FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1799天神様(日吉神社境内 飛田川・竹田市)

2017.06.23 11:55|大分県竹田市(豊岡地区)
【祭神】菅原神
【祭神】大分県 竹田市 飛田川595番地 日吉神社境内


本社の左、小さな鳥居の社に天神を祀っている。
1799CIMG2516.jpg
中に道真公と思われる夫婦の座像が納められている。
スポンサーサイト



1798日吉神社(飛田川・竹田市)

2017.06.23 11:53|大分県竹田市(豊岡地区)
【祭神】大山昨神・奥津比古神・奥津比女神・菅原神
【由緒】明治42年、奥津比古神・奥津比女神・菅原神を合併
【鎮座地】大分県 竹田市 飛田川595番地


県道から飛田川に架かる三王橋渡るとすぐ右手に鳥居がある。
この近くは車を置ける場所がないので先へ進んで車を置いて引き返す。
1798CIMG2510.jpg
この地域では石組みのアーチ橋を見ることがある。
鳥居前。すぐ後に知ったが、こちらは東参道で、南参道が正規のようである。
1798CIMG2511.jpg
従って、社殿の横に出る。
1798CIMG2512.jpg
正面から
1798CIMG2521.jpg
南参道の鳥居
1798CIMG2522.jpg

1600鏡天満社(会々・竹田市)

2017.01.21 15:02|大分県竹田市(豊岡地区)
【祭神】菅原神・大祭神
【由緒】竹田蕃初代藩主中川秀成入城の時、本社に休憩との記録があるらしいのでそれ以前の創建であろう。中川家は1594年当地に移封となったので、創建は1500年代としておく。
【鎮座地】大分県 竹田市 会々929番地


国道57号からこの集落への細い道が下っている。最初は見過ごして通り過ぎてしまった。
がけ下を時計回りに進んで行くと右上に石段と鳥居。
1600CIMG1084.jpg
社殿前
1600CIMG1086.jpg
拝殿の神額
1600CIMG1087.jpg
横から
1600CIMG1088.jpg
紋章
1600CIMG1089.jpg
梅鉢紋のように見える。

1599瀬口の天満社(飛田川・竹田市)

2017.01.21 14:43|大分県竹田市(豊岡地区)
【祭神】菅原神四柱・大年神・天大中主神・伊弉冉尊・□理媛尊・素戔嗚・奇稲田姫尊・天忍穂耳尊・天穂日尊・天津彦根尊・熊野□樟日命・由心姫命・活津彦根命・瑞津姫命・市杵島姫命・大市比売命・倉稲魂命
【由緒】橋本・奥・岩木の天満社に祀られていた菅原神を明治9年合併。4体の御神体が祀られているという。全てが菅原神かどうかわからないが、その内の1体には文正元年(1466年)の年号があるという(232)。別名;飛田川天満社
【鎮座地】大分県 竹田市 飛田川2318番地


県道638号の北側を走る旧道に入り、道路わきに車を置いて歩きに。
北側に100mほど行って、石垣の上が社地のようである。
1599CIMG1081.jpg
社殿前
1599CIMG1082.jpg
横から
1599CIMG1083.jpg

1598岩木の天神様(飛田川・竹田市)

2017.01.21 14:18|大分県竹田市(豊岡地区)
【祭神】(菅原神)・地蔵様
【由緒】市誌には(232)木像が祭られているとある。また、菅原神は明治9年に「1599瀬口の天満社」に合併された(232)とあるので、天満社址とすべきかもしれない。
【鎮座地】大分県 竹田市 飛田川2624番地付近


県道638号から北に70mほど入った突き当りに鎮座。
1598CIMG1080.jpg
右手の畑地で作業をしている年配の人に話を聞くことが出来たが、天神の認識はないようだった。
地蔵様として祀っており、8月にお祭りをしているとのことであった。
社名は市誌(232)の記述どおりにした。

1597山手天満社(飛田川・竹田市)

2017.01.21 14:05|大分県竹田市(豊岡地区)
【祭神】菅原道真
【由緒】源為朝が騎群山(本社より北西約1.2km)より矢を放ち、落ちた所に社殿建つべしと誓って放ったが、現斜面の西側に落ちる。場所が悪いのでその東面に大宰府の菅公を勧請したという。天正の兵火、西南戦争により古文書類はことごとく焼失した。燈明塔には元禄四年(1691年)の銘があるという。矢が落ちた所を「落ち山手」➡山手という。源為朝は久安二年(1150年)から久寿二年(1156年)豊後で活躍し、騎群山を砦としていたことも史実のようだ。また強弓の使い手でもある。このようなことから、本サイトでは創建を1150年代としておく。
【鎮座地】大分県 竹田市 飛田川1591番地


鳥居下
1597CIMG1073.jpg
神額
1597CIMG1074.jpg
社殿。左手が天満社、右手が足手荒神社になる。
1597CIMG1076.jpg
天満社
1597CIMG1077.jpg