FC2ブログ
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

569穴澤天神社(矢野口・稲城市)

2014.07.16 13:50|東京都多摩南部
【祭神】正殿:少彦名命(正面) 相殿:菅原道真公(右)・大己貴命(左)
【由緒】考安天皇四年(前423)の創建にして、主祭神は少彦名命を御祀りした社でこの命は人民に医療法や造酒の術を授けられ、特に薬の神から健康増進の神として、また国土経営に偉功を遺された著名な御方であります。天正十八年(1590)に社殿を再建し元禄七年(1694)社殿の造営が行われ、その時菅原道真公を合祀され、公は古くより文学の神として親しまれ、広く仰ぎ祀られております。大正七年(1918)国安神社大己貴命(大国主命)を合祀、縁結、開運の神として以後崇敬されており、境内下三澤川右岸沿いに、横穴厳窟がありましたが、昔の厳窟は崩れ、現在の洞穴は二度目ですがこれがすなわち穴澤の起源であります。この洞窟内には元石仏の安置後も残っており、明治四年神仏分離の際、石仏像は当時別当職であった威光寺に移さられました。延喜式内神明帳所蔵載(延喜五年、905年撰上)に記されている古社で多摩八社の内一社であり、明治六年郷社に列せられました(境内の案内)
【鎮座地】稲城市矢野口3292
【行程】京王相模原線京王よみうりランド駅下車。西からの参道から、車道の参道にあたるようである。階段の参道もあるようだ。
569CIMG2724.jpg
駅からゆっくり歩いて10分ほどで社殿に。
569CIMG2729.jpg
紋章は梅鉢紋と巴紋の併用。
569CIMG2730.jpg
このような神紋は132小野照崎神社でも見られた。
帰りは東側の階段を下る。がけ下に湧水。ご婦人によれば、生け花が長持ちするという。
569CIMG2733.jpg
中央の参道に鳥居がある。
569CIMG2735.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示
スポンサーサイト

568坂浜天満神社(坂浜・稲城市)

2014.07.16 12:00|東京都多摩南部
【祭神】菅原道真・天照大神・日本武尊・建御名方命・倉稲魂命
【由緒】神社明細帳によると、元禄7年(1694)に地頭の天野伝左衛門重政によって、創建されたと記されている。御神体である束帯した座像の裏側に「元禄七甲戌(きのえいぬ)年二月二十九日奉納御神体天野伝左衛門」という文字があり、神社明細帳の記録を裏付けている。現在の社殿は、関東大震災の大正15年に再建されたものである。昭和11年には、東部上野社及び稲荷社、於部屋神明社、堂ヶ谷諏訪社、上谷神明社を合祀している。(鳥居横の稲城市掲示より)
【鎮座地】稲城市坂浜969
【行程】京王相模線若葉台駅下車。補給用の水を確認して歩き出す。外は相当厳しい暑さになっている。駅前の交差点を渡り、県道19(鶴川街道)の歩道を北上。途中のバス停で、万が一の場合に備えて、時間を確認する。20ほど歩いて右手の山手の方に向かう。遠くに高層のマンション群が見えるが、この辺は人家少なく寂しい。京王線をくぐり、その先を左に。ここは民家の庭先を歩くような感じであるが、先が見通せそうなので思い切って登って行く。この先が天神通りのはずであるが・・・。
568CIMG2705.jpg
天神通りを登る。参拝は裏手からになってしまった。
568CIMG2708.jpg
参道を下り、鳥居から改めて参拝す。
568CIMG2718.jpg
天満神社の呼称は久しぶりに聞く。絵馬のデザインもシンプルである。
568CIMG2710.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示