FC2ブログ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1987天満宮

2017.11.21 09:31|大分県大分市大南地区
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 大分市 大字鴛野。下鴛野公民館敷地内


豊肥本線西側の側道を北に進むと鳥居が見える
1987CIMG3816.jpg
鳥居の神額
1987CIMG3817.jpg
かつて470天神様はここに祀られていたという。
敷地の北西側に石造物がまとめて置かれ、
1987CIMG3823.jpg
そこの石祠の中に「天満宮」と陰刻された石板が収められている。470天神様に所縁のものであれば、一緒に祀るはずであるので、ここでは別扱いとした。
【謝辞】ガード東で畑作業をしていたご婦人の助けがなかったら見つけるのに苦労したであろう。


スポンサーサイト



1850若宮八幡社

2017.06.09 17:21|大分県大分市大南地区
【祭神】大鶴鷯命・品田和気尊・気長帯姫尊・大山祇尊・竹内宿祢・菅原神
【由緒】大正九年、字潮音寺の天神社を合併
【鎮座地】大分県 大分市 大字中戸次1862番地


中戸次の町の東、県道わきに鳥居
1850CIMG2421.jpg
長い石段を登り、フラットな参道を進むと二の鳥居
1850CIMG2422.jpg
社殿
1850CIMG2423.jpg

1023熊野神社(中戸次・大分市)

2015.09.18 14:14|大分県大分市大南地区
【祭神】伊邪那美命(境内の由緒)。天忍穂耳命・加具突知命・天満大神(119)
【由緒】神社明細牒(119)には境内に天満社の神殿と拝殿とある。ただその後洪水や河川改修により本社社殿の二度の移転などがあり天満社は廃社となった可能性がある。
【鎮座地】大分市 大字中戸次字西津留5573
【拝路】神社明細牒(119)に天満社とあるので参拝に向ったのだが・・・。
1023CIMG6232.jpg
二の鳥居前
1023CIMG6233.jpg
社殿
1023CIMG6237.jpg
境内に天満社らしき建物は見当たらない。
左手に石祠が三基。秋葉社・目庫社・金毘羅社と思われる。大きな石祠なので洪水に耐えることが出来たのか。
すぐ後ろは大野川である。

959花鶴神社(端登・大分市)

2015.07.18 14:49|大分県大分市大南地区
【祭神】菅原神・伊邪那美尊・速玉之男命・事解之男命・品陀和気命・大山祇命
【鎮座地】大分市大字端登(はたのぼり)2585。2593-2近く
【拝路】ハグロトンボによく出会う。緑色の金属光沢はオスで、恐らく若い個体。彼らはうす暗い所を好むという。
959CIMG5772.jpg
(中原の神明社にて)
県道631を南下。途中から道狭くなる。中原から20分ほどで神社下に到着。
左側の車道と思える道を登ってゆく。数分で左側から境内に入る。
959CIMG5773.jpg
正面から
959CIMG5774.jpg
県道に下って右手を見ると石段とその上に鳥居がある。
959CIMG5776.jpg
石段を登って鳥居下まで。ここは踊り場になっていて、右手にさらに石段が続いている。
眼下に大野川が望める。
959CIMG5778.jpg

958中無礼神社(河原内・大分市)

2015.07.18 14:06|大分県大分市大南地区
【祭神】菅原神二柱・大鶴鷯尊・大山祇尊
【鎮座地】大分市 河原内5201
【拝路】河原内川に沿って上流に向かう。道は整備されている。が、「河川プール」を過ぎて一部狭い所がある。目指す神社は旧道沿いに鎮座。
958CIMG5761.jpg
鳥居の左右、玉垣の始点と終点に梅鉢紋のレリーフ。
958CIMG5763.jpg
左に公民館、正面に社殿。
958CIMG5764.jpg
右後方から
958CIMG5765.jpg
河原内川の清流。
958CIMG5768.jpg
中央奥の日陰の所にカワセミがいるのだが。

1313八幡社(竹中・大分市)

2015.07.18 13:41|大分県大分市大南地区
【祭神】品陀和気命・大山祇命・天御中主命・菅原神二柱
【由緒】長谷原の菅原神二柱を明治17年合併。
【鎮座地】大分市 大字竹中1134


県道から緩い坂道を上って山手の方に向かうと右手に鳥居
1313CIMG5756.jpg
このあたりにはここしか神社がないので、ここが目的の八幡社と思われる。
社殿
1313CIMG5757.jpg
斜め横から
1313CIMG5758.jpg
鳥居わきのヤマユリの花
1313CIMG5760.jpg
八幡社と確認できるものはない。が地番から推定すると、このあたりになる。

956日吉神社(志津留・大分市)

2015.07.18 07:26|大分県大分市大南地区
【祭神】大山咋命・大歳神・菅原神五柱・水分神・保食神・品陀和気命
【鎮座地】大分市 志津留3414
【拝路】小さな集落が点在しそれを結ぶ狭い道路、高低差もかなりある。結局車を邪魔にならぬよう道脇に止めて徒歩にする。今いる場所は十二ノ原のようだ。神社はここより南方面、丘陵を下る。視野が開け谷筋が左右に広がって、その向いの丘の麓に神社が見えてきた。
956CIMG5739.jpg
鳥居前
956CIMG5741.jpg
社殿、左前方より
956CIMG5744.jpg
本殿下に、なぜか三猿
956CIMG5745.jpg

955天神社(高尾神社内 宮尾・大分市)

2015.07.18 06:51|大分県大分市大南地区
【祭神】菅原神
【鎮座地】大分市 大字宮尾
【拝路】神社明細牒(119)に境内社天神社の記載が見られたので立ち寄って見たのだが。旅ナビにターゲットは捕捉できているのだが、集落内の道細く、反時計回りにフラフラして結局六時のあたりに鳥居を見つけた。
955CIMG5726.jpg
石段を登って丘陵の上へ
955CIMG5727.jpg
どうも一番長い参道になったらしい。
数分あるいて、一応印を見つけた。視界も広がってきた
955CIMG5728.jpg
やっと二の鳥居、社殿が見えてきた。
955CIMG5730.jpg
社殿前
955CIMG5732.jpg
境内を探してみたが、天神社を確認できず。
境内に頭を下げて帰途に。
神社前のイモ畑、畝幅が大きく、ツルの伸びもよい。
955CIMG5736.jpg
やはりマルチングの効果なのだろうか。マルチングしていない我が家のイモは一回り小さい。

954天神社(馬〆神社 福良・大分市)

2015.07.18 06:30|大分県大分市大南地区
【祭神】菅原神
【鎮座地】大分市 大字福良387
【拝路】神社明細牒(119)に記載があるので寄って見る。県道を右折。谷あいを道なりに進んで行くと左手に鳥居が見えてくる。
954CIMG5725.jpg
参道は南側、東側二ヶ所ある。それぞれ鳥居が設けられている。こちらは東側。
954CIMG5723.jpg
石造りの神橋の先に社殿。見事なアーチ。
954CIMG5722.jpg
残念ながら天神社を確認することが出来なかった。

950長小野神社(奥・大分市)

2015.06.27 07:34|大分県大分市大南地区
【祭神】思姫命二柱・天津彦根命二柱・正哉吾勝命二柱・天穂日命二柱・市杵島姫命二柱・熊野樟日命二柱・瑞津姫命二柱・活津彦根命二柱・大山祇命・建御名方命・菅原神四柱・仲哀天皇・神功皇后・応神天皇・高竈神・宇迦御魂神・大市比賣神・素戔嗚尊・保食命・菅原神
【由緒】菅原神四柱はスイホウ鎮座のところ、菅原神は人形田鎮座のとこら大正七年合併。同年現社地に移転し、王子社を長小野神社とす。
【鎮座地】大分市 奥114
【拝路】大分市と臼杵市を結ぶ主要な道路の一つ、県道25号沿いに鎮座。
祭神を確認しないまま先に参拝に訪れる。
950CIMG5685.jpg
社殿の後方に多くの石祠が祀られている。
950CIMG5686.jpg
その中に道真公と思われる石祠がある。
950CIMG5687.jpg
ひょっとして道真公が祀られているかもしれないと思い、祭神を確認。
恐るべき祭神数である。その中に菅原神が含まれている(大分郡神社明細牒明治44年版による)。