FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2631山中天神社

2019.04.02 13:53|大分県杵築市山香町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町吉野渡字山中


場所を特定できないまま、とりあえず旧村社である四所神社へ
2631IMG_0024.jpg
てがかりなく、途中に見えた鳥居の先に行ってみる
2631IMG_0026.jpg
鳥居の神額は四所社となっている。合祀された神社の元社らしい。

途中の農家に人がいたので山中天神社について聞いてみる。ここよりさらに北の方らしい
山中はすでに廃村になっているようで、県道を左に入る道の先らしい。

県道を立石方面に向かって2㎞ほど進むと左手に向かう道があり、工事中の看板
2631IMG_0135.jpg
途中までは行けるようだ。看板に定尾野山中線とある。山中が出てきた。
1kmほど走って、車を邪魔にならない所に置いて歩き。

直ぐに左手、道脇に石灯篭が見え石段がある
2631IMG_0138.jpg
右手は川筋になり、一段低いが鳥居が建っている
2631IMG_0137.jpg
鳥居の神額
2631IMG_0136.jpg
天神社と読めそうな気がするが断定はできない

社殿
2631IMG_0139.jpg
何とも痛ましい。

石柱に「昭和十三年七月再興」とある
スポンサーサイト



2630天満社

2019.04.02 13:28|大分県杵築市山香町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町内河野字小谷142番地 大山祇神社境内


害獣防止のフェンスの向こうが社地になっている
2630IMG_0130.jpg
鳥居の神額は権現宮となっており、社殿にも大山祇神社を示すものはない。
小谷の神社はここしかないのでここが大山祇神社と思われるが確証なし。

社殿の右手に境内社が三社
2630IMG_0134.jpg
町誌によれば、秋葉社・天満社・金毘羅社が祀られているようなのでどれかが天満社と思われる


2617上林天満宮

2019.03.23 15:22|大分県杵築市山香町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町野原字上林


県道の北側に、山手に向かう道がある
2617IMG_0046.jpg
カーブの左手、森の中に入る石段があって
2617IMG_0041.jpg
これを進むと建物が見えてくる
2617IMG_0042.jpg
額に上林天満宮とある
2617IMG_0044.jpg
町誌(331)には拝殿はないとあるが、簡易な拝殿となっている
横から
2617IMG_0045.jpg

2616天満宮

2019.03.23 14:42|大分県杵築市山香町
【祭神】(菅原道真)
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町大字立石字竜ヶ尾44番地 三嶋社境内


三嶋神社鳥居。神額に三嶋宮とある
2616IMG_0040.jpg
三嶋神社の社殿
2616IMG_0031.jpg
社殿左手に三基、左手奥に一基、右手奥に二基の石祠が祀られており、この中に天満宮があると思われるが不明

2615八幡神社

2019.03.23 13:43|大分県杵築市山香町
【祭神】足仲彦尊・田心姫命・玉垂命・保食神・誉田別尊・湍津姫命・姫大神・大魂霊命・気長足姫命・有杵嶌姫命・猿田彦大神・埴安姫命・(菅原道真)
【由緒】かつて境内に天満神社あり。本殿に合祀されたと言われている
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町山浦字長田5015付近


県道の北側に鳥居と社殿
2615IMG_0021.jpg
横から
2615IMG_0022.jpg


2614三島神社

2019.03.23 13:04|大分県杵築市山香町
【祭神】大山祇命・中山祇命・葉山祇命・(菅原道真)
【由緒】原会下の天満宮(寛文二年、小野新吉北野から勧請)を合祀、の記録がある(331)
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町山浦字浦篠2507


廃校となった学校のグラウンドの南側に鳥居。神額に三嶋神社とある
2614IMG_0001.jpg
山上に社殿
2614IMG_0007.jpg


2532八幡神社

2019.01.08 12:34|大分県杵築市山香町
【祭神】仲哀天皇・応神天皇・菅原神
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町野原字寺山707番地


県道脇に鳥居
2532CIMG7586.jpg
神額は「天満宮」となっている。これは、元川原田にあった天満宮の鳥居を移転したもので、日出藩主木下俊長が寄進したものであるという。
ここから参道が山手に伸びており、100mほど進むと市道と交差する。その先が八幡神社となる
2532CIMG7588.jpg
社殿
2532CIMG7590.jpg






2531天満社

2019.01.08 12:22|大分県杵築市山香町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町日指字宮平1750番地 四所神社境内


県道脇に鳥居(カメラの設定ミスで白く抜けてしまった)
2531CIMG7585.jpg
四所神社の社殿
2531CIMG7584.jpg
本殿、左後方の山の中腹に石祠が二基
2531CIMG7583.jpg
足場が悪くて近づけなかったが、町誌に境内社、天満社と八幡社とあるので、どちらかが天満社かもしれない

2347菅原神社(下霧八幡宮境内)

2018.08.28 12:28|大分県杵築市山香町
【祭神】(管原神)
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町大字久木野尾字下霧2058番地 下霧八幡宮境内


県道から市道に入って南下。
右手には狭い谷が南北に伸びる
2347CIMG6416.jpg
八幡宮下
2347CIMG6415.jpg
菅原神社を確認することが出来なかった

2280蒋田(こもだ)天満宮

2018.07.17 16:26|大分県杵築市山香町
【祭神】菅原神・大山祇命
【由緒】建保五年(1217年)大友の臣で地頭豊田馬之介秋家が、武運長久と家門繁栄を祈願するため勧請したといわれている。延元元年(1336年)藤原氏時が神殿と拝殿を造営して、浮島八幡社と蒋田(こもだ)中島八幡社を合祀して蒋田(こもだ)天満社というようになった。元禄十六年(1703年)日出藩主木下俊長が社殿を、安永三年(1774年)同藩主木下俊胤が神殿を再建した(町誌より)。
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町大字久木野尾3861-1


集落の北、山を背にして、南向きに社地がある
2280CIMG5974.jpg
鳥居の神額
2280CIMG5975.jpg
石段を上ると神門、その先に二の鳥居
2280CIMG5980.jpg
さらに一段高い所に社殿
2280CIMG5976.jpg
鬼瓦の紋章
2280CIMG5977.jpg
【備考】町誌の由緒と祭神の関係がシックリ来ない。八幡社同志を合祀して天満社というのも相当乱暴だ。道真公が祭神となったのは創建当時でなく、もっと後世であろう。本サイトでは1703年と仮定する。