FC2ブログ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

103山田天満宮(大曽根・名古屋市)

2012.04.23 19:52|愛知県
【祭神】菅原道真公
【由緒】尾張の国藩主徳川光友公(1625-1700)が、贈太政大臣正一位菅原道真公の御神霊を太宰府天満宮より奉祀した。寛文12年(西暦1672年)頃と思われる。
【鎮座地】愛知県名古屋市北区山田町3丁目25
【拝路】暗くなってしまった。
夜の天神様は初めてになる。

地下鉄名城線大曽根駅を地上に出ると暗くなっていた。
上を名鉄とJRの高架が走っているので、これを右に見ながら進めばいいはずであるが、最近持ち歩いている磁石で確認する。

交差点を渡り、高架を右に見ながら進む。
103_2844.jpg
小さな交差点をいくつか過ぎ、左手の壁に山田天満宮と書いてある角を左折する。
十メータほど先に鳥居が見えてきた。
103_2846.jpg
注意しながら鳥居をくぐる。
左手に牛の立像がある。
103_2849.jpg
社殿の前、左右に撫牛が。
103_2851.jpg
前から
103_2852.jpg
左手の撫牛
103_2853.jpg
前から
103_2854.jpg
本殿。
103_2856.jpg
樟の大木。
103_2862.jpg
神紋は梅鉢。
103_2855.jpg
方向祈願牛、名古屋人の想像力?
103_2859.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示
スポンサーサイト



88上野天満宮(赤坂町・名古屋市)

2012.03.28 16:00|愛知県
【祭神】菅原道真公
【由緒】平安時代中期に安倍晴明(920-1005)一族が当地(千草区晴明山)に住んだ頃、菅原道真の御神霊を祀ったのが起源とされる。
【鎮座地】愛知県名古屋市千種区赤坂町四丁目89番
【拝路】行って知ったのだが、名古屋には三大天神があるらしい。
山田天満宮、桜天神社、そしてこの上野天満宮である。
88_2705.jpg

ちらしには地下鉄名城線砂田橋とあるが、茶屋ヶ坂で下車する。出口1に向かい地上に。それを右方向に向かう。
88_2712.jpg

大きな茶屋が坂の交差点があり、ここの電柱に上野天満宮の案内がある。この交差点を右折し、二車線の大きな通りを西の方向に向かう。空気が冷たく、西風が強い。名古屋は寒い。
セブンイレブンの手前の横断歩道を渡り、シダックスを後ろに見、左に曲がって、住宅街に入る。
数分も歩くと、遠くにそれらしい景色が見えてきた。
88_2696.jpg

右手に境内を見、右折して正面に回る。
88_2697.jpg

満開の紅梅が何とも言えない。
88_2698.jpg

手水舎の紋章は剣梅鉢であった。
88_2699.jpg

撫牛が左に。
88_2700.jpg
88_2701.jpg

右に。牛の周りにおいてあるものはなんなのか?
88_2702.jpg
88_2703.jpg

境内の右手にアベマキ。
88_2708.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

tag:名古屋三大天神