FC2ブログ
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1257青砥神社(葛飾区)

2016.03.29 16:44|東京都葛飾・荒川・墨田区
【祭神】猿田彦命・建御名方命・宇迦之御魂【合祀】高皇産霊神・誉田別尊・菅原道真公・倉稲魂命・彌都波能賣神
【由緒】昭和三十五年町内の北野神社(菅原道真公)を合祀
【鎮座地】東京都 葛飾区 青戸7丁目34-30
【拝路】1256天満宮から、旅ナビの指示で歩いてゆく。道中アクシデントがあったので、一時間半ばかりかかってしまった。
これは西口の参道のようで
1257CIMG8132.jpg
南側のこちらが表参道のようである。
1257CIMG8135.jpg
社殿
1257CIMG8133.jpg

スポンサーサイト



1256天満宮(香取神社内 堀切・葛飾区)

2016.03.29 15:12|東京都葛飾・荒川・墨田区
【祭神】菅原道真 と思われる
【由緒】石碑に「・・・このたび新築し奉納されました稲荷、天満宮、七福神・・・。平成二庚牛年二月吉祥日」とある。
【鎮座地】東京都 葛飾区 堀切8丁目20-25 香取神社境内
【拝路】国立博物館の桜を見て
1256CIMG8112.jpg
中庭のベンチで休んでいるとスズメが、手の届くところまで
1256CIMG8114.jpg
若鳥のようであるがこれはほど人馴れしたスズメは初めてだ。人間に舌を切られて以来、絶対に人馴れしないと思っていたのだが、数百年経って、少しずつ人間への親和性が増してきたのか。

京成堀切菖蒲園下車。小谷野稲荷神社、小菅神社を経由して香取神社社頭
1256CIMG8126.jpg
さらに歩いてゆくと二の鳥居と社殿
1256CIMG8127.jpg
すぐ右手に石祠
1256CIMG8128.jpg
天満宮と彫られた神額が埋め込まれている。

1720菅原神社(八幡神社境内 塚原・君津市)

2016.03.25 16:12|千葉県君津・富津市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 君津市 塚原341 八幡神社境内


参道は北側であった。市道から、西側の集落に入りお寺の前に参道がある。
1720CIMG8104.jpg
境内にいくつか石祠が祀られている
1720CIMG8109.jpg
こちらにも
1720CIMG8106.jpg
社号が添えられていないのでどれが菅原神社かわからない。
神社名鑑には菅原神社・浅間神社・金毘羅神社とある。

1255菅原神社(諏訪神社境内 大井戸・君津市)

2016.03.25 15:40|千葉県君津・富津市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】君津市 大井戸627 諏訪神社境内
【拝路】県道の交差点脇に大鳥居
1255CIMG8103.jpg
山の方に進んで、突き当りに二の鳥居
1255CIMG8098.jpg
境内、正面に諏訪神社の社殿
1255CIMG8100.jpg
右手に小さな祠があり
1255CIMG8101.jpg
その中の左手の石祠
1255CIMG8102.jpg
左右二部屋あり右手に菅原神社とある。左手天神様、おそらく古来からの天つ神を指していると思われる。なんとなくそんな気がする。

1254菅原神社(荻作・君津市)

2016.03.25 15:25|千葉県君津・富津市
【祭神】菅原道真
【由緒】古老の口碑によれば、永禄元年(1558年)、当村民一同の信仰により、京都北野天満宮の御分霊を請い当所に遷座されたという。地頭永田家の祈願所で、御代替はもちろん臨時御代参等維新以前まで続いた(28)。
【鎮座地】君津市 荻作72番
【拝路】県道脇、荻作の集会所前から参道が登っているが、南側の鳥居がある方から参拝する。
1254CIMG8092.jpg
石段を登って二の鳥居、社殿を見下ろすような形になっている。
1254CIMG8093.jpg
社殿
1254CIMG8094.jpg
神額
1254CIMG8095.jpg
社殿横から
1254CIMG8097.jpg
絵馬
1254CIMG8096.jpg
梅花紋が見える。千葉県で梅花紋を見たのは847天神神社以来、二例目である。

1253環神社(上後・富津市)

2016.03.25 14:41|千葉県君津・富津市
【祭神】菅相承・武甕槌命あるいは天満天神・摩利支天
【由緒】棟札の一つに弘治二丙辰年(1556年)とあるようだ。石井甚右衛門善正(妻は峰上城主真理谷善房の娘梅香)が天満天神の宝剣として相州新藤治郎国広作の一刀を、摩利支天の宝剣として同太郎国重作の一刀を奉納して家内安全や五穀豊穣を祈願。この宝剣は現存し国の重要文化財に指定されているという(201)。
【鎮座地】富津市 上後(うえご)765の南。環=たまき。
【拝路】湊川と志駒川にはさまれた丘陵の上、その南端に鎮座。丘陵の道は極めて狭い。車を邪魔にならない所に停めて徒歩にした。想像以上の急坂があり、息を切らして台地の上。最奥の家に人影が見えた。私有地を通るかもしれないので一応了解を頂く。細い山道を進む。
1253CIMG8091.jpg
1211福宗神社を思い出した。
左右、特に西側が切落ちた崖上を過ぎると
1253CIMG8090.jpg
石段が見え
1253CIMG8085.jpg
その上に祠
1253CIMG8088.jpg
右手に石碑
1253CIMG8087.jpg
横から
1253CIMG8089.jpg

1252天神様(大田和・富津市)

2016.03.25 14:04|千葉県君津・富津市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】富津市 大田和96 山神社境内
【拝路】君津市南部の山あいでは、国道沿いでもコンビニや食堂はほとんどない。日渡根(にっとね)の県道沿いにやっとソバ屋を見つけた。今日は寒の戻りで北風強く肌寒い。
1252CIMG8079.jpg
美味でした。
再び国道465号に戻って富津方面へ。関尻を左折して南下。2kmほど走って左折。すぐに橋を渡って道なりに進み台地の上に。右折して右手に神社。
1252CIMG8080.jpg
境内の左手に石祠
1252CIMG8081.jpg
一番右手、天神様とある
1252CIMG8082.jpg
中に道真公と思われる座像、上部に星梅鉢紋が浮き出ている。

1719菅原神社(山神社境内 日渡根・君津市)

2016.03.25 13:06|千葉県君津・富津市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 君津市 日渡根142 山神社境内


県道から西、集落に入って小さな社叢がある
1719CIMG8076.jpg
小山の上に社殿と石祠
1719CIMG8077.jpg
本社には境内社として菅原神社・八雲神社・金平神社が祀られていることになっている。
菅原神社は確認できず。

1718菅原神社(愛宕神社境内 東栗倉・君津市)

2016.03.25 12:39|千葉県君津・富津市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 君津市 東栗倉848 愛宕神社境内


県道の東側、ちょっと入った所に鳥居
1718CIMG8063.jpg
ここから長い石段が続く。200段以上だろう。
左右に数基の石祠があるが社号は確認できない
1718CIMG8065.jpg
頂上に愛宕神社の社
1718CIMG8071.jpg
社の後ろにも石祠が祀られている
1718CIMG8072.jpg
が菅原神社を確認することが出来なかった。
神社名鑑には境内社 菅原神社とあるので本境内に祀られていることは間違いない。

1251菅原神社(旅名・君津市)

2016.03.25 12:03|千葉県君津・富津市
【祭神】菅原道真公・大山咋命
【鎮座地】君津市 旅名132番
【拝路】国道410号の西100mほど、田んぼをはさんで小山がある。南側の集会所前からが参道になっている。
1251CIMG8049.jpg
鳥居前
1251CIMG8050.jpg
山上に社、境内は狭い
1251CIMG8053.jpg