FC2ブログ
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

561日枝神社(上丸子山王町・川崎市)

2014.06.26 14:15|神奈川県川崎市
【祭神】大己貴神 ( おおなむちのかみ )・ 家都御子神 ( けつみこのかみ )・ 建御名方神 ( たけみなかたのかみ )・ 応神天皇 ( おうじんてんのう )・ 天照大御神 ( あまてらすおおみかみ )・ 菅原道真 ( すがわらみちざね )・ 日本武尊 ( やまとたけるのみこと )
【由緒】大正七年には村内(上丸子、下丸子、今井村)の天神社・八幡社・大六天社・熊野社・神明社・諏訪社・杉山社を本社に合祀。
【鎮座地】神奈川県川崎市中原区上丸子山王町1ー1555
【ホームページ】http://home.n06.itscom.net/hiejinja/#
【行程】東横線新丸子駅下車。上丸子小学校の脇を通り、新幹線のガードをくぐって左折。神社の横参道からの参拝になってしまった。
561CIMG2650.jpg
正面から。
561CIMG2654.jpg
本社の北約1キロに上丸子天神町という地名がある。
合祀された天神社との関連があるかもしれない。

より大きな地図で 天満宮散策 を表示
スポンサーサイト



560住吉神社(木月・川崎市)

2014.06.26 13:45|神奈川県川崎市
【祭神】大己貴命 ( おおなむちのみこと ) ・天照皇大御神 ( あまてらすすめおおみかみ )・ 天津児屋根命 ( あまつこやねのみこと )・ 誉田別命 ( ほむだわけのみこと )・ 大国主命 ( おおくにぬしのみこと )・ 須佐之男命 ( すさのおのみこと )・ 菅原道真 ( すがわらみちざね )・ 菊理姫命 ( くくりひめのみこと )・ 倉稲魂命 ( うかのみたまのみこと )・ 建御名方命 ( たけみなかたのみこと )
【由緒】明治四十二年、中ノ町八一三鎮座の天満神社など近隣の十の神社を、当時の矢倉神社に合祀し、名称を住吉神社に改称した。住吉は当時の村名であるらしい。中ノ町とはここより西約一キロの井田中ノ町と思われる。
【鎮座地】神奈川県川崎市中原区木月1-20-1
【行程】東横線元住吉駅の改札を出ると道路の向かい側に参道の案内がある。
560CIMG2646.jpg
数分で社頭に。
参拝者や境内で休んでいる方がおられるのでこんな角度になりました。
560CIMG2647.jpg
絵馬のモデルは道真公と思われる。
560CIMG2649.jpg
紋章は省略型の梅鉢紋。

より大きな地図で 天満宮散策 を表示

559諏訪神社(箕輪町・横浜市)

2014.06.26 12:30|神奈川県横浜市
【祭神】武御名方命 ( たけみなかたのみこと ) ・天照大神 ( あまてらすおおみかみ )・ 大己貴命 ( おおなむちのみこと )・ 少彦名命 ( すくなひこなのみこと )・ 倉稲魂命 ( うかのみたまのみこと )・ 国常立命 ( くにとこたちのみこと )・ 菅原天神 ( すがわらてんじん )・ 猿田彦命 ( さるたひこのみこと )・ 市杵島姫命 ( いちきしまひめのみこと )
【由来】大正三年十月八日、部落内に鎮座していた天神社を御嶽社、稲荷社、神明社、厳島神社、道祖神と共に本社に合併した。
【鎮座地】神奈川県横浜市港北区箕輪町3-8-9
【行程】東横線日吉駅下車。この駅は確か二度目である。人多く、改札を出て右手の慶応の日吉キャンパスがいやでも目に入る。創設者福沢諭吉の志とこの風景は、なんとなくミスマッチのような気がするのだが。
だらだら坂を下り、右手ガードをくぐる。ここまで来ると喧騒はほとんどない。諏訪神社はその先に。
559CIMG2636.jpg
帰途、道際に柿の木。
559CIMG2641.jpg
と、?の花。
559CIMG2642.jpg
日吉駅前でそばを食らうつもりで入ったそば屋で。かつ丼になってしまった。
559CIMG2644.jpg
隣の外人さんがかつ丼を食していたのでついつい。この店は外人さんが多い。

より大きな地図で 天満宮散策 を表示

558八幡神社(大曽根・横浜市)

2014.06.26 11:50|神奈川県横浜市
【祭神】應神天皇 ( おうじんてんのう ) ・大國魂命 ( おおくにたまのみこと ) ・菅原道眞公 ( すがわらのみちざねこう )
【由緒】無格社であった天満社を村社格の八幡神社に、昭和32年合祀。
【鎮座地】神奈川県横浜市港北区大曽根台9-1
【行程】557太尾神社を大倉山駅方向に戻り、途中を左折して大倉山公園を経由する。
558CIMG2631.jpg
踊り場の一角に菅公千年祭の碑が建っている。
558CIMG2632.jpg
境内の夏草と左手奥の枯れた松、無惨。
558CIMG2633.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

557太尾神社(太尾町・横浜市)

2014.06.26 11:20|神奈川県横浜市
【祭神】天照皇大神 ( あまてらすすめおおみかみ )・ 国常立尊 ( くにのとこたちのみこと )・ 伊邪那岐命 ( いざなぎのみこと )・ 伊邪那美命 ( いざなみのみこと )・ 応神天皇 ( おうじんてんのう )・ 日本武尊 ( やまとたけるのみこと )・ 菅原道真命 ( すがわらみちざねのみこと )
【鎮座地】神奈川県横浜市港北区太尾町2-16-1
【由緒】旧太尾町は土地細長く、各集落毎に氏神を祀り、そのため村社一社、無格社五社存在し、祭典参拝その他不便の事多く、昭和33年6月9日無格社天満社、同八幡神社、同杉山神社、同神明社、同熊野神社を村社神明社に合併し、無格社杉山神社跡地に移転、太尾神社と社号を改め全町の鎮守とした。
【行程】横浜線菊名から東横線菊名に乗り換え、大倉山下車。駅前の市道を北西方面に進む。歩道は狭く、時に車道の路側帯を歩く。車多く注意しながら進む。やがて太尾神社と刻まれた標柱が見えてきました。
557CIMG2621.jpg
拝殿は小さなお堂と言った感じですが、後ろに、傾斜に沿って渡殿・社殿が続いています。
557CIMG2624.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

556潮田神社(横浜市)

2014.06.26 09:30|神奈川県横浜市
【祭神】国常立尊 ( くにのとこたちのみこと ) ・五十猛命 ( いたけるのみこと )・ 素盞嗚命 ( すさのおのみこと )・ 豊受比売命 ( とようけひめのみこと )・ 市寸島比売命 ( いちきしまひめのみこと )・ 岐久理比売命 ( くくりひめのみこと ) 誉田別命 ( ほむだわけのみこと )・ 菅原道真 ( すがわらみちざね )
【由緒】 向原に鎮座の菅原社(菅原道真公)を明治期に合祀。
【鎮座地】横浜市鶴見区潮田町3ー131ー3
【行程】京急鶴見駅下車。この記事は後から思い出しながら書いているのだが、ここの行程は記憶の欠落というか、地図に航跡をなぞることが出来ない。写真をもっと撮っておくべきだった。
鶴見川を渡らないとたどり着けないのに、どうしても鶴見川を渡った記憶がない。鶴見川を右に見て歩いた記憶しかない。
556CIMG2613.jpg
はるか向こうに社叢らしき木立が見え、結果的に境内へは右手から入る形になってしまった。
556CIMG2616.jpg
境内も広く、社殿も立派である。
拝殿前から鳥居方面。
556CIMG2617.jpg
トンボの絵馬はユニーク。
556CIMG2618.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

555天満宮(八幡神社内 中島・川崎市)

2014.06.26 08:25|神奈川県川崎市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】神奈川県川崎市川崎区中島2ー15ー1
【行程】川崎市は公害の町で汚いというイメージであったが、通りは綺麗で特にトリミングされた街路樹が印象に残る。
555CIMG2602.jpg
なにげなく入ったエクセルシオールはフロアーが広くて気持ちがいい。
555CIMG2600.jpg
競馬場かと思ったがBankバンク競輪場でした。警備員のおじさんも親切でした。
555CIMG2603.jpg
ゆっくり30分ほどで八幡神社へ。
555CIMG2604.jpg
天神様は境内の右手に、専用の鳥居の向こうに鎮座。
555CIMG2608.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

554駒形天満宮(西寺尾・横浜市)

2014.06.10 15:55|神奈川県横浜市
【祭神】菅原道真
【由緒】房州千葉県の豪族里見義高の随臣平田一族の氏神として享保十年(1729)に建てた天神社に、駒形在の住民により元文五年(1741)に創立された駒形社を昭和十二年八月合祀し駒形天満宮と改める。(境内案内板を一部修正)
新編武蔵風土記稿に「神体は画像にて、六寸許、その裏に享保14年と記せり、昔此所に勧請せし年歴は更に伝へず」とある。昭和47年9月社殿、舞殿、社務所の増改築工事を完成した。 (神奈川県神社庁より)
【鎮座地】神奈川県横浜市神奈川区西寺尾4-28-2
【行程】横浜線大口駅より。東口を出て、左。しばらく進むと小さな橋を渡り左、川沿いに進む。高架をくぐり(後で調べても何線か不明)、その先を右折。単調な住宅地の道を進む。相当歩いて突き当りを右。緩やかに下ってやや上り、道が少し狭くなったあたりに旧に左が開け石標。
554CIMG2591.jpg
いつも階段の数を数えるのだが、いつのまにかきれいに忘れてしまっている。
554CIMG2594.jpg
扁額は菅原社となっている。
554CIMG2597.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

553天満宮(久保町・横浜市)

2014.06.10 14:40|神奈川県横浜市
【祭神】菅原道真 ( すがわらみちざね ) ・蒼稲魂之命 ( うかのみたまのみこと )
【由緒】「当天満宮は旧稱梅の院天満宮と稱せられ、武州橘樹郡神奈川宿台町に鎌倉時代に創設せられる。当時東海道を旅する武士町人の崇敬する者多くを教え、江戸名所図絵にも小社なれども有名なりと描かれる。尚御神像は仏師雲慶作と伝えられ、当時町の有志によりて年番制にて毎年御祭事も賑々敷く行はれいたるも、明治二十二年、土地改正の為先代松島宮司が、現在地に御遷座申し上げ、毎月神楽を奉納し月次祭怠る事なく賑々敷く御奉仕せられ、一寒村だった町も追々と賑合を呈するに至り、今日の繁栄の基いともなり、以て今日に至る」(神奈川県神社庁より)
江戸名所図絵の挿絵に描かれた天神。参道の登り口に「神奈川䑓町」の字が見られる。
553tenjin.jpg
【鎮座地】神奈川県横浜市西区久保町34ー12
【行程】途中、日ノ出町で下車。未だストリップも健在らしい。ストリップと言えば、湯河原温泉のストリップ小屋はどうなったのだろうか。四十年ほど前の事であるが。甥との貴重な思い出の場所である。
553CIMG2586.jpg
用をすまして、横浜駅へ。
・・・
さて西横浜は?。さんざん探したあげく、JRの職員に聞くと相模線だという。
・・・
西横浜駅は殺風景な駅である。
高架の通路を南に出て、強い日差しを避けながら、日陰を拠って歩く。
住宅地に入り、こんな所に神社があるのかと思いながら進むと右手に鳥居が見えてきた。
553CIMG2587.jpg
粗末に扱われているんじゃないかと、心配になる社殿と境内である。
553CIMG2588.jpg


より大きな地図で 天満宮散策 を表示

552杉山神社(南太田・横浜市)

2014.06.10 11:40|神奈川県横浜市
【祭神】日本武尊 ( やまとたけるのみこと ) ・天照皇大神 ( あまてらすすめおおみかみ )・ 大物主神 ( おおものぬしのかみ )・ 崇徳天皇 ( すとくてんのう )・ 豊受比売神 ( とようけひめのかみ )・ 菅原道真 ( すがわらみちざね ) ・大山咋神 ( おおやまくいのかみ )・ 木花咲耶姫命 ( このはなさくやひめのみこと )・ 天照皇大神 ( あまてらすすめおおみかみ )・ 稲倉魂命 ( うかのみたまのみこと )・ 宇気母智命 ( うけもちのみこと )
【鎮座地】 神奈川県横浜市南区南太田2-7-29
【ホームページ】http://www.y-suitengu.or.jp/
【行程】横浜商業高校はY校で通るらしい。「Y校前」の交差点を左に見て、
552CIMG2579.jpg
しばらく歩くと水天宮と書かれた石標が見える。本社は水天宮の色彩が強いようだ。幼子を抱いた夫婦が見られる
552CIMG2584.jpg
石段を登って社殿の前。
<アップロード不調のため画像保留>

より大きな地図で 天満宮散策 を表示