FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

686菅原神社(冨久山・郡山市)

2014.11.13 06:55|岩手・宮城県
【祭神】菅原道真
【鎮座地】福島県郡山市富久山町八山田牛ヶ池
【行程】ナビは神社の後ろに案内してくれる。境内を抜け北側からの参道に回る。
686CIMG3775.jpg
社殿は小高い丘の上にある。
686CIMG3778.jpg
古い瓦は梅鉢紋であるが、
686CIMG3781.jpg
なぜかこんな形になっている。
686CIMG3780.jpg

スポンサーサイト



684天神社(高瀬・山元町)

2014.11.12 07:35|岩手・宮城県
【祭神】菅原道真公
【由緒】本社の創建に二説あり。即ち一条天皇正暦4年(994年)4月25日、或は霊元帝天和2年(1682年)京都北野神社の分霊を勧請したといわれ、前者は社伝にして、後者は風土記の記するところである。天神宮、天満大自在天神と称した。正暦創祀以後鎌倉時代に至り地頭伊達安房社殿を造営して尊信した。明治4年天神社と改称、同6年1月村社に列せられ、大正12年8月供進社に指定された。(宮城県神社庁より)
【鎮座地】宮城県亘理郡山元町高瀬字北の原34 
【行程】六号を左折して山手の方に向かう。ナビの指示に従って進んでゆくと右手に鳥居が見えてきた。
684CIMG3757.jpg
雨粒が止まらない。今日は曇りの予報だったのだが。50mほど進むと参道は左に折れる。
684CIMG3758.jpg
緩い坂道の参道で所々階段がある。恐ろしいくらい静かである。
この建物は山門か。
684CIMG3760.jpg
拝殿。雨に濡れた屋根が印象深い。
684CIMG3765.jpg
大棟には星梅鉢紋と三引両紋
684CIMG3761.jpg
斜め後ろから。
684CIMG3764.jpg

683中浜天神社(坂元・山元町)

2014.11.12 07:10|岩手・宮城県
【祭神】菅原道真
【由緒】「坂元本郷□首城主後藤孫兵衛信康の領内中浜の千□権六は網引捕漁を渡世とし日々釣師浜へ通い□□に元亀三年(1572)三月二十三日引網に木像一基揚り漁一匹もなき故に大いに立腹し木像を海中に投じて帰宅明日は大漁をと勇みしに翌日もその翌日も木像をのみか□□ければ船中の者共奇異に思い中にも船頭の申し候は三日ながらも網にかかり候は捨てるに及ばず持ち帰りこの後は智者の判断に委ねては如何との申し立てに及んで□れを容れ瀧洞山東光寺の寺僧に前日までの品柄仔細に報じければ和尚御像を伏し拝み暫らくして官衣着せる容その昔筑紫大宰府にて薨去なされし菅原天神像なり汝に縁ありと見ゆ篤く信仰すべしと則ち宝暦二年(1752)三月二十五日瀧洞山頂上に一社を勧請して仰ぎ奉るある夜夢に菅衣を着せる老人枕元に坐して宣べたるに我菅原道真なり汝の信仰□□嘉みし汝の子孫と神を祭る氏民の住む一浜を後々までも栄えさせ浜辺よりは大漁を得さしむ 歌二首 陸の道海の道をも教えんと瀧の峯にぞ乗れけり 陸奥の□舎に見ゆる和田の原海□の漁り世々に□き□□ これより一浜挙□□三月二十五日を□□□□大祭祀をなしての信仰は□□□□なること近郷に稀なり 以上 昭和六十年四月吉日」(拝殿内の由緒より)
【鎮座地】宮城県亘理郡山元町坂元瀧27
【行程】少なくても雨が降ってくることはないと思っていたが、ボツボツ雨粒が落ちてきた。ナビの指示は海岸方面を指しているが、通行止めになっている。この先から津波による被害があった模様である。
683CIMG3744.jpg
六号に引き返して、目的地の真西、ドライブインの裏手あたりから行けそうな気がして、右折。モーテルを左に見て細い道を東に進む。平地に降り北に左折すると左手に赤い鳥居が見えてきた。
鳥居をくぐり、振り返ると、海側には茫漠たる風景が広がっている。
683CIMG3756.jpg
幸い大津波もこの鳥居までは来なかったようだ。
さらに石段のうえに社殿があるようだ。辺りは気味が悪いほど静まり返っている。小雨も降ってきた。
683CIMG3746.jpg
四、五十段あったろうか、枯れ枝があちこちに落ちてるが、手入れはされているようだ。石段を登る。
683CIMG3748.jpg
拝礼。

293天神社(三関・一関市)

2013.03.09 10:00|岩手・宮城県
【祭神】菅原道真 と思われる
【行程】JR一ノ関駅の東方の小山の北側に鎮座している。山際の道を進むと、山の方に進む小さな道を見つけた。段差をつけて整備されているが、ちょっと歩き辛い。当初、参道と思ったが、後に地図をよく見て見ると、この小道は、一関市街と天神社の東にある団地を結ぶ近道的色合いが強いかもしれない。
293_CIMG0046.jpg
少し開けてきて、前方に住宅地が見えてきたところで、右側に社殿見える。
293_CIMG0053.jpg
神社らしくないが、天満宮と書かれた扁額が寄進されている。「菅公千年祭」の石碑もある。
293_CIMG0049.jpg
後で、気付いたのであるが、この神社には鳥居がない。

より大きな地図で 天満宮散策 を表示