FC2ブログ
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2007寶正天神

2017.11.28 15:38|大分県由布市湯布院町
【祭神】(菅原道真かもしれない)
【鎮座地】大分県 由布市 湯布院町下湯平 山神社境内


県道わきから鳥居が見える。鳥居の神額は「山神□」。
2007CIMG3964.jpg
境内の左奥
2007CIMG3968.jpg
近づいてみると
2007CIMG3969.jpg
祠の中は、天神座像と見えなくもない。石標は「寶正天神」と思われる。
スポンサーサイト



2006石光天満神社

2017.11.28 14:57|大分県由布市湯布院町
【祭神】管原神二柱・高龗神・天照皇大神・天御中主命
【由緒】寛喜三年(1231)国主の大友親秀はかねてより信仰の京都北野天満宮に代参、近従の立川盛光をたてられた。八月、斉戒して出発、海陸両路とも難事なく入洛し、親秀宿願の趣を敬白して、宝殿にて通夜。わずかに眠った折、束帯をつけた天神があらわれて、信心の篤いことを賞せられ、汝の帰る時この影が沿うて行くであろうと告げる。翌朝宮司にこのことを告げると宮司も同じ夢を見たという。そして神鏡一面を盛光に授けた。帰国後、国主に請うて自分の出生地の石武の勝地に一社を建立したと伝わる。
管原神一柱は字松尾鎮座を大正五年合祀す。別名、石武神社
【鎮座地】大分県 由布市 湯布院町川北1243番


社頭
2006CIMG3963.jpg
社殿
2006CIMG3957.jpg
横から
2006CIMG3958.jpg
参道左手に撫牛
2006CIMG3960.jpg
前から
2006CIMG3961.jpg


2005荒木神社

2017.11.28 14:45|大分県由布市湯布院町
【祭神】天満社二社・三神社
【由緒】字四辻・小久保・下村鎮座を合祀。
【鎮座地】大分県 由布市 湯布院町川北588番


神社前の県道216号は交通量多く、車を置く場所はない。
一度引き返して西側の空き地に車を置いて歩き。歩道なく車に気を付けて参道下に着いたのだが
2005CIMG3956.jpg
「キケン 立入禁止」となっている。
こちらのサイトに神社の写真が掲載されている。

2004寺田天満社

2017.11.28 13:33|大分県玖珠郡九重町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 玖珠郡九重町 大字野上字寺田150-2


参道は国道210号からいきなり細くなる。
2004CIMG3945.jpg
鹿・猪除けのフェンスを開けて鳥居下へ
2004CIMG3946.jpg
敷紅葉の参道
2004CIMG3947.jpg
社殿
2004CIMG3950.jpg

2003右田天満神社

2017.11.28 12:51|大分県玖珠郡九重町
【祭神】天御中主命・菅原道真
【由緒】元は青野山の山頂に天之御中主命を祀っていたという。永承年間(1046-1052)時の地頭野上五郎兼継(清原正高の孫)が現在地に移し、天満社を併せ奉り社殿を造営したという。
【鎮座地】大分県 玖珠郡九重町 大字右田1257番


国道210号線、九重インター入口の交差点の北東側に鎮座
2003CIMG3927.jpg
参道には楼門
2003CIMG3929.jpg
十七世紀末の造営で、この地域で最も古いという。
社殿
2003CIMG3930.jpg
一対の撫牛
2003CIMG3932.jpg
前から
2003CIMG3933.jpg
社殿横から
2003CIMG3938.jpg
大棟の紋章
2003CIMG3940.jpg

2002天満神社

2017.11.28 11:58|大分県玖珠郡九重町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 玖珠郡九重町 大字恵良1120番


宝山八幡神社東の分岐を南に入る。道幅は狭くなる。道なりに進むと神社の鳥居前に至る。
2002CIMG3923.jpg
鳥居の神額
2002CIMG3924.jpg
神殿の扉に豊後梅鉢紋
2002CIMG3926.jpg
社殿横から
2002CIMG3925.jpg

2001貴船神社

2017.11.28 11:36|大分県玖珠郡九重町
【祭神】高龗神・菅原道真
【鎮座地】大分県 玖珠郡九重町 大字恵良662番


明厳寺の北側に貴船神社の参道が山手に延びている
2001CIMG3916.jpg
石段を上ると鳥居
2001CIMG3917.jpg
社殿は左手、南向きに建てられている
2001CIMG3918.jpg
横から
2001CIMG3920.jpg

2000天満神社

2017.11.28 11:17|大分県玖珠郡九重町
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 玖珠郡九重町 大字右田3088-2番地付近


東側から。境内は公園になっている。
2000CIMG3915.jpg
社殿。南向きに建てられている。
2000CIMG3910.jpg
鬼瓦の紋章
2000CIMG3911.jpg
梅鉢紋の社殿であるので天満神社、祭神菅原道真としたが、詳細不明。

1999下組天満神社

2017.11.28 11:06|大分県玖珠郡九重町
【祭神】菅原道真・(豊前坊・稲荷様)
【鎮座地】大分県 玖珠郡九重町 大字右田下旦3556-2番地の南


小川の小さな橋から神社方面。右上方面の竹やぶの中
1999CIMG3909.jpg
グーグルマップでは道になっているが、草に覆われてしまっている。
1999CIMG3908.jpg
社殿
1999CIMG3904.jpg


1998上旦天満神社

2017.11.28 10:47|大分県玖珠郡九重町
【祭神】菅原道真
【由緒】現在は石社であるが、元禄八年(1695年)造営の社殿は明治七年の暴風で倒壊したという。
【鎮座地】大分県 玖珠郡九重町 大字右田


集落に南に突き出た山稜の中ほどに鎮座。西北側に大分道が走っている。
1998CIMG3896.jpg
ここは石段の中ほどの踊り場で車が入れ、駐車場にもなっている。
下りには石段が続いている。
1998CIMG3903.jpg
石段を上ると境内に入る。
1998CIMG3897.jpg
後方から
1998CIMG3899.jpg
石社の神殿は珍しく、これまで見た中で一番大きいかもしれない。。
六葉の紋章
1998CIMG3901.jpg
梅鉢紋のようである。