FC2ブログ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2569大宮神社

2019.02.05 16:25|千葉県千葉市若葉区
【祭神】天鈿女命・菅原道真
【鎮座地】千葉県 千葉市 若葉区太田町401


南側から社地に入ったが、かなり雑然としている。
鳥居はなく、ここが大宮神社と確認できるものは改修記念の金属製のパネルだけ。
奥まった先の小高い所にある小さな社が大宮神社と思われる
2569CIMG7843.jpg

スポンサーサイト



2568天神社

2019.02.05 15:50|千葉県千葉市若葉区
【祭神】菅原道真
【由緒】明治33年天神社を合祀
【鎮座地】千葉県 千葉市 若葉区中田町362番 御霊神社境内


御霊神社前
2568CIMG7832.jpg
境内左手に境内社が散在
2568CIMG7838.jpg
この社
2568CIMG7835.jpg
大棟に梅鉢紋
2568CIMG7836.jpg


2567天神大神

2019.02.05 15:39|千葉県千葉市若葉区
【祭神】(菅原道真)
【由緒】神社名鑑に、明治43年同所字花輪の天神社を合祀、とある。境内に社があるので、境内に合祀と判断した
【鎮座地】千葉県 千葉市 若葉区古泉町445番 六社神社境内


六社神社は森の中、小高い丘の上にある
2567CIMG7824.jpg
本社の右手に社があって
2567CIMG7829.jpg
中に小さな祠が祀られ、中に天神大神銘の社号標が納められている
本参道の右手に専用の参道もある
2567CIMG7831.jpg
【雑感】古くから、ここに天神が祀られており、その後六社神社が遷座され、花輪の天神社を祭神として合祀したという考え方もある

2566八幡神社

2019.02.05 15:23|千葉県千葉市若葉区
【祭神】誉田別命・健南各方刀美命・菅原道真・大鶴鷯命・須佐之男命・八衛比古命・八衛日売命・久那斗神星命
【由緒】明治43年天神社を合祀
【鎮座地】千葉県 千葉市 若葉区中野町809番地


鳥居前
2566CIMG7819.jpg
社殿
2566CIMG7822.jpg

1081天神社(姨嶽神社内 谷当町・若葉区)

2015.11.05 14:22|千葉県千葉市若葉区
【祭神】菅原道真
【由緒】境内の案内に「明治二十一年(1888)九月再建」とある。
【鎮座地】千葉市 若葉区谷当町481 姨(おば)嶽神社内
【拝路】西側からの参拝になった。草生した道を進むと左側に鳥居が見えてきた。東側からの参道が正規なようだ。
1081CIMG6782.jpg
境内の右手に、石祠と云うより石碑群が。
1081CIMG6784.jpg
右から二基目に
1081CIMG6785.jpg
天神社とある。

1080天神宮(神明神社内 源町・若葉区)

2015.11.05 13:35|千葉県千葉市若葉区
【祭神】菅原道真 と思われる
【由緒】創立は安政七寅十月吉日。明治43年合祀
【鎮座地】千葉市 若葉区源町395番 神明社内


千葉市動物公園東、モノレール下の市道から北に坂を登り、左折して住宅地内を進むと正面に見えてくる。
1080CIMG6776.jpg
社殿の右手に小祠。
1080CIMG6778.jpg
中は暗くてはっきり見えないが、石祠が納められている
1080CIMG6779.jpg
かすかに梅鉢紋?、「天□□」の陰刻が確認できた。

1079天満大自在天神(鹿島神社内 東寺山町・若葉区)

2015.11.05 13:20|千葉県千葉市若葉区
【祭神】天満大自在天神
【由緒】宝暦七年(1757年)創立。明治四十四年本社内に合祀
【鎮座地】千葉市 若葉区東寺山町288 鹿島神社境内


住宅地の一角。
1079CIMG6770.jpg
共用に切り取られ、細長い参道が北に向かう。
社殿、
1079CIMG6775.jpg
その右手に天神社の石祠。
1079CIMG6773.jpg
似たような石祠に287天満大自在天神846南無天満大自在天神宮がある。

972白幡神社(旦谷町・千葉市)

2015.07.31 14:41|千葉県千葉市若葉区
【祭神】誉田別命・大山咋命・菅原道真公
【由緒】元禄十五年(1702年)の村の記録に天神社の記載が見られる。明治42年同所字出戸の天神社を合祀。
【鎮座地】千葉市 若葉区旦谷町215 白幡神社
【拝路】旦谷町(だんやちょう)は千葉市の最北部になる。ここまで来ると都会の景色はほとんどなく森と畑が散在する。神社は森の中にあった。
972CIMG5864.jpg
社殿まえ。
972CIMG5865.jpg
横から
972CIMG5866.jpg
境内左手に小祠が二基。どちらかが天神社の可能性もあるが詳細不明。ここでは本社の祭神としておく。

405天神宮(大宮神社内 大井戸町・千葉市)

2013.09.21 12:10|千葉県千葉市若葉区
【祭神】菅原道真 と思われる
【由緒】千葉郡誌に記載されている天神社と思われる
【行程】千葉県下でよく見られる谷津と里山、里山の一角の社叢。
405CIMG1205.jpg
大井戸は台地のベロが北方向にのびた先端あたりになり、神社は集落の西端あたり、この辺が集落の鬼門かもしれない、に勤座しているみたいである。
405CIMG1199.jpg
本殿の右側の小さな祠、中に天神宮と彫られた木の札?をおいている、これが天神社と思われる
405CIMG1201.jpg
【キーワード】公民館・野菜

より大きな地図で 天満宮散策 を表示

404大宮神社(金親町・千葉市)

2013.09.21 11:50|千葉県千葉市若葉区
【祭神】天鈿女命・菅原道真公・猿田彦命
【由来】千葉県神社名鑑では祭神となっているが、境内社としても存在するようである。二柱祀られているのか?
【所在地】千葉市若葉区金親町28。金親町=カネオヤチョウ。「かのをや」が元意らしい。
【行程】御成街道を見ると徳川家康の力がいかに巨大であったかよくわかる。また、この街道沿いには写真のような門構え(長屋門?)の家がよく見られる。神社はこの右手の林の中にある。
407CIMG1198.jpg
参道は街道側でなく、林の中の小道からになり、社殿を見上げる形になる。
404CIMG1190.jpg
境内に入ると右側に小祠があり、後ろからはこんな感じだが、
404CIMG1195.jpg
扁額に天神社が併記されている。
404CIMG1193.jpg
【キーワード】昼寝

より大きな地図で 天満宮散策 を表示