FC2ブログ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2338熊神社

2018.08.28 10:04|大分県宇佐市
【祭神】大山祇命・仁徳天皇・菅原神・新田義貞
【由緒】字上の迫鎮座の管原神を大正二年合祀
【鎮座地】大分県 宇佐市 大字熊字辻502番地


市道の谷依りに鳥居が建っている。神額は「熊神社」
2338CIMG6354.jpg
鳥居の先は下りになって、その先に社殿が見える
2338CIMG6356.jpg
横から
2338CIMG6357.jpg


スポンサーサイト

2337馬城神社

2018.08.28 09:46|大分県宇佐市
【祭神】高龗神・闇龗神・大山祇命・大己貴命・管原道真・倉稲魂命・和多都美神・竹内宿祢
【由緒】字四壁鎮座の天満社を大正元年合祀
【鎮座地】大分県 宇佐市 大字上矢部字西溝淵1028番地。不明生目八幡のことか?643-2の西


県道の南側からの参道。鳥居下まで車で入れる
2337CIMG6353.jpg
鳥居下。案内図には、左手に生目八幡社、右手に馬城神社が描かれている
2337CIMG6349.jpg
一の鳥居の神額は「大山積」、二の鳥居には「馬城神社」となっている
馬城神社の社殿
2337CIMG6352.jpg

2336天満宮

2018.08.28 09:30|大分県宇佐市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 宇佐市 大字樋田字瀬社187の1番地 郡瀬(こおりせ)神社境内


郡瀬神社は駅館(やっかん)川の左岸、瀬社(せやしろ)橋の袂に鎮座。瀬社は郡瀬神社を示している。
2336CIMG6343.jpg
本殿の両サイドに境内社が祀られているが、右側の石祠
2336CIMG6346.jpg
の中央
2336CIMG6347.jpg
天満宮と刻まれている

2335桜岡神社

2018.08.28 09:14|大分県宇佐市
【祭神】事代主命・天照大神・豊受大神・菅原道真・倉稲魂命
【由緒】慶安三年(1650年)当地の住人田所権の丞屋敷内に勧請したりしを後年当神域内に勧請せる
【鎮座地】大分県 宇佐市 大字四日市字葛原1253番地


市街地の中に鎮座。境内に駐車させて頂いた
2335CIMG6337.jpg
鳥居の神額。「蛭児宮」であろう
2335CIMG6338.jpg
拝殿、その奥に本殿
2335CIMG6341.jpg
左から天満宮・蛭子宮・稲荷宮と祀られている
それぞれの所縁の紋章が示されている
2335CIMG6340.jpg

2323天満社(稲荷神社境内)

2018.08.08 13:24|大分県宇佐市
【祭神】菅原神二柱
【由緒】明治19年字蔀(しとみ)より遷座
【鎮座地】大分県 宇佐市 大字北宇佐字蔀1498番地 稲荷神社境内


稲荷神社社頭
2323CIMG6260.jpg
社殿の右側に境内社が祀られている
2323CIMG6262.jpg
市史では境内社として石祠で、厳島社・荒神社・歳神社・水神社・天満社二社・稲荷社・貴船神社と記載されている。
この石祠の中に天満社があると思われるが確認できず。
とりあえず菅原神二柱とした。


2322水分神社(宇佐神宮境内)

2018.08.08 13:05|大分県宇佐市
【祭神】高龗神・天水分神・国水分神・天汲匏持神・国汲匏持神<合祀>菅原道真朝臣命・他にもあるかも
【由緒】戦後、近くにあった天満神社を合祀
【鎮座地】大分県 宇佐市 大字南宇佐2859番地 宇佐神宮境内


社務所でマップを頂いて、水分(みくまり)神社の近くに天満神社があったようですが、と聞くと、奥から若い宮司さんが出てきた。
訳を話すと、戦後、水分神社に神社に合祀したという。即答で返って来て、ビックリしてしまった。

水分神社、奥の小島に小さな社、がそれだろう
2322CIMG6256.jpg
横から
2322CIMG6259.jpg
名勝図録ではこのような配置になっている
2322-2.jpg
当時とはかなり配置が変っている

2321天満神社(宇佐神宮境内)

2018.08.08 12:54|大分県宇佐市
【祭神】菅原道真朝臣命
【鎮座地】大分県 宇佐市 大字南宇佐2859番地 宇佐神宮境内


宇佐神宮についてはこちらを見て頂くとして、境内はかなり広い。猛暑で日陰を依って境内に入ったが、とりあえず社務所へ向かう。炎天下無駄な歩きは避けたい。

社務所で境内のマップ(ネットのマップより詳しい)を頂き天満神社を探すと、マップの右端、弥勒寺跡近くである。
古い神社のせいか、境内の木々はかなり大きく日陰もそこそこある。200mほどで天満神社の案内板
2321CIMG6253.jpg
石段の先に石社が祀られている
2321CIMG6255.jpg
この社は1904年の名勝図録(187)の位置とほぼ同じようである。

2320天満神社(柁花神社境内)

2018.08.08 12:33|大分県宇佐市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 宇佐市 大字和気字柁鼻1056番地 柁花神社境内


市史に石祠の境内社 金毘羅神社・天満神社・八坂神社・祖霊神社の記載がある
境内左手に境内社が祀られている
2320CIMG6251.jpg
おそらくこの中に天満神社が含まれていると思われる

2319柁花(かじはな)神社

2018.08.08 12:29|大分県宇佐市
【祭神】鵜草葺不合尊・彦五瀬尊・神日本磐余彦尊(かむやまといはれひこのみこと)<合祀社>伊弉諾尊・伊弉冊尊・市杵島姫尊・柁神・気長足姫命・和気清麿命・大物主神・顕仁尊・崇徳天皇・火彦霊神・菅原神・高龗尊
【鎮座地】大分県 宇佐市 大字和気字柁鼻1056番地


西側の参道からの参拝になった
2319CIMG6246.jpg
鳥居の神額。花が鼻になっている。往古はこの辺まで海が入り込んでいたことが想像される。
2319CIMG6247.jpg
南側が表参道になる
2319CIMG6248.jpg
社殿横から
2319CIMG6249.jpg

2318橋津神社

2018.08.08 12:14|大分県宇佐市
【祭神】甕速日命・樋速日命・高淤加美命・彌都波能売命・闇淤加美命・管原神・大物主命・素戔嗚男尊
【由緒】管原神は字下の宮鎮座(天神社)を大正三年合祀
【鎮座地】大分県 宇佐市 大字橋津字神の木357番地


社頭。かなり長い参道になる。途中市道が横切っている
2318CIMG6240.jpg
鳥居の神額は「貴船宮」になっている
社殿前
2318CIMG6242.jpg
横から
2318CIMG6243.jpg