FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2502巌山神社

【祭神】大山祇命・木花開耶姫命・管原神六柱・倉稲魂命・大物主命
【由緒】一時期御前嶽神社に合併されたが、復社。
【鎮座地】大分県 日田市 前津江町柚木2307番地の2


高瀬川に沿って県道を南に走る。道はかなり整備されている。出野の集落に入って参道を探す
結果的に、この細い道の先に鳥居があった
2502CIMG7413.jpg
鳥居下
2502CIMG7408.jpg
鳥居の神額
2502CIMG7409.jpg
境内
2502CIMG7410.jpg
後で気づいたが、登り口の家の二階の壁に梅鉢紋
2502CIMG7414.jpg




スポンサーサイト



2352中村津江神社

【祭神】天神七代・地神五代・吉祥姫尊・菅原道真・加藤清正
【由緒】明治11年字天神山の管原神・昭和19年字勝坂の天満社(明治11年蕨野の天満社・セトイシの錦山神社を合祀)を合祀。
勝坂の天満社は下筌(しもうけ)ダム完成(昭和48年)まで存続していた、ご神体は大宰府にお返しした(309)。場所は蜂の巣隧道の入口、社殿は壊れ杉が植えられている(309)
【鎮座地】大分県 日田市 中津江村大字栃野字下野田中村


県道の東側、道路から直接見えない。鳥居下まで車で入れる
2352CIMG6454.jpg
鳥居の神額。「津江神社」
2352CIMG6456.jpg
大棟の紋章。梅鉢紋である
2352CIMG6458.jpg
勝坂の天満社があったと思われる蜂の巣隧道の入り口付近を捜したが痕跡を見つけることは出来なかった
【文献309】 中津江村誌 平成元年

2351小原津江神社

【祭神】<主祭神>天神七代・地神五代・吉祥姫命<相殿>老松大明神社として菅原道真命三柱
【由緒】明治14年の明細帳では字天神山の管原神・原辺・天神の上の天満社を合祀。八所神社ともいう
【鎮座地】大分県 日田市 中津江村大字栃野字小原


2351CIMG6446.jpg
鳥居の神額。「津江神社」
2351CIMG6445.jpg
二の鳥居
2351CIMG6439.jpg
社殿
2351CIMG6440.jpg
大棟の紋章。豊後梅鉢紋が使われている
2351CIMG6441.jpg
社殿横から
2351CIMG6442.jpg

2350宮園津江神社

【祭神】<主祭神>天神七代・地神五代<相殿>吉祥比売命・菅原道真命九柱(老松大明神)
【由緒】明治11年馬場鎮座の天満社、42年字簾・堤・石場・祝川鎮座の天満社、一旦茶臼岩内宮遥拝所へ合併された天神山天満社二社、を合併。天神山天満社には、菅原道真四柱・倉稲魂命・猿田彦命・大宮売命・大田主神・金山彦神が祀られ、明治11年天神森・塩井塚の内・柳迫の内馬場鎮座の天満社を合併している。茶臼山遥拝所は中津江村合瀬にあった。
【鎮座地】大分県 日田市 中津江村合瀬1619番地


前社から国道を経由するコースも考えたが、ここは敢えて県道を選択した。
道は狭いが、ほぼ等高線に沿っているので難コースではない。

20分ほどで到着。
2350CIMG6429.jpg
やぶ蚊の襲撃、湿気もかなり高い
神額。「老枩大明神」。枩=まつ
2350CIMG6431.jpg
神門。大棟には梅鉢紋
2350CIMG6432.jpg
社殿
2350CIMG6434.jpg
鬼瓦の紋章
2350CIMG6435.jpg
横から
2350CIMG6436.jpg





2348宮原天満社

【祭神】菅原道真二柱・年神・大山祇命・八千矛神・大田主神
【由緒】明治九年字中山の天満社を一ノ瀬神社に、同社は明治33年当社へ合併。別称「村中天満社」
【鎮座地】大分県 日田市 中津江村合瀬字村中1881番地


県道を右折して宮原の集落に向かう。道幅は思っていたほど狭くない。
急坂もあるが、集落まで緩い登坂になる。

大きく右にカーブして集落に入る。
場所を特定できないまま来てしまったが、幸いなことに左手に鳥居を見つけ
2348CIMG6417.jpg
鳥居の神額に天満宮とある
2348CIMG6418.jpg
社殿には紋章を付けた神額
2348CIMG6419.jpg
中央の「本納」?「納本」?の意味不明
正面から
2348CIMG6421.jpg
近くの栗の木
2348CIMG6422.jpg
本村の北、大山町では「梅栗植えてハワイに行こう」のキャッチフレーズがある。
注)本社が宮原天満社かどうか確証なし