FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2088天満宮

2018.02.25 10:02|千葉県神崎・東庄町
【祭神】菅原道真
【由緒】享和三年(1803年)建立
【鎮座地】千葉県 香取郡 神崎町毛成950 金刀比羅神社境内


神社は集落の北端に鎮座
2088CIMG4603.jpg
参道の石段の登り口左右に石祠
2088CIMG4599.jpg
右側の石祠
2088CIMG4593.jpg
天満宮とある。
右側面に「享和三亥□ 十二月吉日」
左側面に「筆・・」
スポンサーサイト



2087天満宮

2018.02.25 09:46|千葉県神崎・東庄町
【祭神】菅原道真三柱
【鎮座地】千葉県 香取郡 神崎町毛成1117 円満寺境内


円満寺の社頭
2087CIMG4592.jpg
境内は広くない。一通り歩いてみたが石祠は見当たらない。
道路の左手の斜面
2087CIMG4586.jpg
石祠が三基、後ろ向きに倒れ、自然に帰らんとしている
足がかりを作って、一歩分上に上がって見る。
一番左手の石祠
2087CIMG4587.jpg
星梅鉢紋と硯が確認できる。
中央の石祠は「満」の陰刻と紋章、一番右手は紋章が見て取れる。
これが資料に示された天満宮と思われる。

2086天満宮

2018.02.25 09:18|千葉県神崎・東庄町
【祭神】菅原道真
【由緒】天保七年(1836年)建立
【鎮座地】千葉県 香取郡 神崎町高谷335-1


集落の南側に大きな木が四五本。小さな森になっている。
2086CIMG4581.jpg
その根っ子に二基の石祠
右側の石祠、中に硯が納められている。
2086CIMG4582.jpg
天満宮と思われる
右側面に「天保七申四月吉日」

2085天満宮

2018.02.25 08:53|千葉県神崎・東庄町
【祭神】菅原道真二柱
【由緒】安永十年(1781年)建立
【鎮座地】千葉県 香取郡 神崎町神崎本宿1944 神崎神社境内


国道前の鳥居
2085CIMG4580.jpg
神社の駐車場が西側にある。
神崎神社の社殿
2085CIMG4572.jpg
社殿の両横・後ろ側に境内社が祀られている。
天満宮は左奥に一基
2085CIMG4573.jpg
右側面に「願主 木内□六  □□寄進者□□ 願主 □□□□ □□与兵衛」
左側面に「安永十□□四月吉日」
九曜の紋章が刻まれている
資料では二基の天満宮が報告されているが二基目は確認できなかった。
そのため祭神二柱とした

2084天満宮

2018.02.25 08:38|千葉県神崎・東庄町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 香取郡 神崎町小松841


地番の周辺を時計回りに進むと山に向かう細い道。六時の位置になる。
2084CIMG4571.jpg
林の中の坂道は最初のビークに続いている
2084CIMG4570.jpg
が、こちらは文字塔が数基。
一旦下がって、さらに奥に進むと二つ目のビークがあり、鳥居が見える
2084CIMG4565.jpg
石祠が祀られ
2084CIMG4566.jpg
古い硯、右手に梅の木と梅の花の供え物
天満宮とおもわれる

2083妙見神社

2018.02.25 08:17|千葉県神崎・東庄町
【祭神】妙見神・天満宮
【由緒】本社は千葉氏の末裔千葉知胤が明暦年間(1655-1658)建立。享保十八年(1733年)天満宮を合祀
【鎮座地】千葉県 香取郡 神崎町武田863


県道から市道に入って狭い道を南に進んでゆくと左側に鳥居
2083CIMG4558.jpg
石段を登って
2083CIMG4560.jpg
境内へ
2083CIMG4561.jpg

2082天神社

2018.02.25 07:59|千葉県神崎・東庄町
【祭神】(菅原道真)
【鎮座地】千葉県 香取郡 神崎町古原乙199番の北


市道から畑地の方に入って左方向に小さな社
2082CIMG4555.jpg
丸い自然石に天神社と刻まれている
2082CIMG4556.jpg

1278天神社・瘡間神社(植房・神埼町)

2016.04.20 11:44|千葉県神崎・東庄町
【祭神】菅原道真・少彦名命
【鎮座地】千葉県 香取郡 神崎町植房671
【拝路】瘡間=かさま。ナビの指示に従って、丘陵の上に東から入る。農民館を右に見て、あとで考えるとこの農民館の前に車を置いて徒歩にすればよかった、狭い道を進む。道はさらに狭くなる。戻ることも出来ない状況。仕方なしに道なりに進んで、結局丘陵の下に出てしまった。車を置いて歩きにした。・・・。谷あいの先にやっと鳥居を見つけた。
1278CIMG8271.jpg
案内のパネル。「瘡守稲荷(瘡間神社)」とある。
1278CIMG8272.jpg
石段が待ち構えている
1278CIMG8273.jpg
社殿
1278CIMG8280.jpg
天神社のイメージではない。稲荷である。
ひょっとして、この後ろの宇迦神社が天神社かと思ってそちらに回ってみた。
1278CIMG8274.jpg
梅花紋に見えなくもない
1278CIMG8279.jpg
がよくわからない。
一応、ここでは千葉神社名鑑に準じておくことにした。

1277天神社(古原・神埼町)

2016.04.20 11:09|千葉県神崎・東庄町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 香取郡 神崎町古原甲135番
【拝路】成田市津富浦から神埼町へ抜ける市道を道なりに北上。神埼町に入るとバイパスのような広い道になり、いつの間にかナビのポイントが左後方になってしまった。慌ててUターン。周辺は見通しの良い畑地。右手に社叢らしき小さな森が見える。ゆっくり進んゆくと、西側の集落に向かう細い道を見つける。
すぐに神社前。
1277CIMG8267.jpg
神額に天満宮とある。
1277CIMG8268.jpg
祠の大棟に梅鉢紋の紋章
1277CIMG8269.jpg
横から
1277CIMG8270.jpg
地理院の地図は古い。神社の東側に新道が走っている。グーグルの地図が現状。

1264天満宮(今天満宮境内 今・神埼町)

2016.04.15 06:56|千葉県神崎・東庄町
【祭神】菅原道真 と思われる
【由緒】明治廿年(1887年)建立
【鎮座地】千葉県 香取郡 神崎町今24番付近 今天満宮境内
【拝路】境内右手の石祠
1264CIMG8182.jpg
右側面。「明治三」か「明治二」か。
1264CIMG8184.jpg
左側面。願主 「石井■」
1264CIMG8183.jpg