FC2ブログ
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1349小山神社(尾崎町・延岡市)

2016.06.23 16:22|宮崎県延岡市(旧延岡市)
【祭神】伊弉冉命・速玉男命・事解男命・大山祇命・木花咲耶姫命・火産霊命・倉稲魂命・国常立命・大巳貴命・磐長姫命・誉田別命・罔象女命・大年神・菅原道真四柱
【由緒】明治四年、字桑平・社ヶ原・字蛇谷・字妙の天満神社を合祀
【鎮座地】延岡市 尾崎町4365
【拝路】祝子(ほうり)川の左岸、集落南の小高い山の上。
1349CIMG8895.jpg
神額
1349CIMG8896.jpg
社殿。右うしろから。
1349CIMG8897.jpg


スポンサーサイト



1348今山八幡宮(山下町・延岡市)

2016.06.23 16:00|宮崎県延岡市(旧延岡市)
【祭神】品陀別命・息長足姫命・玉依姫命・伊弉冉命・事解男命・速玉男命・磐長姫命・猿田彦命・倉稲魂命・市杵島姫命・竹内宿祢・菅原道真・素戔嗚命・稲田姫命
【鎮座地】延岡市 山下町1-3875。今山八幡宮HP
【拝路】南側の参道からの参拝になった。
1348CIMG8890.jpg
日本一石段とある。何が日本一なのか?
二の鳥居
1348CIMG8891.jpg
社殿
1348CIMG8892.jpg
こんな張り紙
1348CIMG8893.jpg

1347赤水神社(赤水町・延岡市)

2016.06.23 15:20|宮崎県延岡市(旧延岡市)
【祭神】菅原道真・蛭児命・大巳貴命・事代主命
【由緒】往古より祭神菅原道真公を奉斎して、天満宮と称し、赤水の産土大神と尊崇されてきた。明治四年神社改正の際、大化二年(646)勧請と伝える本屋敷の恵比須神社を同年十二月二十三日に合祀して、旧来の社号天満宮を赤水神社と改称し、村社に列せらる。【例祭日】11月3日
【鎮座地】延岡市 赤水町530-2
【拝路】県道から市道に入って、海岸沿いを北上。市道わきに鳥居
1347CIMG8886.jpg
二の鳥居とその先に社殿
1347CIMG8887.jpg
社殿
1347CIMG8889.jpg


1346鏡神社(後田・豊後大野市)

2016.06.15 15:24|大分県豊後大野市大野町
【祭神】仁徳天皇・菅原神四柱・他五神
【由緒】字東平・ツル・広戸・岡の天満社を明治十一年合祀。
【鎮座地】豊後大野市 大野町後田469番地
【拝路】広域農道の代三五トンネルの手前から左に入り、さらに山手に上る。狭く、急坂で、カーブ。距離的に近いのが救い。左手に屋根が見えてきた。ここが鏡の集落だろう。神社は集落の北側。
右側の道の奥に社殿の屋根が見える
1346CIMG8874.jpg
境内の横からの参拝になった。
1346CIMG8876.jpg
正面から
1346CIMG8877.jpg
西側からが正規の参道だろう。鳥居が建てられている
1346CIMG8879.jpg
神額
1346CIMG8880.jpg
若宮八幡宮とある。ここが鏡神社とする確証はないが、おそらくここであろう。
鳥居下からの眺望は素晴らしい。

1345土鳥社(田代・豊後大野市)

2016.06.15 15:07|大分県豊後大野市大野町
【祭神】菅原神六柱・他六神
【由緒】字鶴原・原・瓜ヶ迫・黒野・沢水・桑迫の天満社を明治十一年合祀
【鎮座地】豊後大野市 大野町田代516番地
【拝路】ナビに神社の地番がないので、その前後をポイントで打って目指して行ったのだが、杞憂に終わった。県道沿いに鳥居が建っている。神社は別名、岡山神社あるいは犬山神社という。
1345CIMG8868.jpg
二の鳥居と社殿前
1345CIMG8869.jpg
神額
1345CIMG8871.jpg
社殿横から
1345CIMG8872.jpg
境内から東方面
1345CIMG8873.jpg

1344天満社(御霊社境内・豊後大野市)

2016.06.15 14:46|大分県豊後大野市大野町
【祭神】菅原道真 と思われる。五柱。
【由緒】字桑畑・原・杉薗・君ヶ迫・井之元の天満社を明治十一年移転
【鎮座地】豊後大野市 大野町田代2275番地 御霊社境内
【拝路】ナビに従って進むと大分県央飛行場の北側から、そのまま境内に入った。
1344CIMG8864.jpg
本来は北側の参道らしい。はるか下に一の鳥居らしきものが見える
1344CIMG8863.jpg
社殿の右手に石祠が祀られている
1344CIMG8865.jpg
その中に、天満宮の神額
1344CIMG8866.jpg
そして道真公と思われる座像
1344CIMG8867.jpg

1343杵築社(田代・豊後大野市)

2016.06.15 14:34|大分県豊後大野市大野町
【祭神】大巳貴命・菅原神・他三神
【由緒】明治十一年、鳥井ノ元の天満社を合祀
【鎮座地】豊後大野市 大野町田代1423番地
【拝路】県道わきの山の中腹に鎮座
1343CIMG8858.jpg
神額
1343CIMG8860.jpg
社殿
1343CIMG8861.jpg
境内から南方面
1343CIMG8862.jpg

1351産神社(浅草八幡社境内・豊後大野市)

2016.06.15 14:15|大分県豊後大野市大野町
【祭神】木花開耶姫命・佐田彦命・崇徳天皇・大野泰基・菅原神八柱・大巳貴命・大年神二柱・天宇受売命・水波能売神・市杵島姫命・倉稲魂命・応神天皇・大山祇命・伊弉諾命二柱・伊弉冉命二柱・猿田彦命・軻遇突知命・天津児屋根命・大物主命・磐長姫命
【由緒】菅原神は、元々境内社として鎮座を明治41年、沢田字年ノ神・谷・尾迫・長迫・後田字長迫・宮迫字中園・藤北字寺に鎮座の処明治42年合併。
【鎮座地】豊後大野市 大野町宮迫705番地 浅草八幡社境内
【拝路】参拝後の知見で(211)、本社に菅原神が祀られていることがわかった。
本社の右側の社と思われる。
1350CIMG8855.jpg


1342浅草八幡社(宮迫・豊後大野市)

2016.06.15 14:13|大分県豊後大野市大野町
【祭神】月夜見命・応神天皇・神功皇后・菅原神五柱・磐長姫命
【由緒】明治四十二年、後田字長迫の萩尾神社(菅原神・大物主命)・同年、沢田字尾道迫の会沢神社(応神天皇・菅原神・他二神)・同年、藤北字寺の天満社(菅原神三柱・伊邪那岐命・他一神)を合併。
【鎮座地】豊後大野市 大野町宮迫705番地
【拝路】長い参道である。一の鳥居
1342CIMG8844.jpg
二の鳥居手前、白いアジサイがまぶしい
1342CIMG8845.jpg
二の鳥居を越して、長い石段
1342CIMG8846.jpg
踊り場とその先に三の鳥居
1342CIMG8847.jpg
三の鳥居先、楼門と社殿が見えてきた
1342CIMG8849.jpg
社殿
1342CIMG8851.jpg
左手の小祠に天満社が祀られているかもしれない
1342CIMG8852.jpg
床下に梅鉢紋の瓦が置かれている
1342CIMG8854.jpg
確証がないので、ここでは祭神とした。

1341天満社(酒井寺・豊後大野市)

2016.06.15 13:52|大分県豊後大野市大野町
【祭神】菅原神・市杵嶋姫命
【由緒】永和年中京都より影向があり、門前村(現、酒井寺)の百姓が神託によりこの地に石祠を建立した。元禄三年、現在地に勧請した。
【鎮座地】豊後大野市 大野町酒井寺258番地
【拝路】市道の北側、醍醐禅寺の右奥に鳥居と社殿が見える
1341CIMG8839.jpg
神額
1341CIMG8840.jpg
社殿
1341CIMG8841.jpg
横から
1341CIMG8843.jpg