FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

695井野天満神社(台宿・取手市)

2014.11.20 12:20|茨城県
【祭神】贈太政大臣正一位菅原道真公
【由緒】「この地にお祭りした年代は室町時代の末期天正元年二月二十五日御祭神天神様が昇殿なされた日に京都北野天満宮よりの分霊を申し受けお祭り申したものです」(境内の案内より)。天正元年=1573年。
【鎮座地】取手市台宿二丁目6-21
【行程】境内には西側から入ってしまったが、参道は東側からのようである。東側に回って。これは二の鳥居になる。
695CIMG3847.jpg
拝殿。これまで見た拝殿とはカテゴリーがちょっと違う。
695CIMG3848.jpg
ユニークな扁額。
695CIMG3852.jpg
左上の牛画。
695CIMG3854.jpg
拝殿の鬼瓦の紋章。ここに梅花紋は初めて見る。
695CIMG3857.jpg
境内左に撫牛一体。
695CIMG3849.jpg
前から。
695CIMG3850.jpg
社殿を横から。
695CIMG3860.jpg


スポンサーサイト



692天満神社(佐伯神社内 常陸大宮市)

2014.11.13 15:20|茨城県
【祭神】菅原道真
【鎮座地】常陸大宮市野口2011
【行程】集落の北側に南向きに鎮座。
692CIMG3819.jpg
境内の左手の建物の中に境内社を収めているようだ。
692CIMG3822.jpg
天満神社
692CIMG3823.jpg
紋章不明

691天満宮(鹿島神社内 那賀・常陸大宮市)

2014.11.13 15:05|茨城県
【祭神】菅原道真
【由緒】鹿島神社に境内社七社、その中に天満宮(菅原道真)とある(茨城県神社誌)。
【鎮座地】茨城県常陸大宮市那賀65の1。旧緒川村大字那賀字町居65の1
【行程】県道沿いに社殿が見える。山茶花が満開。
691CIMG3816.jpg
社殿の右や後方に祠、石祠が見えるが、どれが天満宮かは不明。
691CIMG3818.jpg

690天満宮(立野神社内 上小瀬・常陸大宮市)

2014.11.13 15:05|茨城県
【祭神】菅原道真
【由緒】茨城県神社誌(104)立野神社に、境内社11社、天満宮の記載あり。
【行程】市道の道沿いに鳥居がある。
690CIMG3810.jpg
社殿の右手の小祠群の中の一つが天満宮と思われるのだが特定できない。
690CIMG3815.jpg
小祠
690CIMG3811.jpg
小祠と石祠
690CIMG3812.jpg
小祠長屋
690CIMG3813.jpg

689天神社(諏訪神社内 野上・常陸大宮市)

2014.11.13 14:35|茨城県
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】茨城県常陸大宮市野上774 諏訪神社内
【行程】参道は東からになる。日がだいぶ傾いてきた。
689CIMG3803.jpg
境内の右側に小祠が並んでいる。
689CIMG3805.jpg
その中に天神社の小祠。
689CIMG3806.jpg

34天満神社(中居・鉾田市)

2011.11.11 10:06|茨城県
北浦の東岸を走る県道18号を、北浦大橋を右にみて神栖方面に向かう。
カーナビで左折を支持された交差点を過ぎ、その次に指示されて所を左折する。
後で考えると、結果的にこちらの方がよかったのではないかと思われた。
道なりに、山の端を奥の方へ台地の上に進んでゆく。
小さな集落に入り、十字路。さてどちらか。おばあさんがカートをおして歩いてきたので聞いてみる。
そこを左にゆくとあります。とのこと。数分ゆっくり道なりに進むとありました。
042

何日か前に台風が来たせいか参道は木々で埋まっていた。
043

天満神社とあります。
044

紋章は梅鉢でした。
046



より大きな地図で 天満宮散策 を表示



33長岡天満宮(長岡・茨城町)

2011.11.11 09:38|茨城県
茨城県に国営ひたち海浜公園がある。ここのみはらしの丘のコキアが見ごろだと言うので出かけその帰りにたちよる。カーナビを調べておいた住所で入力し目的地に着いたが、それらしき社は見当たらなかった。以前、つい数が月前、社の前を通ったことがあったのでそれを頼りに進む。たしか道の左、角地であった記憶がある。
036


小さな森に囲まれ、神殿に向かって左から、日が入ってくる。
037


午後の静かな境内。
039

ひのきとけやきの大木。紋章は梅鉢であった
041


より大きな地図で 天満宮散策 を表示