FC2ブログ
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1140天神社(若宮八幡宮内 荏隈・大分市)

2015.12.25 11:35|大分県大分市稙田地区
【祭神】菅原神二柱
【由緒】○楠天神社 文安三丙寅年(1446年)正月二十五日町田家鎮守として山城国北野天神社の御分霊を勧請し上村字楠に鎮坐す境内楠木大木あり人呼びて神木と伝りと蓋し字楠の名称も之より出でしならんか○若杉天神社 若杉家鎮守として上村字天神に鎮座 両社明治十六年合社の御布令により本社境内に奉る(187より)
【鎮座地】大分市 大字荏隈(えのくま)
【拝路】資料187に二社。右上と左下
1140meisyou.jpg
現在の宮地は昔の面影なし
1140CIMG7195.jpg
狭い境内に石祠がいくつか祀られている。天神社と思われる石祠が社殿の左側
1140CIMG7197.jpg
中に道真公と思われる座像あり
側面に文久二年(1862年)四月二十五日の陰刻が読み取れる。
スポンサーサイト



1139二宮賀来社(賀来神社内 賀来・大分市)

2015.12.25 11:13|大分県大分市稙田地区
【祭神】武内宿祢命・菅原神
【由緒】字大坪鎮座の菅原神を明治十七年二月合併
【鎮座地】大分市 大字賀来58
【拝路】本社の所在地が長いこと分からなかった。が、上田延成の名勝図録(187)に見つけた。
1139meisyo.jpg
賀来神社の参道左に二宮賀来社とある。
従って常識的には賀来神社に合祀される可能性が高く、訪れてみる。
鳥居前
1139CIMG7194.jpg
楼門をくぐって、すぐ右手奥に小さな建物。社殿前に進んで鈴尾の、何と呼べばいいのかわからないが、ここに二宮様とある。
1139CIMG7191.jpg
これが、恐らく二宮賀来社であろう。
1139CIMG7192.jpg
横から。
1139CIMG7193.jpg
梅の木が配されている。

1138天満雲見社(平横瀬・大分市)

2015.12.25 10:53|大分県大分市稙田地区
【祭神】菅原神・岩長昆売命
【鎮座地】大分市 大字平横瀬478
【拝路】県道脇に鎮座
1138CIMG7184.jpg
神額、天満雲見社とある
1138CIMG7185.jpg
向拝に紋章
1138CIMG7188.jpg
梅花紋かと思ったが、豊後梅鉢紋であろう。

1137皇産霊神社(北方・由布市)

2015.12.25 10:32|大分県由布市挟間町
【祭神】天御中主神・神産霊神・高産霊神・菅原道真神
【由緒】境内の天神社を本社の祭神として祀ったもののようである
【鎮座地】由布市 挾間町北方592番地
【拝路】国道210号から県道51号に入る。500mほど進んで市道に。西方向に進ん行くと神社の案内。本社は通称、妙見宮と呼ばれている。西側の参道から境内へ。
1137CIMG7180.jpg
資料には(187)境内に天神社が見える。
1137zuroku.jpg
境内を探したが見つからない。
正面から
1137CIMG7181.jpg
神額は妙見宮となっている
1137CIMG7182.jpg
正面の参道
1137CIMG7183.jpg

1136天満社(日吉社内 鬼崎・由布市)

2015.12.25 10:11|大分県由布市挟間町
【祭神】菅原神
【由緒】神像台座に天保十三年(1842年)云々の墨書があるらしい。
【鎮座地】由布市 挾間町鬼崎1085番地 日吉社内
【拝路】本社の右手に社あり
1136CIMG7177.jpg
説明書きがないので断定出来ないがこれが天満社と思われる
資料(187)の絵とおおむね一致する
1136-1zuroku.jpg

1135日吉社(鬼崎・由布市)

2015.12.25 10:08|大分県由布市挟間町
【祭神】大山咋命・市杵島姫命・大国主命・軻遇槌命・景清霊・大年命・菅原神・(大物主命・後白河法皇・稚魂命・天児屋根命)
【由緒】肥後国誌(1706年)に山王七社権現とあるようだ。最初の七柱が祀られ、その後、たぶん明治44年以降()内の祭神が合併されたと思われる。現在地は元神幸所で元宮は当所南の台地の上であった。
【鎮座地】由布市 挾間町鬼崎1085番地
【拝路】県道脇に参道。
1135CIMG7174.jpg
社殿
1135CIMG7178.jpg
神額
1135CIMG7176.jpg
二十一社を祭っているのだろうか。
揮毫 正四位大度會神主貞根 とある

1134天満八幡神社(向原)

2015.12.25 09:59|大分県由布市挟間町
【祭神】菅原道真神・日本武尊・応神天皇・仁徳天皇
【由緒】昭和四十三年、現社地の天神社に字塚本鎮座の八幡神社を合併し現社名に改称。天神社は延享二年(1745年)の創立と伝わる。
【鎮座地】由布市 挾間町大字向原字五田ヶ鶴33番地の2
【拝路】神社は市道から奥まった所にあるので分かりづらい。
1134CIMG7170.jpg
境内では正月の準備をしているようだ。しめ縄の作業中。
横から
1134CIMG7173.jpg
鬼瓦の紋章
1134CIMG7172.jpg
たしか、鬼瓦に豊後梅鉢紋は初めてでは・・。

1133天神社(熊野神社内 鬼崎・由布市)

2015.12.25 09:27|大分県由布市挟間町
【祭神】菅原神 と思われる
【鎮座地】由布市 挾間町鬼崎2番地 熊野神社内
【拝路】国道210号から市道に入る。ナビの指示で走ると行き過ぎてしまった。戻ってケアハウス前、その先に鳥居が見えた。
1133CIMG7156.jpg
右手に車道があるが、石段を登る。上方の空に二の鳥居が見える
1133CIMG7160.jpg
境内右手に石祠が三基
1133CIMG7163.jpg
左手が生目神社、中央が天神社と思われる
左右の側面に梅鉢紋とおぼしきレリーフがある
1133CIMG7165.jpg
彩色された痕跡が見える。紋章を際立たせたい意思が感じられる。

1132林神社(横瀬・大分市)

2015.12.25 09:05|大分県大分市稙田地区
【祭神】速玉男命・事解男命・木野明神・大物主命・伊弉冉命・五十猛命・大己貴命・菅原神二柱
【由緒】大正三年下横瀬の天神社、上横瀬の天満社を合併。
【鎮座地】大分市 大字横瀬795番地
【拝路】北側からは道が狭いと判断し、南側の団地に入り参道を探す。目途を付けた所に案内が立っていた。
1132CIMG7148.jpg
参道を下り、右手に入ってゆく。境内に着いた。
1132CIMG7149.jpg
大きな神社であった。
そのまま北側の参道に向い石段を下り鳥居前
1132CIMG7151.jpg
左手からザーザーと水の音。
小さな滝がある。上田延成は瀑布と表している(187)。
1132CIMG7152.jpg
再び石段を登って境内へ
1132CIMG7154.jpg
蝋梅の甘い香り立つ
1132CIMG7155.jpg

1131田原神社(田原・大分市)

2015.12.25 08:48|大分県大分市稙田地区
【祭神】速玉男命・菅原神
【由緒】字中津留の天神社を明治三十七年一月十五日合併、社号を田原神社と称す(その前は熊野神社)。
【鎮座地】大分市 大字田原
【拝路】国道210号の南側、住宅地の中に鎮座
1131CIMG7144.jpg
拝殿の神額
1131CIMG7145.jpg
「正三位尊福」と読める。千家尊福(せんげ・たかとみ)のことか。
横から
1131CIMG7147.jpg