FC2ブログ
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1611天満社(白鬚神社境内 広瀬・杵築市)

2017.01.30 15:02|大分県杵築市山香町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町広瀬3692番地 白鬚神社境内


西側の山下、市道わきに鳥居。正面の山上あたりに本社があるようだ。
1611CIMG1177.jpg
鳥居の神額
1611CIMG1178.jpg
山上は平らになっており、北側に社殿が見える。
1611CIMG1179.jpg
境内左手奥に石祠が祀られている。
1611CIMG1181.jpg
町史に石社とあるのでこれらの中の一つが天満社と思われるが、特定できない。
スポンサーサイト



1610又井天満社(倉成・杵築市)

2017.01.30 14:41|大分県杵築市山香町
【祭神】菅原道真
【由緒】平経盛卿がこの地に潜伏し寿永年間築前国の太宰府天満宮のご分霊を勧請し、氏神として建立し祭祀した。明治の一時期、倉成の八幡神社に合併されたが、昭和二年復社した。鳥居に寛保二年(1742年)の銘がある
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町大字倉成2865番地


ナビに従って走ってきたら、神社の裏手からになってしまった。
1610CIMG1167.jpg
正面から
1610CIMG1168.jpg
石段を下って鳥居前
1610CIMG1169.jpg
神額
1610CIMG1170.jpg
古い鬼瓦に
1610CIMG1176.jpg
剣梅鉢紋。県北では初めて目にする。
【履歴】2018/7/18;由緒を追加

1609山口天満社(小武・杵築市)

2017.01.30 14:24|大分県杵築市山香町
【祭神】菅原道真
【由緒】仁安三年(1168年)の春、筑前大宰府から勧請して守護神とした。
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町大字小武210番


社地前
1609CIMG1160.jpg
社殿、横から
1609CIMG1164.jpg
神殿の紋章
1609CIMG1165.jpg

1608天満宮(広瀬・杵築市)

2017.01.30 13:59|大分県杵築市山香町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 杵築市 山香町広瀬270番地付近 四所神社境内


国道10号線田居の交差点を北に入り、山手に入る坂道の突き当りが四所神社。
1608CIMG1150.jpg
境内右手に石祠が祀られている。
1608CIMG1155.jpg
右端の石祠が天満宮
1608CIMG1156.jpg

1607天満宮元社(据場・杵築市)

2017.01.30 11:41|大分県杵築市
【祭神】菅原道真
【由緒】元和年中(1615-24)当地の諸富氏が海難にあい伊予の天満社に祈った。無事に帰れたので据場に社を建て分霊を祭った場所と伝わる。延宝八年(1680)に49飛松天満社に遷座、当社の天神祭りの際には旅所となる。
【鎮座地】大分県 杵築市 大字南杵築番字据場


市道の北側、崖の中腹に石社のようなものがあり、、参道の階段が用意されている。市道を北に南に往来したが、聖地になるような場所はここしかない。数人に聞いたが知る人はいない。
石段を上って突き当りまで進むと石祠が見える。
1507CIMG1142.jpg
正面から
1607CIMG1141.jpg
石祠の屋根に「宮」とあるのでこれが元社と思われるが確証はない。
下から
1607CIMG1144.jpg
再度北の方に歩いてみる。先ほどチラッと人の姿が見えていた。100mほど進むとちょうど玄関から出てきた中年の男性に出会った。聞くと、「誰も知らなかったですか。それも問題だなぁ」。地区の役員さんか?。「白い大きな木の下でしょ。そこが元社です」

1606天満社(守江・杵築市)

2017.01.30 10:50|大分県杵築市
【祭神】菅原道真
【由緒】灯篭に天保七年(1836年)の銘がある。
【鎮座地】大分県 杵築市 大字守江3743番地 光明寺の西裏


光明寺は国道213号にそって建っている。正面の門は補修中で、右側の通用門から入る。本堂前の境内は狭く、境内社を祭れるようなスペースはなさそう。左側に倉庫のような建物があり、境界のブロック塀との隙間を通って後ろ側にでる。正面は崖になっており右手に小さな社が見える。
1606CIMG1133.jpg
正面から
1606CIMG1134.jpg
大棟の紋章
1606CIMG1136.jpg
錆びた色合いが何とも言えず美しいが、痛ましい。

1605八坂神社(鴨川・杵築市)

2017.01.30 09:52|大分県杵築市
【祭神】素戔嗚尊・菅原神
【鎮座地】大分県 杵築市 大字鴨川1405番


県道の北側、山際を走る市道から参道の石段が上に延びている。
1605CIMG1121.jpg
鳥居の神額
1605CIMG1122.jpg
右手、楠の御神木
1605CIMG1123.jpg
社殿
1605CIMG1124.jpg
横から
1605CIMG1127.jpg

1604天満宮址(鴨川・杵築市)

2017.01.30 09:28|大分県杵築市
【祭神】(菅原道真)
【由緒】鳥居に「宝暦十四年甲申三月吉日 鴨川村中」の銘がある。1764年になる。
【鎮座地】大分県 杵築市 大字鴨川1257番地 迎接寺の南


県道の西、迎接寺の石垣にそって細い参道がある。その先に鳥居が見える。
1604CIMG1111.jpg
鳥居前
1604CIMG1112.jpg
神額に天満宮とある。
その先に小さな社があるが、祭神が道真公かどうか不明。
そのため、天満宮址とした。

1603五田天満社(鴨川・杵築市)

2017.01.30 09:18|大分県杵築市
【祭神】菅原道真公
【由緒】鳥居に「正徳三年癸巳三月吉日」とある。1713年にあたる。ここではこの年を創建年とする。
【鎮座地】大分県 杵築市 大字鴨川1519番地付近


県道の東側、小高い丘の上に鳥居と社が見える。
1603CIMG1090.jpg
鳥居前
1603CIMG1104.jpg
鳥居の神額
1603CIMG1105.jpg
社殿
1603CIMG1106.jpg
横から
1603CIMG1107.jpg

1602天満宮(山神・貴船社境内 大内・杵築市)

2017.01.30 08:46|大分県杵築市
【祭神】菅原道真公
【由緒】字ギオン鎮座を明治八年当社の境内に移動。
【鎮座地】大分県 杵築市 大字大内2293番 山神・貴船社境内


小雨が降り続いている。雨があがる予定で傘を持ってこなかった。川の向こうの丘の上に神社が見える。
1602CIMG1097.jpg
30分ほど待ったが、いつまでも待っておれないので行ってみる。
鳥居の神額
1602CIMG1099.jpg
拝殿はこの地域独特の、横に長い形をしている。
その左裏に境内社が祀られている。
1602CIMG1101.jpg
祀っているとすればここであろうが、足元がおぼつかない。
いずれ天気の良い日に来ることにしよう。