FC2ブログ
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1734天満神社(君塚・市原市)

2017.04.25 14:57|千葉県市原市(旧市原市)
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 市原市 君塚855番地


君塚855番地の地番は見当たらない。
下調べの結果、君塚五丁目7番の空き地がそれにあたるのではないかと出かけたのだが。
1734CIMG2073.jpg
小高いマウンドが在る。北西側から望むと、石祠の屋根のようなものが見える。
南側から登って見ると石祠が祀られている
1734CIMG2070.jpg
頭部に卍が刻まれている。
「享保九甲辰年正月□五日君塚村総代氏子果尊氏」の銘がある。「□五日」は欠損していて資料による。「□五日」は「二五日」とも考えられなくもない。道真公の命日になる。
天満神社とも思えるが確かなことは言えない。

スポンサーサイト



1733天満神社(八幡神社境内 五井・市原市)

2017.04.25 14:40|千葉県市原市(旧市原市)
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 市原市 五井5024番地 八幡神社境内


五井駅の北400m程
1733CIMG2069.jpg
本殿の裏側に境内社が祀られている
1733CIMG2064.jpg
その中のほぼ中央、幟旗のある小祠が天満宮であった。
1733CIMG2065.jpg

1730天神社(前広神社境内 西広・市原市)

2017.04.25 10:44|千葉県市原市(旧市原市)
【祭神】菅原道真 と思われる
【由緒】「明治二十年近隣に鎮座していた、日宮・大宮・子安・日枝・香取・天・湯殿山・白幡の各神社が合祀された」(境内の石碑より抜粋)
【鎮座地】千葉県 市原市 西広59


1729春日神社より約25分で前広神社の社頭に。
1730CIMG2055.jpg
石段を上り長い踊り場からさらに石段を上って社殿前
1730CIMG2059.jpg
参道の左右に二基の石祠があったが風化が激しく識別不能であった。
社殿の左手に鳥居があり、
1730CIMG2061.jpg
柵で囲って石祠が祀られている
1730CIMG2060.jpg
左から大権現・白幡神社・子安神社・疱瘡神・不明・不明・不明・湯殿山神社・大宮・不明・不明・日宮・不明となっている。天神社は確認できなかった。

1729春日神社(山倉・市原市)

2017.04.25 10:10|千葉県市原市(旧市原市)
【祭神】天児屋根命・姫大神・菅原道真公・武甕槌命・経津主命
【鎮座地】千葉県 市原市 山倉765


水田地帯から緩やかな坂道を登ってほぼ突き当り。
1729CIMG2049.jpg
社殿前
1729CIMG2050.jpg
横から
1729CIMG2054.jpg

続きを読む >>

1728諏訪神社(大坪・市原市)

2017.04.25 09:20|千葉県市原市(旧市原市)
【祭神】建御名方命・大己貴命・菅原道真公
【鎮座地】千葉県 市原市 大坪636


海士有木(あまありき)駅の西300m
社殿は西向に建てられているので先に本殿が目に入る
1728CIMG2044.jpg
参道を西方面に歩いて鳥居前
1728CIMG2040.jpg



1727天満宮(八幡宮境内 磯ヶ谷・市原市)

2017.04.25 08:30|千葉県市原市(旧市原市)
【祭神】菅原道真
【由緒】寛政九年(1797年)建立と思われる
【鎮座地】千葉県 市原市 磯ヶ谷1498 八幡神社境内


磯ヶ谷八幡神社本殿の左手の小社
1727CIMG2037.jpg
大きな社号標が建っている
1727CIMG2036.jpg
奥左手の文字塔に「寛政九年丁巳五月吉祥日 願主當村 吉住五郎兵衛 同名儀助」とある。

1726天神(鶴嶺八幡神社境内 中高根・市原市)

2017.04.25 07:34|千葉県市原市(旧市原市)
【祭神】管自在天神
【鎮座地】千葉県 市原市 中高根1223 鶴嶺八幡宮境内


小湊鉄道光風台駅西約1km。
1726CIMG2025.jpg
本殿手前左に小社
1726CIMG2027.jpg
右側に天神像、珍しく立ち姿である。
絵馬
1726CIMG2030.jpg

1725平田天神(諏訪神社境内 平田・市川市)

2017.04.23 11:00|千葉県市川市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 市川市 平田2-23-12 諏訪神社境内


1724天満宮から菅野駅までの道すがら、寄ってみたのだが、社頭から左手に境内社が見える。
1725CIMG2015.jpg
中に入って境内社を見ると
1725CIMG2016.jpg
一番左手の小社
1725CIMG2017.jpg
神額に天満天神宮とある。
1725CIMG2018.jpg
絵馬も用意されているようだ
1725CIMG2019.jpg
社号は絵馬の平田天神を使わさせていただく。

1724天満宮(春日神社境内 新田・市川市)

2017.04.23 10:44|千葉県市川市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】千葉県 市川市 新田5-1-7 春日神社境内


京成市川真間駅から400m。
1724CIMG2006.jpg
左手の小さな社が天満宮らしい。
1724CIMG2009.jpg
賽銭箱に天満宮とある。
1724CIMG2010.jpg
右から
1724CIMG2012.jpg


1723興喜天満宮(長楽寺境内 請西・木更津市)

2017.04.20 16:11|千葉県木更津・袖ヶ浦市
【祭神】菅原道真
【由緒】「西国三十三□□八番札所で牡丹で有名な真言宗豊山派の総本山長谷寺□□□奈良県桜井市初瀬に鎮座されている天満天神(菅原道真公・八一四年七十三才没)を祀っている興喜天満宮の分社です。慶應三年(1865)と陰刻されています」(境内の案内より)
【鎮座地】千葉県 木更津市 請西字高部下982番 長楽寺境内


木更津駅の東南約2km。本堂の裏手に鎮座。
1723CIMG2000.jpg
文字塔が建っている
1723CIMG2002.jpg
下の方に漢詩が添えられている。
□天事業賛明
時照世文章啓
洪甚□感霊懸
明廟祀千歳仰

宗師

そう言えば、渡辺淳一が、何の本であったか、長谷寺に天満宮があると言っていた、書いていたかも、のを思い出した。いつか行ってみようと思っていたのだが、こんな所にその分社があるとは思ってもみなかった。人生長く生きていると、奇跡的なことをいくつか経験する。