FC2ブログ
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2595北野神社

2019.03.06 08:32|大阪府大東・四條畷市
【祭神】菅原道真
【由緒】大東町の1425北野神社を分祀したようである
【鎮座地】大阪府 大東市 赤井2丁目13付近


住道(すみのどう)駅の北西500mほど。角地に建っている
2595CIMG8055.jpg
鳥居の神額
2595CIMG8056.jpg
大棟の紋章
2595CIMG8059.jpg

スポンサーサイト

1429北条神社(北条・大東市)

2016.08.19 18:42|大阪府大東・四條畷市
【祭神】菅原道真公・誉田別命
【由緒】『祭神は京都北野神社の御神木で像を刻んだものであると 当時の古記録にある 即ち時の天皇の御詔勅に「北野の神木で神像を作り、漂流地に祀るべし」とあったので数多くの神像を刻み加茂川に流された。その一体が当村の西の津之辺の浜辺に流れ着いた。その所は森であったので以■その所を明神の森と呼び聖地であるとして、代々お祭りを欠かさなかった。しかしこの社は平地であるため度々洪水の災にあった。そこで時代は不明であるが現在地に御遷座された。 ・・・』(境内の案内より)。案内では誉田別命が筆頭であったが、由緒から道真公が筆頭でもおかしくないと考え、公を筆頭(本社扱い)とした。
【鎮座地】大阪府 大東市 北条五丁目2197
【拝路】住道駅近くでたこ焼き一皿。
1429CIMG9447.jpg
安くて美味い。腹ごしらえして最後の一社。
住道から四条畷駅下車。旧国道170号を南に500mほど向かい、山手の方に左折する。緩やかな坂道を登ってゆくと左手先に神社の石垣が見えてきた。
1429CIMG9448.jpg
鳥居前
1429CIMG9449.jpg
大阪平野に日が沈む
1429CIMG9452.jpg
蚊の大群に攻められて、慌ただしい参拝となってしまった。


1428両皇大神社(深野・大東市)

2016.08.19 17:06|大阪府大東・四條畷市
【祭神】天照皇大神、豊受大神、菅原道真公
【由緒】深野神社とも呼ばれる。由緒は不明だが、灯篭に文久(1861-1864)の銘が残されている(大阪府神社庁より)。
【鎮座地】大阪府 大東市 深野1-589
【拝路】1427菅原神社を南に、30分で神社前
1428CIMG9443.jpg
鳥居前から
1428CIMG9444.jpg


1427菅原神社(深野・大東市)

2016.08.19 16:34|大阪府大東・四條畷市
【祭神】菅原道真公
【由緒】宝永元年(1704)大和川筋替えにより草野池の池水が涸れて芦原となっていたところを、宝永二年より京都東本願寺が新田開発にのりだし御堂信徒■組■■る二日講がこれに応じて入植し九年余で開拓が完了。当地は難波別院の■■■堂田となった。しかし程なく天王寺屋そして鴻池家に■■■■■■■■■■。宝永五年徳川氏代官萬年長十郎他三名の検地■■保■■■■■■■■■■による深野新田の石高は2442石であった。明治■■■■■■■■■草野北となり、字地には西の宮・角部濱・四軒屋・大畑野・生駒があった。この菅原神社は旧地名では南方字宮前八の割にあり、文楽の■■菅原道真公を祭神として■■。祭日は十月二十一である。創建は江戸時代中期宝永年間であるが年代は定かでない。当地に入植した祖先が北野天満宮■■の分神を拝受し産土神として村人の守護■■浪■地■■■■に鎮座ましましたのである。本殿■■■■■■■■■■■■彫刻の特徴がみられる。現在の拝殿はこの本殿の■■の役目と東■■■■。弘化四年(1847)起の萬記録帳によれば明治初期の修理そして昭和七■■■■。完全再建は明■である。石鳥居には天保十五年■■■■■■■■■■■■。・・・。(拝殿軒下の案内より。一部推定)
【鎮座地】大阪府 大東市 深野北1-517
【拝路】寝屋川を渡り、その堤防下にある。
1427CIMG9438.jpg
横から
1427CIMG9439.jpg
鬼瓦
1427CIMG9440.jpg

1426三箇菅原神社(三箇・大東市)

2016.08.19 16:25|大阪府大東・四條畷市
【祭神】菅原道真公
【由緒】「・・・。住道地区の氏神で、延宝七年(1679年)三箇村検地帳には氏神天満宮と記され、境内地十八歩の年貢が免除されていた。また江戸中期頃の当社は梁間五尺五寸、桁行一間二尺の社殿を持ち、西の隣接地には曹洞宗宇治興聖寺末・水月院があった。現在も墓石が残存し、江戸時代までの神仏混合の面影を残している。社宝として神刀がまつられる。これは神威の高揚を願って、宝永年間の氏子たちが奉献したものである。相州綱廣の銘あり。往時の秋祭りには西の口、江の口南、江の口北、大箇(だいが)、下野、押廻からの地車(ダンジリ)計六台が引き出され社頭に並んだ。この宮入りの順番は、十八日くじ引きで決められる。また当地は十六世紀半ば頃飯盛城の支城・三箇(さんが)城のあったところとされている。城主三箇殿は永禄五年キリシタンとなりサンチョと称す。この時以来三箇の名は異国文書に登場する。・・。水月院跡には、城は灰埋は土となるものを何をこの世に思ひ残さん の辞世の句を記す墓石も見いだされる。」(社頭の案内より)
【鎮座地】大阪府 大東市 三箇5-2-3
【拝路】1425北野神社から、近くのバス停に急いだが、バスは出てしまった後らしい。30分歩いて神社前。
1426CIMG9428.jpg
神額
1426CIMG9430.jpg
社殿
1426CIMG9432.jpg
絵馬
1426CIMG9433.jpg
右手に牛社
1426CIMG9434.jpg
前から
1426CIMG9435.jpg
社殿横から
1426CIMG9436.jpg
鬼瓦
1426CIMG9437.jpg

1425北野神社(大東町・大東市)

2016.08.19 15:48|大阪府大東・四條畷市
【祭神】菅原道真
【由緒】宝暦八年(1758年)の社殿修理の願いの写しが残されているというから、創立はそれ以前と言うことになる。
【鎮座地】大阪府 大東市 大東町583
【拝路】1424菅原神社、水郷の里御領
1425CIMG9417.jpg
から歩いて12分、本社の西・南側から境内に入った。
1425CIMG9418.jpg
正面から
1425CIMG9419.jpg
鬼瓦の紋章
1425CIMG9421.jpg
拝殿の神額
1425CIMG9422.jpg
右手に撫牛
1425CIMG9425.jpg
東側の鳥居前より
1425CIMG9427.jpg

1424菅原神社(御領・大東市)

2016.08.19 15:31|大阪府大東・四條畷市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大阪府 大東市 御領3-489
【拝路】1423諸福天満宮から時計回りのコミュバスに乗り、御領下車。表通りから裏通りに入る。白壁の古い通りの先に鳥居が見えてきた。
1424CIMG9406.jpg
環濠の神社とも思えるが、
1424CIMG9414.jpg
このブロック全体が小さな堀に囲まれているようだ。
1424CIMG9415.jpg
鳥居の神額
1424CIMG9407.jpg
社殿
1424CIMG9408.jpg
梅鉢紋が見える。
横から
1424CIMG9409.jpg

1423諸福天満宮(諸福・大東市)

2016.08.19 14:30|大阪府大東・四條畷市
【祭神】菅原道真
【由緒】「寛永廿暦奉勧請當社天神安全地下繁盛 九月吉祥日」。1644年江戸初期の創建、社殿もその当時のものという。
【鎮座地】大阪府 大東市 諸福1-7-13
【拝路】JR住道駅から市バスを利用することにした。数分しかない乗り継ぎがうまく行き、左回りで福祉センター下車。日陰を選んで約10ほど歩いて神社前。
1423CIMG9393.jpg
社殿正面から
1423CIMG9395.jpg
一段高い境内に入ると左手に絵馬掛け
1423CIMG9396.jpg
右手に牛社
1423CIMG9398.jpg
横から
1423CIMG9399.jpg
拝殿の神額
1423CIMG9397.jpg
拝殿にも撫牛
1423CIMG9401.jpg
左側
1423CIMG9402.jpg
社殿の中に撫牛が祀られているのは初めて見た。
社殿横から
1423CIMG9403.jpg
紋章は瓦に梅鉢紋
1423CIMG9400.jpg