FC2ブログ
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

437天神宮(白髭神社内 松戸市)

2013.11.29 13:25|千葉県松戸市
【祭神】菅原道真
【由緒】後日わかったことであるが、本社の南に八柱霊園という大きな霊園がある。ここは元、天神山といわれ、小さな祠に天神を祀っていた。昭和五年頃の霊園の造成のおり、この祠を本社に移したという。文献91には小山台延享の菅原社と記載されている。延享二年正月二五の陰刻。
【鎮座地】松戸市日暮日暮5-226 白髭神社境内


八柱駅に近いので立ち寄ってみた。
437CIMG1487.jpg
社殿の左手にたくさんの石祠などを祀っている。
437CIMG1486.jpg
左から順番に見て行くと、中央付近に天神宮を見つけました。相当風化しているが、上部に梅鉢紋(星梅鉢かも)の痕跡も見て取れます。
437CIMG1483.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示
スポンサーサイト



436菅原神社(熊野神社内 松戸市)

2013.11.29 13:00|千葉県松戸市
【祭神】菅原道真 と思われる
【由緒】千葉県神社名鑑に、境内社として菅原神社の記載がある。ただお参りしてみると、菅原神社は見当たらず、天満宮と銘記された石祠が。これが菅原神社に相当するのかもしれない。
【鎮座地】松戸市河原塚335
【行程】神に、若くして亡くなった魂の鎮魂を祈る道程になってしまった。路傍の菊を添えてあげよう。
436CIMG1481.jpg
・・・
・・・
区画整理の名のもとに、貧相な社叢になってしまった。いずれ消滅してしまう。
435CIMG1480.jpg
境内の左手に石祠が納められている。
436CIMG1474.jpg
その中に天満宮が祀られている。梅鉢紋もしっかり確認できる。
436CIMG1476.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

435天満社(多々良・南房総市)

2013.11.13 14:35|千葉県南房総・館山市
【祭神】菅原道真
【由緒】安房郡誌神社一覧表の富浦村多田良の天神社が本社と思われる。
【所在地】千葉県南房総市富浦町多田良446番
【行程】国道から住宅地に入りまっすぐ100m程走りその右側に見える。
435CIMG1454.jpg
手水舎のそばには梅の木も植えられている。
帰りは館山湾の夕日に一礼し帰途に。
435CIMG1458.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

434天満神社(沼・館山市)

2013.11.13 13:45|千葉県南房総・館山市
【祭神】菅原道真命
【由緒】嘉保(かほう)二年(1095)源親元の創立と言う(千葉県神社名鑑)
源親元;1038-1105 平安時代中期-後期の官吏。長暦(ちょうりゃく)2年生まれ。検非違使(けびいし)の任にあるとき,刑罰をゆるめ陰徳をつむ。嘉保(かほう)3年(1096)安房守(あわのかみ)となり,任国に仏堂をたてて民に念仏をすすめた。園城寺で出家。往生人としてつたえられる。長治(ちょうじ)2年11月7日死去。68歳。
【行程】館山駅でレンタサイクル。ここの自転車はすべて電動であるが、割と安い。
10分ほどで社頭の標石が見えてきた。参道の先に鳥居と社叢が見える。
434CIMG1453.jpg
ゆるやかな坂道の参道の先に鳥居があり、
434CIMG1444.jpg
階段を登ると境内に着く。ここも周囲の岩を削って境内を確保している。
434CIMG1452.jpg
右手に撫で牛。
434CIMG1447.jpg
納めている位置がちょっと高く、撫で牛になっていないのが気になる。
434CIMG1448.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

433天満神社(水岡・館山市)

2013.11.13 11:50|千葉県南房総・館山市
【祭神】菅原道真
【由緒】安房郡誌の神社リストの九重村水岡と記載されて天満神社がここに相当すると思われる。明治以前からここに鎮座していたと考えられる。江戸時代には南片岡村・北片岡村・清水村の3か村に分かれており、明治8年の合併のとき各村名の一字をとって水岡の地名ができた。九重という地名は、明治22年に九重村ができた時に、この9つの地区(宝貝、水岡、安東、二子、薗、水玉、大井、竹原、江田)が一緒になってできたという意味を持っているようだ。
【行程】内房線九重駅は、田舎の無人駅にしては瀟洒である。カードのタッチバネルのポールまで用意されている。
433CIMG1443.jpg
駅前には国道187号が東西に走っている。国道を西に向かって歩いてゆく。初めは側道に割とゆったり歩ける幅があったが、20分ほど歩くと、とうとう車道を歩かざるを得ないような状況になってきた。目指すは左手の小高い山の方向になる。
433CIMG1434.jpg
車の数が少ないのでなんとか、安全な市道までたどり着けた。帰りは遠回りでも市道を歩くことにした。国道を離れると、小春日和の山里と言う感じで、南国情緒の香りもする。10分ほどで右に迂回する道の左手に神社が見えてきた。
433CIMG1435.jpg
この辺の岩は柔らかいのか、右手の崖を削って社殿を納めている。
433CIMG1437.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

432下立松原神社(白浜・南房総市)

2013.11.13 09:45|千葉県南房総・館山市
【祭神】天日鷲命・天太玉命・天富命・伊弉諾命・伊弉册命・阿八別彦命・須佐之男命・住吉大神・高倉彦命・大麻産靈命・高雷命・闇雷命・高皇産靈神・神皇産靈神・倭健命・柿本人丸・高靇命・闇靇命・天忍日命・天照皇大神・磯根御気姫命・衣通比売命・木花開耶姫命・金山彦命・菅原道真
上記はウィキペディアによる祭神である。千葉県神社名鑑では、他14柱とあり、この中に含まれている可能性もあるが確認は出来ていない。
【鎮座地】千葉県 南房総市 白浜町滝口1728


当日は雲一つなく、内房線の上総湊を過ぎたあたりから、東京湾の向こうに富士山がよく見えた。
432CIMG1415.jpg
JR千葉から約一時間五十分で館山に着いた。駅前でバスの時間を確認。
432CIMG1417.jpg
バスは定刻どおり9時に出発した。乗客は数人。
432CIMG1419.jpg
30分で白浜中学校前、下車し歩きになる。
もう少し見通しが良いと思ったが道の両サイドは灌木や竹が密生しているので寂しい小道、通る人もいない。風もなく、天気がいいので、歩きには快適である。十分くらいで鳥居の前に着いた。
432CIMG1420.jpg
階段のぼり、さらに小さな階段、さらにフラットな参道を50ほど進み、さらに階段を登ると社殿の前に出る。右手奥にサラシナショウマ?が数輪。
432CIMG1429.jpg
右手の社殿は天神社とあるがここの祭神は菅原道真ではない。隣町の千倉にも祭神が菅原道真でない天神社があるらしいので、この地域はそのような傾向があるのかもしれない。



より大きな地図で 天満宮散策 を表示