FC2ブログ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

1849天満社

2017.07.25 11:58|大分県豊後大野市緒方町
【祭神】菅原神
【由緒】字小畑下・小畑上鎮座の菅原神を明治十年合祀
【鎮座地】大分県 豊後大野市 緒方町馬脊畑字宮本1290番地 御霊八社境内


県道の西側にバス停、その上に鳥居。
1849CIMG2837.jpg
右手に車道。境内まで続いているようなので利用する。
1849CIMG2835.jpg
右手の小祠
1849CIMG2831.jpg
書かれたものは何もないが
1849CIMG2832.jpg
豊後梅鉢の紋章で天満社と推定できる。
横から
1849CIMG2833.jpg
注)本社の祭神として祀られている可能性もあるが、ここではこの小祠に祀られているとする。

スポンサーサイト



1848大無礼天満社

2017.07.25 11:40|大分県豊後大野市緒方町
【祭神】菅原神二柱
【由緒】明治十一年九月、字西平の下・大無礼の各天満社を合祀。大無礼の天満社の鳥居(安永三年・1774年)も移設。
【鎮座地】大分県 豊後大野市 緒方町平石字神屋原127番地


市道の二叉路の北側に数段の石段。道は、左大無礼、右六種方面。
1848CIMG2827.jpg
境内の入り口に上がってみたが夏草に覆われて先に進めない。
1848CIMG2828.jpg
東側の市道から
1848CIMG2829.jpg
とりあえず、創始1774年とする。

1847泉天満社

2017.07.25 11:22|大分県豊後大野市清川町
【祭神】菅原神二柱・大己貴命
【鎮座地】大分県 豊後大野市 清川町六種東平2449番地


六種の丘陵の西斜面に小さな森があり
1847CIMG2824.jpg
その中に社がある。
1847CIMG2825.jpg
天満社を示すものは何もないが、近くで農作業をしていた人に聞くとそうであるという。
村誌では、ここは拝殿だけで、神殿は別の場所にある、としている。

1846丸小野天満社

2017.07.25 10:52|大分県豊後大野市清川町
【祭神】菅原神・仁徳天皇
【鎮座地】大分県 豊後大野市 清川町六種字上天神1689番地


丸小野地区の南部、市道の西側に鎮座
1846CIMG2818.jpg
倒壊しそうな鳥居なので、右手の草むらに迂回。
小さな蛙がピョンピョン飛び跳ねて逃げる。蛙を狙って蛇でも出てきそうだ、と思っていたら目の前を横切っていった。
社殿
1846CIMG2821.jpg
大棟の紋章
1846CIMG2820.jpg
注)確証はない、推測である。

1845柏野山神社

2017.07.25 10:34|大分県豊後大野市清川町
【祭神】大山祇命三柱・菅原神・景清霊
【由緒】菅原神は明治九年頃合祀されたと思われる。
【鎮座地】大分県 豊後大野市 清川町平石617番地


柏野集落の東、市道の道端に案内板
1845CIMG2807.jpg
山手に100m程上ると鳥居
1845CIMG2809.jpg
社殿
1845CIMG2815.jpg
里の風景
1845CIMG2817.jpg

1844白山神社

2017.07.25 09:23|大分県豊後大野市三重町
【祭神】藤原鎌足神・春日大明神・大白八幡大神・菅原神・市杵島姫命・応神天皇・少彦名命・崇徳帝・素戔嗚命
【由緒】明治九年丸山の菅原神を合祀
【鎮座地】大分県 豊後大野市 三重町大白谷1943番地


1843稲積社から、さらに県道を南下。狭い所もあるが初心者でもなんとか走れる。
県道の右下、北側に社殿
1844CIMG2789.jpg
横から
1844CIMG2793.jpg
ここは傾山登山口の一つらしい。
1844CIMG2795.jpg

1843稲積社

2017.07.25 08:58|大分県豊後大野市三重町
【祭神】倉稲魂命・菅原神・伊弉諾命・伊弉冉命・市杵島姫命・少彦名命・大山祇命三柱・高龗神・軻遇槌命
【由緒】明治九年轟の菅原神を合祀
【鎮座地】大分県 豊後大野市 三重町中津留389番地


県道45号を南下。中津無礼川を渡って稲積水中鍾乳洞に。ここの駐車場に車をおいて歩きに。先ほど渡った橋のすぐ南側に古い橋がある。その橋の脇を川沿いに上流方向に200mほど進むと社殿が見える。
1843CIMG2783.jpg
前から
1843CIMG2786.jpg

1842小津留神社

2017.07.25 08:06|大分県豊後大野市三重町
【祭神】品陀和気命・菅原神二柱・大山祇命・倉稲魂命・保食神・軻遇突神・大国主命
【由緒】「當社は元来八幡宮と奉称の処明治維新の際鎮座地銘に依て小津留神社と改称し奉り明治六年村社に列せらる御鎮座の由来は確証すべき社記存せざるも民間の一記録に依れば今を去る三百二十九年前後陽成天皇の慶長□□□二月十二日□平維盛の後盛改小津留妹尾に・・・」(境内の碑文より)。明治十七年、大平・谷川の天神社を合祀。
【鎮座地】大分県 豊後大野市 三重町小田1053番地


とにかく山深い所にある。地理院の地図では道が描かれていないが、下調べでは、北側から行けそうある。
県道のトンネルを抜けると左手に、標識
1842CIMG2781.jpg
左に、谷沿いの道を、緩やかに登って行く。
道は狭いが対向車もなく、防火水槽の標識まで来た。
1842CIMG2780.jpg
この先は厚い杉林、急坂で路面が濡れている。車を路肩において歩きにした。
杉林を抜け、坂が緩やかになって、右手方面の道が出てきた。
1842CIMG2779.jpg
方向的には右方面だが、とりあえず真っすぐ進んで、この先に右手に行く道がないことを確認。引き返して先ほどに道を右手に進む。
途中、落石があったりして、徒歩で正解だったかもしれない。正面の森あたりが目的地だろう。
1842CIMG2778.jpg
澤を横切って稜線に鳥居が見えてきた。
1842CIMG2770.jpg
社殿
1842CIMG2773.jpg

1841枇杷神社

2017.07.20 15:53|大分県豊後大野市緒方町
【祭神】菅原神三柱・大歳神・応神天皇
【由緒】字間戸・久保・梅木久保鎮座の菅原神を明治9年合祀
【鎮座地】大分県 豊後大野市 緒方町草深野903番地


国道502号、草深野バス停の北側、台地の南端に鎮座。
1841CIMG2761.jpg
東側からの参拝になったが、西側にも鳥居がある。
1841CIMG2763.jpg
社殿は西向きに建てられているので、西側の参道が正規なのだろう。
1841CIMG2764.jpg
地理院の神社マークは違っている。市道の南側に社殿がある。

1840灰迫の天満社

【祭神】菅原神
【鎮座地】大分県 竹田市 入田2881番地


灰迫集落の中央付近、市道の北側に堂がある。
1840CIMG2759.jpg
中に板づくりの小さな祠、御神体は石の様である。