FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2041天神社址

2017.12.23 16:09|大分県臼杵市(旧野津町)
【祭神】菅原神
【由緒】平成29年11月1574中山八幡社に遷座
【鎮座地】大分県 臼杵市 野津町大字老松4252番


国道502号わきに車を置いて、南に向かう市道は、車で行かれないこともないが、歩き。
20分ほどで若山への分岐
2041CIMG4204.jpg
左前方には臼杵川に架かる石橋
2041CIMG4194.jpg
右手の道は坂になり15分ほどで若山の集落。山上にある。
反時計回りに小路を進んで、一息ついていると、左手の家からご婦人が。
神社について聞くと、過疎になり、管理ができなくなった。中山八幡社の宮司さんに無理を言って遷座をお願いした。この11月に遷座式を行ったばかりであると。神社はこの先を右手、下る道があるという。
礼を言って先に進む。この方に出会わなければ空足であったかもしれない。
神社は下り宮であった
2041CIMG4195.jpg
参道の倒木
2041CIMG4196.jpg
社殿
2041CIMG4197.jpg

スポンサーサイト



1574中山八幡社(宮原・臼杵市)

2017.01.05 07:31|大分県臼杵市(旧野津町)
【祭神】品陀和気命・日女大神・息良足氏売命・源義経朝臣・亀井能家・進来重家・少彦名命・鎮魂八柱神・菅原神六座・大物主神・崇徳天皇・宇賀ノ御魂神四座・蛭子神
【鎮座地】大分県 臼杵市 野津町大字宮原2828番地


2015年9月、野津市の中央公民館北の大鳥居をくぐって、
1574CIMG6174.jpg
みなみからの参道を進んでいったが、こんな道が続き
1574CIMG6175.jpg
道は倒木でふさがれて、途中で断念。
・・・。
今回は東からの参道を選んだ。広い市道の上に参道の橋らしきもの架かってあり、駐車スペースもある。
ここから歩き。
1574CIMG0903.jpg
10分弱で鳥居前。ここにも数台の駐車スペースがある。
1574CIMG0897.jpg
神額
1574CIMG0898.jpg
社殿まえ
1574CIMG0899.jpg
社殿、横から
1574CIMG0901.jpg

1553東谷神社(東谷・臼杵市)

2016.12.17 10:19|大分県臼杵市(旧野津町)
【祭神】伊弉冉尊・大山積命・菅原神四柱・別雷神・神顕仕命
【由緒】明治八年字台・迫の尻・道の上・上畑の菅原神を合併。
【鎮座地】大分県 臼杵市 野津町大字東谷3417番。


谷あいを走る広い市道を左に入り、緩い坂を上って集落に。東西に延びる丘陵の南面に人家が点在しているようだ。この道を左折して真北に延びる細い道をさらに登る。地図では神社まで車で行けそうだが(実際行けそうだった)、頂上付近に車を置いて徒歩に。
林間を300mほどで道の突き当り、右手に鳥居。
1553CIMG0741.jpg
神額
1553CIMG0742.jpg
大権現とあり、東谷の文字はどこにもないが、社殿の姿が
1553CIMG0743.jpg
資料の写真(211)とそっくりなので、ここが東谷神社と思われる。

1552天神社(東谷・臼杵市)

2016.12.17 09:32|大分県臼杵市(旧野津町)
【祭神】菅原神・品陀和気尊
【鎮座地】大分県 臼杵市 野津町大字東谷6699番


県道わきに炭焼き小屋、白い煙。
1552CIMG0740.jpg
出羽(いずるは)に至る道は思ったほど悪くない。
1552CIMG0739.jpg
神社は分教場(廃校となっているようだ)の
1552CIMG0738.jpg
裏手にあった。
1552CIMG0733.jpg
神額
1552CIMG0734.jpg
横から
1552CIMG0735.jpg
校門まえから西方向
1552CIMG0737.jpg

1551須久保神社(白岩・臼杵市)

2016.12.17 08:50|大分県臼杵市(旧野津町)
【祭神】綿見神・菅原神・伊邪那美命
【鎮座地】大分県 臼杵市 野津町大字白岩1810番


県道から須久保の集落へは、狭くて曲がりくねった急坂の道になる。初心者は麓から徒歩を薦めたい、ほどである。
道なりに進んでゆくと集落に入った。神社は集落の西側にあるはずであるが、見つけることが出来ない。ここまで来た以上、から足で帰るわけにはいかない。集落を西へ東、北へ南と歩いて、10分ほど。山上の林の端に人影。急いで坂道を駆け上がって、声をかけ、神社を聞いてみる。すると、この道の先であるという。農家の庭先を進んで、林のなかに入ると社殿が見えてきた。
1551CIMG0724.jpg
鳥居前
1551CIMG0725.jpg
右手の建物は大師堂のようだ。
神額
1551CIMG0726.jpg
社殿
1551CIMG0728.jpg
山林の斜面を鹿が駆け抜け、帰りの山路には鳥が二羽。
1551CIMG0730.jpg
山鳥かキジの雌であろう。テリトリー争いか、人目も気にせず、数分間喧嘩状態であった。

1550雲見神社(清水原・臼杵市)

2016.12.17 07:56|大分県臼杵市(旧野津町)
【祭神】石長比売命・大山祇神・菅原神三柱・志那都比古神
【由緒】昭和十五年六月一日清水原・槌山・□□山の天神社を合併
【鎮座地】大分県 臼杵市 野津町大字清水原265番地


国道10号線沿いに鎮座
1550CIMG0715.jpg
鳥居の神額
1550CIMG0717.jpg
境内に入るとすぐ右手に撫牛。
1550CIMG0719.jpg
横から
1550CIMG0718.jpg
左手には馬が奉納されているので狛犬の代わりかもしれない。
この地域に牛の横臥像は珍しい。
社殿正面
1550CIMG0721.jpg
横から
1550CIMG0722.jpg

1549白山神社(泊・臼杵市)

2016.12.17 07:31|大分県臼杵市(旧野津町)
【祭神】菊理比売神・菅原神・迦具土神
【鎮座地】大分県 臼杵市 野津町大字泊2509番


国道10号を分かれ、北に風連鍾乳洞方面に向かう。
鍾乳洞入口まではそこそこの道であるが、そこから先は、えっ!!こんな道、と思うほど狭く、坂道が続く。後戻りはできない。くねくねと山道を進み、稜線近くのヘアピンカーブ手前を右に入る。こぶし大の落石が路上にボツボツ。肝を冷やしながら進んで、左手に参道らしき小路を見つけた。
1549CIMG0708.jpg
白山神社の道標がたててある。
下から寒風が吹き上げてきてとにかく寒い。
木立の参道に入ると右側に石灰岩の奇岩、一瞬、マダガスカルのトィンギを連想させる。
1549CIMG0714.jpg
すぐに鳥居が見え、その上に社殿
1549CIMG0709.jpg
社殿前
1549CIMG0711.jpg
右手奥に洞窟、一説には風連鍾乳洞に続いているとか。
1549CIMG0712.jpg
横から
1549CIMG0713.jpg
帰りは東側の林道を下り内平に出る。どちらの道も一長一短である。

1334天神社(福良木・臼杵市)

2016.06.15 08:19|大分県臼杵市(旧野津町)
【祭神】菅原大神・外一柱
【鎮座地】臼杵市 野津町大字福良木1033番
【拝路】地番から考えて、ここで間違いないと思われるが確証はない。
県道から田良木の集落に入って、その南端、南側の中腹に鎮座。
1334CIMG8782.jpg
後ろ側からの参拝になった。正面に回って鳥居前
1334CIMG8784.jpg
社殿
1334CIMG8783.jpg
神額はなく、天神社と思われるが決め手はない。

1314下畑神社(西畑・臼杵市)

2016.01.08 14:36|大分県臼杵市(旧野津町)
【祭神】天照皇大神・菅原神・保食神・水分神
【由緒】明治十年1142平川神社境内に合併されたが、明治十九年当社に復帰。
【鎮座地】臼杵市 野津町大字西畑字地蔵平6865番地
【拝路】国道502号から竹脇方面への市道への入り口は極めて狭い。こんなとこ入っていいの、と言う感じだが、ここを過ぎるとそこそこの道になる。
右手に鳥居が見える
1314CIMG7278.jpg
神額
1314CIMG7279.jpg
社殿
1314CIMG7281.jpg


1142平川神社(西畑・臼杵市)

2016.01.08 08:01|大分県臼杵市(旧野津町)
【祭神】気長足姫命・本多和気命・比咩大神・菅原神四柱・大歳神
【由緒】明治四十一年大字秋山字和田の菅原神を合祀。明治二十三年の明細牒(189)では境内社として天神社が記載されている。字倉ノ上・神ノ迫・高屋の菅原神を合祀。
【鎮座地】臼杵市 野津町大字西畑3734番地
【拝路】吉田川沿いの市道を西に向かう。短い橋を過ぎると左手の山の方に向かうと思われる細い道。山手に向かう道はここしかなさそう。・・・。
1142CIMG7213.jpg
社殿
1142CIMG7215.jpg
境内社を探したが見つからない。本社の祭神として祀っていると思われる。