FC2ブログ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

276菅原神社(入ヶ谷町・館林市)

2013.01.22 14:00|群馬県
【祭神】菅原道真 と思われる
【行程】国道361を東に向かい、田んぼの向こうに入ヶ谷町の集落が見える。集落に入って左折すると、その向こう左側に鳥居が見える。
276-P1000018.jpg
小高い塚の上に社殿がある。その後ろには田んぼが広がっている。
276-P1000024.jpg
「菅公千年祭」の額と梅鉢紋の瓦。
276-P1000021.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示
スポンサーサイト



32菅原神社(下石倉・前橋市)

2011.10.13 14:30|群馬県
【祭神】菅原道真
【由緒】またの名を石倉の天神様と言う。伝承によれば、嘗ては上野の国を統治していた上野国府の天神として元総社の地にあったのを、いつの頃かここに遷したとか、甲州の武田信玄が廚橋城攻略のために、利根川を挟んで対岸となる石倉に砦を築いた時に、守護神として勧請したとも言われている。現在の社殿は、以前の茅葺社殿が明治20年に火災で焼失したので、その翌年に今の前橋中央総合病院の処にあって旧前橋城主松平大和守が建立したという赤城神社を譲り受けたものです。
【例祭日】1月1日、2月3日、7月25日、10月9日
【神紋】梅鉢(手水鉢・屋根)
【行程】佐渡奉行街道というものがあるらしい。
この社の前の道がそのようである。下石倉町の交差点の角地にある。
001

典型的な角地の造りになっている。境内は結構広く、この日も子供を連れた親子が見られる。
平地の天神様は、遊びや散策のうってつけの場所なのだ。

002

ちょっと酒臭い息をするおじさんがいて、話を聞くが、どこまで信用していいのか。
それでも境内はきれいに管理されているようなので、大事にされているような印象を受ける。
005


紋章は剣梅鉢であった。
009



より大きな地図で 天満宮散策 を表示