jpg
一段下がった市道わきの参道
2133CIMG4916.jpg
拝殿前に車道が入っているので、ほとんど利用されていない。

2132三成社

2018.03.25 11:49|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】管原神・崇徳天皇・大山祇命・大年神
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町梨小字三成


集落の北東、小高い丘の杉林
2132CIMG4912.jpg
南側から杉林に入ると社殿が見える
2132CIMG4908.jpg
正面から
2132CIMG4909.jpg

2040天満社

2017.12.23 14:26|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】菅原神二柱
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町綿田761番地 俵積神社境内


神社明細帳には、境内社として石祠が二基祀られている、と記されている。
境内右手にそれらしきものもある
2040CIMG4189.jpg
が天満社の確認は出来なかった。

2039天満社

2017.12.23 14:24|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】菅原神・大綿津見命・大山祇命二柱・日本武尊・木花咲夜日売命・市杵島姫命・倉稲魂命・大年神・阿玖突智命
【由緒】天満社は字尾ノ迫鎮座を明治13年境内に移籍
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町綿田761番地 俵積神社境内


旧県道わきに鳥居と石段
2039CIMG4179.jpg
鳥居の神額
2039CIMG4180.jpg
石段を登りきるとフラットになりその先にも鳥居
2039CIMG4181.jpg
三の鳥居を過ぎると神門とその先に社殿、両サイドに境内社が見える
2039CIMG4185.jpg
左手の境内社
2039CIMG4187.jpg
右手の境内社
2039CIMG4191.jpg
書いたものがないのでどちらが天満社かわからないが、どちらかに菅原神が祀られている。

2038竹生島社

2017.12.23 14:06|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】市杵島姫命・菅原神拾柱・大山祇命・大綿津見命・崇徳天皇・木花咲夜日売命・訶玖突知命
【由緒】字竹添・下北平・橋爪・井上・市木・迫・沓?・瀬口・竹木・篠原の菅原神を明治12年合併
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町綿田1759番地


県道を東に折れて100mほど走ると正面に社殿が見える
2038CIMG4173.jpg
左手の小さなお堂の屋根は県道からよく見える
正面から
2038CIMG4174.jpg
東側を下ると鳥居になる
2038CIMG4178.jpg
神額は弁天宮になっている
2038CIMG4177.jpg
弁天は市杵島姫命を祭神としているのでここが竹生島社と思われる

2037嶽将軍社

2017.12.23 13:41|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】大帯日子淤斯呂和気命・菅原神・水波之日売命・軻具突知命・天之目一筒命・大年神・大宣都日売命・木花咲夜日売命
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町栗林567番地 鳥嶽神社境内


県道209号から市道に入る。中熊の集落を横切ると、南方向に鳥居らしきものが見える。
車を道脇において、近づいてみると、左上に鳥居
2037CIMG4165.jpg
鳥居の神額
2037IMG4166.jpg
このまま参道を南に進む。5分ほど山道を進むと社殿が見えてきた。鳥嶽神社のようだ
2037CIMG4167.jpg
目的は境内社だが、境内社は社殿左側のこの社しかない
2037CIMG4169.jpg
目印がなにもないので確定できないが、これが嶽将軍社であろう。

1877神明社

2017.09.13 14:58|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】菅原神が祀られているはず。
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町板井迫


参道が分からず三度目になってしまったが、大恩寺側の市道を北に入り、トンネル手前を右手の山道に、道なりに進むと社殿前に出る。立派な道ではないが、車でも上がれないことはない。
1877CIMG2990.jpg
横から
1877CIMG2992.jpg
地理院では道が示されていないが車道が通っている。

1589天満社(朝地・豊後大野市)

2017.01.21 09:03|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】道真公霊・菅原神四柱
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町朝地255番地


豊肥家畜市場の北側の山に鎮座。
市場を右下に見るように道なりに進んでゆく。左手の山上が社地のようだ。東側から境内へ。
1589CIMG1012.jpg
正面から
1589CIMG1014.jpg
横から
1589CIMG1016.jpg
社殿に紋章は見当たらないが、古い瓦に梅鉢紋
1589CIMG1019.jpg
南側に石段の参道
1589CIMG1020.jpg
鳥居の神額
1589CIMG1022.jpg