FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

982菅原大神

2016.10.26 08:16|神社・天満宮の知識
「すし銚子丸」のチラシにこんな案内が付いていました。
982IMG_20161026_0001.jpg
982菅原大神
スポンサーサイト

石祠(せきし)

2012.07.01 11:09|神社・天満宮の知識
屋根の形
104a.gif
<切妻(きりづま)造り>
 二つの面を合わせた屋根で、切妻(=屋根の山型の断面)が見える。

<寄棟(よせむね)造り>
 四つの面を寄せあう形の屋根です。切妻が見えない。

<入母屋(いりもや)造り>
 寄棟造りに、切妻が入っている。したがって、屋根の途中で角度が変わっているように見えることが多いのです。

<宝形(ほうぎょう)造り>
 四つの面が、頂上の一点に集まる。上から見ると正方形のようになっています。てっぺんに宝珠(ほうじゅ)と呼ばれる丸石が置かれていることが多いです。

正面(入口)の位置
104b.gif
<妻入り(つまいり)>
 切妻のほうが正面入口になっている。

<平入り(ひらいり)>
 平らなほうが正面入口になっている。

<流造り(ながれづくり)>
 入口に、屋根が張り出している部分を向拝(こうはい)といいます。平入りが向拝になっているものを「流造り」と言う。

こちらのサイトから頂きました。

神紋について

2012.04.14 13:14|神紋(しんもん)
菅原道真(以下菅公)が梅を愛していたことで、関連する社殿の神紋に梅が用いられている。ただ菅公を祭神としていない神社でも、ほんのわずかであるが、用いている場合があるらしい。
本サイトの紋章の区別は、丹羽基二氏の「神紋」を元に分類することにする。

梅花;梅の花。
umenohana.gif
この紋章は70太宰府天満宮、136信夫山天満宮(福島)でみることが出来る。

星梅鉢;
umebachi_11.gif
北野天満宮を筆頭に数多く使用されている。
似たような紋章に六曜がある。六曜が同じ大きさの円を用いているような気がするが、星梅鉢は花芯にあたる円が心持ちいさい。

梅鉢;
umebachi_08.gif
丹羽氏は梅鉢として湯島天神社を示している。ただし、加賀梅鉢と記載している所もある。このように梅鉢、前田梅鉢、加賀梅鉢については用語と紋章が混乱してような気がする。

ここでは、次のように定義する。
花弁の五つの円形の距離が近く、花芯の剣が外に出るのを抑えている形状。


加賀梅鉢;前田梅鉢、棒剣加賀梅鉢。花芯に短小な剣を加えた。ここでは、
上記の梅鉢ににているが、花弁の円形の距離が離れて、花芯の剣が外に出ることが可能な形状、とする。
Kaga_Umebachi_svg.png
丹羽氏は前田梅鉢として、深志神社を挙げている。
富山梅鉢(丁子梅鉢);加賀花剣梅鉢。花芯に丁子形の剣を加えたもの。花弁の円形の距離が離れている。
umebachi_17.gif

大聖寺梅鉢(瓜実梅鉢);瓜実状の剣を花芯に付けたもの。花弁の円形の距離が離れている。
daiseijiumebachi.gif

変り剣梅鉢
12馬込天満宮

亀戸天神に見られる。上の図は馬込天満宮のものである。これまで2社しか目にしていない。