FC2ブログ
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

817天満大神碑(熊野神社内 飯重・佐倉市)

2015.02.27 11:50|千葉県佐倉市
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】佐倉市飯重 熊野神社内
【拝路】816大宮神社からの帰途、通り道なので立ち寄って見る。大宮神社から一旦山下に下り、左折して、ふたたび岡の上を目指す。100mほど緩い坂を登り左に。旅ナビでは農村共同館の東あたりに熊野神社とある。一帯は神社と言うよりお寺の境内と言う雰囲気だが、東の奥の方に進んで行くと、左手の石碑に天満という文字が見えるような。
817CIMG4787.jpg
進んで石碑をよく見ると大正二年三月建立、天満大神・八幡大神・晴龍大神と陰刻されている。
817CIMG4788.jpg
突き当りの小さな社殿が熊野神社のようである。
817CIMG4789.jpg
石碑の前だけ小さな参道が用意されているのがわかる。
スポンサーサイト

816大宮神社(飯重・佐倉市)

2015.02.27 11:35|千葉県佐倉市
【祭神】天鈿女命(アメノウズメ)・曾我五郎霊・(菅原道真)・事代主命・雅比女命
【由緒】字兎内鎮座の五郎神社を明治43年9月合祀。五郎→御霊→菅原道真と連想しているようだ。文献93で天神社のカテゴリーに入っているので参拝に出かける。
【鎮座地】千葉県佐倉市飯重941。飯重=イイジュウ。
【拝路】京成臼井駅下車。染井野方面のバスに乗り、吉見台公園下車。新しく作られたと思われる市道をほぼ真東に向かう。途中、住吉神社が見えたのでちょっと立ち寄ってお参りし、ここには後日再訪することになるのだが、さらに東に向かう。200mほどで岡沿いを北に向かう狭い道に入る。200mほど進むと左手に社号標と参道が。
816CIMG4776.jpg
尾根伝いの参道を登って
816CIMG4777.jpg
ピークを越すと鳥居が見えてきた。
816CIMG4778.jpg
社殿
816CIMG4780.jpg
村誌に曰く「・・鹿島川を隔てて佐倉城に対し鹿島川の白帆と汽車の黒煙は常に来往して風景頗る佳なり」
この一帯は飯重城址でもあるようだ。

815菅原神社(須賀神社 野田・野田市)

2015.02.25 16:20|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真
【由緒】野田町誌(141)に記載されているので、境内社あるいは祭神として祀られていると思われる。文献142では明治六年再建との記載が見える。町誌の記載は引用のようで、確認はなされていないようである。
【鎮座地】野田市野田31
【拝路】だいぶ日が西に傾いてきた。
815CIMG4769.jpg
一応、境内を丹念に見て回ったつもりだが、菅原神社に会えなかった。
帰途に。
815CIMG4773.jpg
キッコーマンの工場近くのようだが、醤油臭くない。街路灯の蒸気機関車とサイロ。

814菅原神社(香取神社 上花輪・野田市)

2015.02.25 16:15|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真
【由緒】東葛飾郡誌に境内社の記載がある。
【鎮座地】野田市上花輪630
【拝路】郡誌・町誌に記載があるので、祀られていることは間違いないと思われるのだが、生来の探し物下手ゆえか見つけることが出来なかった。
社頭
814CIMG4911.jpg
社殿。祭神として祭られているのか。
814CIMG4768.jpg
右手に三棟の末社。ここのいずれかに合祀されているのか
814CIMG4910.jpg

813菅原神社(中野台・野田市)

2015.02.25 16:05|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真公
【由来】天文六年(1537)の板碑が出土しているという。この頃の創立か。
【鎮座地】野田市中野台454番の1
【拝路】812八幡神社の近くに「堤台八幡神社入口」のバス停があり、豆バスの北・新北コースになっているのだが、午後には利用できる本数が極めて少ない。仕方ないので、徒歩でナビに従って南下し、中野台の交差点を県道19号に入る。車が多く、一部歩道がほとんどない所がある。30分ほどで右手に神社が見えてきた。
813CIMG4764.jpg
左方向から
813CIMG4766.jpg

812菅原神社(八幡大神内 清水宮前・野田市)

2015.02.25 15:35|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真
【由緒】文献142に記載無い。文献151に「天満宮=石塔 明治廿年(1887)二月吉日 崩壊せる稲荷大明神と合祀さる」とある。
【鎮座地】野田市堤台515 八幡神社内
【拝路】愛宕神社から20分ほどで社頭へ。
812CIMG4761.jpg
境内を探すもなかなか見つからない。
小休止で、拝殿前の石段に腰を掛け水分補給。
何気なく右手を見る。
812CIMG4763.jpg
シャッター付の社は初めてだ。一か所手掛けのところが開いているので中を。暗くて良くわからないがこの中に祀られていそうである。

811菅原神社(愛宕神社内・野田市)

2015.02.25 14:55|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真
【由緒】寛文二年(1662)正月28日創立
【陰座地】野田市野田725 愛宕神社内
【拝路】愛宕駅下車。徒歩で5分程度。
811CIMG4759.jpg
二度三度境内を回ってやっと見つけました。境内右手後方、物置の片隅に隠れて社がありました。
811CIMG4882.jpg
中央の扁額に天満宮とありました。
811CIMG4883.jpg

810菅原神社(吉春・野田市)

2015.02.25 14:10|千葉県野田市(旧野田市)
【祭神】菅原道真公
【由緒】延宝三年(1675)創建。昭和二十六年再建。組頭堀越金右衛門の勧請。
【鎮座地】野田市吉春870番
【拝路】昼時を越してしまって、エイヤッとカレー屋に入ったら本場のカレーでした。
810CIMG4749.jpg
人生三度目のインドカレーでした。二度目は今年一月に食べました。ラッシーを覚えたばかりでした。
朝日バスで川間に戻り電車で七光台下車。
東口は閑散として、痴漢注意の看板が数か所。
810CIMG4758.jpg
田舎道を歩いて20分ほどで神社前。
810CIMG4752.jpg
紋章は梅鉢紋
810CIMG4753.jpg
左横から
810CIMG4754.jpg

809天満宮(木間ヶ瀬・野田市)

2015.02.25 12:05|千葉県野田市(旧関宿町)
【祭神】菅原道真公
【由緒】岩本家中興の祖、木間ヶ瀬村松ノ井城主岩本山城守源祐治の守護神として元文元年(1736年)創建された。寛文三年(1663)社殿を造営して松ノ木耕地の鎮守となる。
【鎮座地】野田市木間ヶ瀬3506番
【拝路】豆バスで木間ヶ瀬小学校前下車。五分ほどで神社前。
809CIMG4740.jpg
鳥居をくぐって左手正面に社殿。
809CIMG4743.jpg
扁額に「正一位天神宮」とある。宣旨に「正一位」とあるようだ。
809CIMG4742.jpg
横から
809CIMG4744.jpg
鬼瓦の紋章
809CIMG4745.jpg
804菅原神社の紋章によく似ている。

808天満宮(香取神社内 関宿江戸町・野田市)

2015.02.25 09:35|千葉県野田市(旧関宿町)
【祭神】菅原道真 と思われる
【鎮座地】野田市関宿江戸町25番地の1 香取神社内
【鎮座地】田んぼのあぜ道にも春のきざし。ホトケノザの群落。
808CIMG4733.jpg
この辺は旧関宿城の城内であったらしい。
東の利根川から西の江戸川方面に向かい、香取神社前へ。
808CIMG4736.jpg
境内の左手に石祠群。
808CIMG4738.jpg
西端の石祠に天満宮とある。
808CIMG4737.jpg
年号が刻まれているようだが・・・。
808CIMG4739.jpg