FC2ブログ
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

年表

2013.09.30 08:55|文献
西暦和暦西日本東日本史実
903延喜三年2月25日菅原道真薨去
903延喜三年11谷保天満宮・77成子天満宮
904延喜四年67防府天満宮(山口県)
907延喜七年338福島天満宮(大阪市)
919延喜十九年70太宰府天満宮(福岡県)
938-947天慶年間396天満宮(鎌倉市)
947天暦元年1北野天満宮(京都市)
949207大阪天満宮
1003長保五年89錦天満宮(京都市)清少納言・紫式部
1104長治元年15荏柄天神社(鎌倉市)
1137保延元年215袖が崎神社(東京都)
1160栄歴元年271飛梅天満宮(京都市)
253天満神社(赤木・佐伯市)
1170±30北野神社(本木南・足立区)
1177治承元年241天満神社(成田市)鹿ヶ谷の陰謀
1180治承四年44白幡天満社(市川市)平家追討令
1182寿永元年86千葉天神(千葉市)
1184寿永三年7牛天神北野神社(文京区)宇治川の戦い
1228169西向天神社(新宿区)
1269文永六年381天満神社(日出町)
1355正平十年8湯島天満宮
1394-1428応永年間28天神森天満宮(大阪市)
1401以前応永八年36若林天満宮(世田谷区)
1402応永九年10深志神社(松本市)
1458189浦代浦天満社(佐伯市)
1478文明十年6平河天満宮(千代田区)
1479文明十一年39国府台天満宮(市川市)
1469-87文明年間146桜木天神(文京区)
1491延徳三年258菖蒲池天満宮(宮崎県)
1504永正元年135北野神社(綾瀬・足立区)
1517永正十四年392野方天満宮(福岡市)
1532-1555天文年間294子安天満宮(東京都)フランシスコ・ザビエル
1532天文元年201羽迫神社(津久見市)
1536天文五年139天神社(船橋市)
1573-92天正年間254天満神社(用木・佐伯市)
283北上郡天満神社(大分市)
160新井天神(中野区)
1573天正元年262津留天満宮(大分市)室町幕府滅亡
1579天正七年90火除天満宮(京都市) 365根本天満宮(松戸市)
1588天正十六年121天満宮(津久見市)刀狩令
1596-1614慶長年間378宗行天満社(日出町)
412丸山八幡神社(大分市)
関ヶ原の戦い
江戸幕府
1599慶長四年188竹野浦天満社(佐伯市)
1601慶長六年379青柳天神(日出町)
1602以前慶長七年115福良天満宮(臼杵市)
1606慶長十一年3高台寺天満宮(京都市)
1607慶長十二年119谷川天満宮(津久見市)
1628寛永五年成守天満社(津久見市)
1631寛永八年196下青江神社(津久見市)
1640寛永十七年335天神社(佐伯市)
1643慶安55黒ちゃんの天満社(佐伯市)田畑永代売買禁止令
1646正保三年5亀戸天神社(江東区)
1659万治二年191宮野浦天満社(佐伯市)
1660万治三年398久里浜天神社(横須賀市)伊達騒動
1665寛文五年35菅原神社(世田谷区)
1672寛文十二年123天神社(津久見市)
209一夜天神(京都市)
1974寛文十四年103山田天満宮(名古屋市)
1683334坪浦天神社(佐伯市)八百屋お七事件
1689元禄二年66赤崎の天神(津久見市)
1689以前元禄二年38北野神社(江戸川区)
1694元禄七年42牧之郷天神社(伊豆市)
1699以前元禄十二年22天満神社(日見・津久見市)
1705宝永二年380八日市町天満社(日出町)
1713正徳三年199伊崎の天神社(津久見市)216大鳥神社(東京都)
1721享保六年416仲村天満社(大分市)
1732享保十七年ーーー大飢饉(長雨)
1752宝暦二年20西新町天満社(中央町・大分市)
1753宝暦三年198長目神社(津久見市)
322菅原神社(津久見市)
1767明和四年399北野神社(東京都)
1782天明二年333天神社(佐伯市)印旛沼の開墾
180361天満神社(津久見市)
1805以前文化二年164吉橋八幡宮内(八千代市)
1820以前文政三年171築土神社(千代田区)
1835以前天保六年23天満神社(網代・津久見市)
1835206三先天満宮(大阪市)
1841以前天保十二年65天満神社(江の浦・津久見市)350角間天神社(諏訪市)
1843天保十四年114天満神社(高浜・津久見市)
386須平下神社(佐伯市)
1846弘化三年59天満神社(大元・津久見市)
186天満社(佐伯市)
1849嘉永二年48北野神社(南蒲田・大田区)
1855安政二年415天満社(大分市)
1885205菅原神社(大阪市)内閣制発足
1903明治三十六年165天満宮(上篠崎・江戸川区)菅公一千年祭
1948昭和二十三年134梅島天満宮(足立区)
1974昭和四十九年411竜房天神社(松戸市)
1980昭和五十五年408八ヶ崎天満宮(松戸市)
1988昭和六十三年136信夫山天満宮(福島市)
スポンサーサイト



411竜房天神社(八ヶ崎・松戸市)

2013.09.27 14:10|千葉県松戸市
【祭神】菅原道真
【由緒】「昭和四十九年一月一日に子安神社の境内・天神社を分霊して戴きこの地に御遷座しました」
【行程】大きな団地の一角に鎮座している。
411CIMG1245.jpg
階段を数段上った先に小さな社殿がある。
411CIMG1244.jpg
小さな鳥居なので、手前から参拝。
・・・。
「竜房」とは珍しい。調べてみると松戸第三中学校の校歌が「龍房の四季」とある。龍房とは竜巻の意か。

より大きな地図で 天満宮散策 を表示

410天神社(熊野神社内 松戸市)

2013.09.27 13:50|千葉県松戸市
【祭神】菅原道真
【由緒】文献91には菅原社と記載。昭和16年1月25日の陰刻。
【鎮座地】松戸市中和倉
【行程】何気なく立ち寄った神社に「熊野神社境内の脇神様」の案内板があり、この中に天神社の名前がある。
大震災後復旧された鳥居をくぐる。
410CIMG1243.jpg
案内によれば脇神様を祀った社殿が、境内右手にあったが、焼失?してしまったようである。それらの神々は現在、野ざらしで右手に置かれている。
610CIMG1238.jpg
その中に天満宮と銘記された石祠も置かれている。
410CIMG1239.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

409安房須神社(新作・松戸市)

2013.09.27 13:20|千葉県松戸市
【祭神】少彦名命・猿田彦命・菅原道真命
【由緒】創建時は少彦名命が祭神であったが、明治四十一年に猿田彦命・菅原道真二柱を合祀(91)。
【鎮座地】松戸市新作591
【行程】新京成の常盤台改札前のそば屋で昼食。気さくなおばさん二人で切り盛りしている。味は、美味しかった、です。そば屋であったが、定食にした。昼はご飯と決めている。パンを食べれば自給率は上がらない。
409CIMG1229.jpg
みのり台を、歩き始めたが、松戸新田からにすればよかった。
明治神社前を右に曲がる。この先の直線道路はきつい。心臓に鈍痛を感じる。
・・・・。
なんとか神社前に。
409CIMG1230.jpg
鳥居をくぐると、左手に力石が四個、正面に社殿がある。
409CIMG1234.jpg
参拝して、しばし休憩。
裏手に、京都嵯峨野を思わせるような竹林がある。
409CIMG1236.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

408八ヶ崎天満宮(松戸市)

2013.09.27 11:35|千葉県松戸市
【祭神】菅原道真
【由来】「当八ヶ崎天満宮の御祭神は菅原道真公であります。昭和五十五年十月二十五日、湯島神社の御神霊を御分霊して頂きこの地八ヶ崎に御遷座ましましたので有ります。爾来住民の尊崇厚く、年々の御祭事を??????に児童の御守神として健全なる各行事を行なって参りました。此処に?か由来を記し後世に伝えんとするものです。湯島なる宮居の御霊天駈けて鎮もりませり八ヶ崎の地に」境内の石碑より
【行程】八ヶ崎(はちがさき)。創建の由来からも想像できるが、新興住宅地の中にある。
408CIMG1219.jpg
梅の木並木の参道が迎えてくれる。
408CIMG1222.jpg
突き当りの階段の上に社殿がありました。
408CIMG1223.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

407天神社(佐野八坂神社内 松戸市)

2013.09.27 11:15|千葉県松戸市
【祭神】菅原道真 と思われる
【所在地】松戸市金ケ作163付近
【行程】市道脇から鳥居が見える。
407CIMG1217.jpg
境内に入り社殿の左側に石祠が二つ。
407CIMG1214.jpg
左側の石祠に天神社と彫られています。
407CIMG1215.jpg



より大きな地図で 天満宮散策 を表示

406逆井天満宮(柏市)

2013.09.27 10:00|千葉県柏市(旧柏市)
【祭神】菅原道真命
【鎮座地】柏市逆井字戸崎511。509付近
【行程】東武野田線の逆井駅を下車する。ウォーク設定を解除していたらしい。ひどく大回りをさせられてしまった。が、実りの秋を見つけ、
406CIMG1206.jpg
大震災の爪痕か。なんともやりきれないがどうすることもできない。
406CIMG1207.jpg
この先を右に曲がり、その先の信号の奥辺りがゴールとなっている。左手に観音寺とあるので、こちらに入り散策してみる。ゴールはこの裏手を指しているが、ここからは裏手に出る道はなさそうである。
引き返して先ほどの信号にもどり細い道に入ると、すぐ右手に鳥居が見えてきた。
CIMG1208.jpg
ここが逆井天満宮でした。
406CIMG1209.jpg

より大きな地図で 天満宮散策 を表示

405天神宮(大宮神社内 大井戸町・千葉市)

2013.09.21 12:10|千葉県千葉市若葉区
【祭神】菅原道真 と思われる
【由緒】千葉郡誌に記載されている天神社と思われる
【行程】千葉県下でよく見られる谷津と里山、里山の一角の社叢。
405CIMG1205.jpg
大井戸は台地のベロが北方向にのびた先端あたりになり、神社は集落の西端あたり、この辺が集落の鬼門かもしれない、に勤座しているみたいである。
405CIMG1199.jpg
本殿の右側の小さな祠、中に天神宮と彫られた木の札?をおいている、これが天神社と思われる
405CIMG1201.jpg
【キーワード】公民館・野菜

より大きな地図で 天満宮散策 を表示

404大宮神社(金親町・千葉市)

2013.09.21 11:50|千葉県千葉市若葉区
【祭神】天鈿女命・菅原道真公・猿田彦命
【由来】千葉県神社名鑑では祭神となっているが、境内社としても存在するようである。二柱祀られているのか?
【所在地】千葉市若葉区金親町28。金親町=カネオヤチョウ。「かのをや」が元意らしい。
【行程】御成街道を見ると徳川家康の力がいかに巨大であったかよくわかる。また、この街道沿いには写真のような門構え(長屋門?)の家がよく見られる。神社はこの右手の林の中にある。
407CIMG1198.jpg
参道は街道側でなく、林の中の小道からになり、社殿を見上げる形になる。
404CIMG1190.jpg
境内に入ると右側に小祠があり、後ろからはこんな感じだが、
404CIMG1195.jpg
扁額に天神社が併記されている。
404CIMG1193.jpg
【キーワード】昼寝

より大きな地図で 天満宮散策 を表示

403八幡神社(大草町・千葉市)

2013.09.21 11:30|千葉県千葉市若葉区
【祭神】誉田別命・名鳴雉・菅原道真公
【由緒】明治四十三年四月二十八日雉子の天神社を合祀。
【鎮座地】千葉県 千葉市 若葉区大草町506番
国道125の大草の交差点を左折して県道53号に入ると、すぐに緩い坂道になり右カーブ続いて左カーブとなる。その手前を、左手の住宅地に入り邪魔にならない所に駐車。
道の向こう側が社叢と思われ、車止めを置いている道が奥の方に続いている。
この道に入ると、すぐに開けた空間となり、右手に建物がある。これが大草町自治会館かもしれない。
正面は林になり、縦間に鳥居と社殿は見えてきた。
403CIMG1182.jpg
左手方面に参道らしき小道があり、境内は鬱蒼とした感がある。千葉県神社名鑑では祭神として祀られている。
403CIMG1183.jpg
境内には天神社と思われる小祠が、社殿右手のここと(硯が積んである)、
403CIMG1185.jpg
社殿の真後のこちらにある(中に衣冠束帯の像らしきものがおかれている)
403CIMG1187.jpg
【キーワード】文化センター

より大きな地図で 天満宮散策 を表示