FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1518天満宮(喜多・多古町)

2016.11.08 11:00|千葉県多古町
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】千葉県 香取郡 多古町喜多


屋敷神の可能性もある
1518CIMG0390.jpg
ので地図のポインターは路上である。
スポンサーサイト

1517天満宮(多古・多古町)

2016.11.08 10:45|千葉県多古町
【祭神】菅原道真
【由緒】手水に嘉永、庚の文字があるので、1850年までさか戻れる。本サイトでは当年の創建としておく。
【鎮座地】千葉県 香取郡 多古町多古2418番地付近


多古城の出城があったと言う、小山の南面に、石段と鳥居が見える。
1517CIMG0372.jpg
中腹の鳥居のある社は稲荷社のようで、さらに上の社が天満宮のようだ。
1517CIMG0378.jpg
梅鉢紋の紋章
1517CIMG0381.jpg

1513天満宮(松崎神社境内 東松崎・多古町)

2016.11.08 08:28|千葉県多古町
【祭神】菅原道真
【由緒】大正十五年(1926年)建立
【鎮座地】千葉県 香取郡 多古町東松崎1747番地 松崎神社境内


松崎神社は県道のすぐ北側に鎮座
1513CIMG0318.jpg
境内の左奥、斜面の中腹
1513CIMG0336.jpg
梅鉢紋、天満宮とある。
1513CIMG0330.jpg
右側面;大正十五年九月吉日 平野範治建立

1512天満宮(星宮大神境内 川島・多古町)

2016.11.08 08:15|千葉県多古町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 香取郡 多古町川島308番地 星宮大神境内


川島の星宮大神は県道わきにある
1512CIMG0291.jpg
社殿の左手に小さな社
1512CIMG0312.jpg
梅の木が植えられて
屋根には梅鉢紋
1512CIMG0297.jpg
99%天満宮と思われるが、確実ではない。
神額と思われる厚板をよく見ると
1512CIMG0315.jpg
天満宮、とある。これでほぼ100%だ。素人ではこれが限度だろう。
横から
1512CIMG0306.jpg

1511天満宮(五所権現境内 西古内・多古町)

2016.11.08 07:49|千葉県多古町
【祭神】菅原道真
【由緒】享保六年(1721年)建立
【鎮座地】千葉県 香取郡 多古町西古内178番地 五所神社境内


南側の市道を北に進んで
1511CIMG0288.jpg
坂の途中、右側に鳥居が見える
1511CIMG0255.jpg
境内に上って
1511CIMG0261.jpg
左側の石祠
1511CIMG0264.jpg
正面右側に、奉□建立天満宮社□□
正面左側に、享保六□□年二月二十五日
右側面;下総国九ヶ村之内西古内村願主 地蔵院□春 菅澤源次 遺□之智 高□□次良 香取小平太 同名□次良 同名惣タ 菅澤源タ
左側面;九名の名が刻まれているが判読不能がおおい。

1510天満宮(熊野大神境内 出沼・多古町)

2016.11.08 07:10|千葉県多古町
【祭神】菅原道真
【由緒】寛政八年(1796年)創立
【鎮座地】千葉県 香取郡 多古町出沼186番地 熊野大神境内


神社は出沼集落の北端に鎮座
1510CIMG0231.jpg
境内右手に数基の石祠が祀られて一番手前二基が天満宮と思われる
1510CIMG0237.jpg
奥の石祠に天満宮とあり、変り梅鉢紋が刻まれている
1510CIMG0246.jpg
右側面;寛政八丙辰十□月
左側面;願主郷中
手前の石祠も天満宮と思われるが確定できない。

1509天神(星宮大神 桧木・多古町)

2016.11.08 07:00|千葉県多古町
【祭神】菅原道真
【由緒】延淳二年(1745年)
【鎮座地】千葉県 香取郡 多古町桧木191番地 星宮大神境内


星宮大神は桧木(ひのき)の集落の西入口、岡の中腹に鎮座
1509CIMG0207.jpg
境内右手に石祠が祀られている
1509CIMG0216.jpg
その一番右、「天神」とある。その前には硯が三枚おかれている
1509CIMG0219.jpg
右側面;延享二□□
左側面;十一月吉日

1499八幡神社(島・多古町)

2016.10.25 13:56|千葉県多古町
【祭神】誉田別尊・菅原道真・天香々背男命
【由緒】明治43年島村の天満神社を合祀
【鎮座地】千葉県 香取郡 多古町島2863番地


島地区の東部、高台の北端に鎮座
1499CIMG9994.jpg
社殿前
1499CIMG9993.jpg
横から
1499CIMG9992.jpg
千葉宗家終焉の志摩城址。宗家は孫の輔胤に引き継がれる。

1498天満宮(島・多古町)

2016.10.25 13:35|千葉県多古町
【祭神】菅原道真公
【由緒】安永四年(1775年)、郡司勘右エ門他が寄贈・建立
【鎮座地】千葉県 香取郡 多古町島字西ノ内2011番地


青年館の前に車を置かせて頂いて、集落内の細い道を左、左、右と進むと正面に見えてきた
1498P1000043.jpg
境内右手は梅林で、選定作業を行っている
横から
1498P1000045.jpg
正面庇に変形梅鉢紋の金具が打ち付けられている。

1492天満天神宮(坂・多古町)

2016.10.25 09:11|千葉県多古町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 香取郡 多古町坂612番地の北


市道わきから北に延びる農道がある。
1492CIMG9947.jpg
車の轍があるので、なんとか歩いて行ける。畑地に出て、北側の林に入ってゆくと右手に鳥居が見えてきた。
1492CIMG9948.jpg
天満天神宮とある
1492CIMG9951.jpg
その先、小さなマウンドの上に石社
1492CIMG9952.jpg
帰途、南側の畑で、70歳前後と思われる男性と話ができた。
本社の面倒はほとんど見ていない様子だが、昔、この地域でも天神講があったという。