FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2696天満宮社

2019.06.11 07:36|八幡・京田辺・木津川市
【祭神】(菅原道真)
【鎮座地】京都府 京田辺市 河原里ノ内26


近鉄京都線新田辺駅の東500mほど
2696IMG_0636.jpg
鳥居の神額
2696IMG_0637.jpg
拝殿
2696IMG_0638.jpg
本殿の右手前に小さな牛像が三体
2696IMG_0639.jpg
本殿横から
2696IMG_0643.jpg


スポンサーサイト



2586天満宮

2019.03.06 08:34|八幡・京田辺・木津川市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】京都府 八幡市 八幡市下奈良奥垣内46


市道わきの参道口
2586CIMG7980.jpg
参道を進んで右にカーブして鳥居
2586CIMG7981.jpg
鳥居の神額
2586CIMG7982.jpg
社殿(拝殿)
2586CIMG7983.jpg
右手に撫牛
2586CIMG7984.jpg
拝殿の後ろに本殿
2586CIMG7986.jpg
鬼瓦の紋章
2586CIMG7987.jpg

2587天満宮

2019.03.06 07:12|八幡・京田辺・木津川市
【祭神】管原大神
【鎮座地】京都府 京田辺市 大住池平31 月読神社境内


月読神社社頭
2587CIMG7989.jpg
境内参道の右手の社に天満宮とある
2587CIMG7994.jpg
テーダマツと天満宮
2587CIMG7995.jpg

2585川口天満宮

2019.03.06 06:43|八幡・京田辺・木津川市
【祭神】菅原道真公
【由緒】「長徳元年(995年)に男山付近から宇治山を照らすほどの光が輝いた。都人が不思議に思い宇治に住む公家、尊家之卿に調査を依頼した。公家の命を受けた陰陽師が川口の御池天神崎に至ったところ、池底から天神の御尊像六体が出現した。これを聞いた一条天皇は深く感銘を受け、その年に社殿創建の勅命を下された。御尊像六体を社殿に遷し、創祀したのが始まりと伝えられている。」(境内の案内より)
【鎮座地】京都府 八幡市 八幡市川口堀之内152


八幡市駅からバス。川口下車
2585CIMG7979.jpg
来た方向の交差点の角地に川口天満宮の案内がある。
200mほど路地を南に歩くと左側に社地
2585CIMG7963.jpg
参道右手に撫牛
2585CIMG7967.jpg
さらにもう一体
2585CIMG7968.jpg
社殿
2585CIMG7971.jpg
鬼瓦の紋章
2585CIMG7975.jpg
絵馬
2585CIMG7978.jpg