FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1778出北神社(出北・延岡市)

2017.06.06 11:09|宮崎県延岡市(旧延岡市)
【祭神】大己貴命・菅原道真公
【由緒】文明年間(1469-1486)出北村寺田家の祖先が小字井の端に勧請した天満宮を、社殿大破のため寛政十二年(1800)十月八日、本社(大将軍神社)の相殿に遷座し、相共に産土神として祀り続けてきた。明治四年出北(いできた)神社に改称。ここでは創始1469年とする。
【鎮座地】宮崎県 延岡市 出北三丁目131-2


国道10号線を西に入った住宅街のなかにある。
1778CIMG2392.jpg
額束に梅鉢紋
1778CIMG2393.jpg
社殿
1778CIMG2394.jpg
拝殿の神額は天満宮となっている。
1778CIMG2395.jpg
横から
1778CIMG2396.jpg
神殿の彫物
1778CIMG2399.jpg
圧倒される迫力である。
スポンサーサイト



1777大武神社(大武町・延岡市)

2017.06.06 10:51|宮崎県延岡市(旧延岡市)
【祭神】菅原道真公・素戔嗚命・稲田姫
【由緒】大永二年(1522年)八月に創建され、古来、天満宮と称した。大正十二年八坂神社を合祀して大武神社に改称。
【鎮座地】宮崎県 延岡市 大武町196番地


1777CIMG2385.jpg
石灯篭に天満宮とある
1777CIMG2386.jpg
鳥居の神額
1777CIMG2387.jpg
社殿前
1777CIMG2388.jpg
向拝の紋章
1777CIMG2389.jpg
横から
1777CIMG2391.jpg

1776天満神社(水尻町・延岡市)

2017.06.06 10:37|宮崎県延岡市(旧延岡市)
【祭神】菅原道真公
【由緒】古くから産土神として崇敬されてきたが創立不詳。明治三年東海神社(ここより1.5km程南)に合祀されたが、氏子の請願により同十四年復社。
【鎮座地】宮崎県 延岡市 水尻町250-14


県道の東側わきに鳥居。右手には北川がゆったり流れている。
1776CIMG2377.jpg
石段を登って丘の上に社殿
1776CIMG2381.jpg
紋章
1776CIMG2382.jpg

1775天満神社(鹿小路・延岡市)

2017.06.06 10:15|宮崎県延岡市(旧延岡市)
【祭神】菅原道真
【鎮座地】宮崎県 延岡市 鹿小路1041


広い市道から山手に入る細い道をイメージして向かったのだが、結局通り過ぎてしまった。田舎では、ナビの精度も低下するのだろう。引き返して、注意しながらすすんで、山手に向かう細い道に入り、突き当りが神社。
1775CIMG2372.jpg
右手、クチナシの白い花、その先の社殿
1775CIMG2373.jpg
向拝の紋章
1775CIMG2374.jpg
たぶん、梅花紋に分類されるだろう。宮崎県では初めて目にする。
社殿横から
1775CIMG2375.jpg

1349小山神社(尾崎町・延岡市)

2016.06.23 16:22|宮崎県延岡市(旧延岡市)
【祭神】伊弉冉命・速玉男命・事解男命・大山祇命・木花咲耶姫命・火産霊命・倉稲魂命・国常立命・大巳貴命・磐長姫命・誉田別命・罔象女命・大年神・菅原道真四柱
【由緒】明治四年、字桑平・社ヶ原・字蛇谷・字妙の天満神社を合祀
【鎮座地】延岡市 尾崎町4365
【拝路】祝子(ほうり)川の左岸、集落南の小高い山の上。
1349CIMG8895.jpg
神額
1349CIMG8896.jpg
社殿。右うしろから。
1349CIMG8897.jpg


1348今山八幡宮(山下町・延岡市)

2016.06.23 16:00|宮崎県延岡市(旧延岡市)
【祭神】品陀別命・息長足姫命・玉依姫命・伊弉冉命・事解男命・速玉男命・磐長姫命・猿田彦命・倉稲魂命・市杵島姫命・竹内宿祢・菅原道真・素戔嗚命・稲田姫命
【鎮座地】延岡市 山下町1-3875。今山八幡宮HP
【拝路】南側の参道からの参拝になった。
1348CIMG8890.jpg
日本一石段とある。何が日本一なのか?
二の鳥居
1348CIMG8891.jpg
社殿
1348CIMG8892.jpg
こんな張り紙
1348CIMG8893.jpg

1347赤水神社(赤水町・延岡市)

2016.06.23 15:20|宮崎県延岡市(旧延岡市)
【祭神】菅原道真・蛭児命・大巳貴命・事代主命
【由緒】往古より祭神菅原道真公を奉斎して、天満宮と称し、赤水の産土大神と尊崇されてきた。明治四年神社改正の際、大化二年(646)勧請と伝える本屋敷の恵比須神社を同年十二月二十三日に合祀して、旧来の社号天満宮を赤水神社と改称し、村社に列せらる。【例祭日】11月3日
【鎮座地】延岡市 赤水町530-2
【拝路】県道から市道に入って、海岸沿いを北上。市道わきに鳥居
1347CIMG8886.jpg
二の鳥居とその先に社殿
1347CIMG8887.jpg
社殿
1347CIMG8889.jpg


259菅原神社(稲葉崎町・延岡市)

2013.01.09 13:10|宮崎県延岡市(旧延岡市)
【祭神】菅原道真公
【由緒】創建年月日は不詳、明治四年神社改正の際、旧社号正一位天満宮を菅原神社と改称し昭和三年十一月には村社に列せられた。昭和五十九年九月二十六日夕刻、幼児の火遊びの為、古来の社殿を焼失したが、不思議にも御神体は火難を逃れられたこともあって、氏子崇敬者の敬神の念、さらに深くなり、翌昭和六十年再興に着手し、一年余の歳月をかけ新しい現社殿を建設した。昭和六十年十二月二日遷座祭、十二月五日落成奉祝祭を執行した。
【行程】本社へ、10号線方面から車でお参りするポイントは、日豊本線の踏切を渡って、すぐに右手に入る細い道を進むことである。そして突き当りをどちらに行こうが、道なりに進むと本社の鳥居の前を通る。
259_5037.jpg
塚の尾根を進むと社殿が見えてくる。改めて見直すと南国情緒の香りがする?。
259_5041.jpg
これまでのカテゴリーとちょっと違う。神殿も同様な感じである。
259_5043.jpg
名前は菅原神社であるが、祭神が違うかもしれないなぁ・・・。
帰りに気付いたのだが、ここは延岡古墳群第22号墳とある。


より大きな地図で 天満宮散策 を表示