FC2ブログ
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2134田夫時天満社

2018.03.25 13:53|大分県豊後大野市大野町
【祭神】菅原神・水波日売命・大山祇命・武甕突知命
【由緒】糸棚水神社・柳迫山神・峠宇蔵社・管原神を明治22年合祀。多爾社とも称す
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町鳥田字高平尻650番地


国道442号から田尾崎で市道に入り北上する。
地理院の地図では細い線で描かれているので歩きを想定していたが、割りと道幅がありなんとか行けそうなのでそのまま道なりに進む。
下りの山道、車一台がやっとの道幅を、市万田川の谷まで下る。
橋を渡ると登りになる。車で行けないこともなさそうだが、ここで車を置いて歩き。
登りの道を10分ほど歩くと左手に鳥居
2134CIMG4928.jpg
斜面の中腹に小さなが社が見える
2134CIMG4929.jpg
社殿
2134CIMG4931.jpg
神額
2134CIMG4930.jpg
振り返ると
2134CIMG4933.jpg
こんな感じ。

スポンサーサイト



2133神角神社

2018.03.25 12:45|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】大山祇命三柱・甕突知命・奥津日子命四柱・管原神・天津日高・天津日高子波限建鸕鷀草葺不合尊・奥津日賣命四柱・大綿津見命・豊受比賣命
【由緒】大正二年字茅場の管原神など六神を合併し、字八町坂より現在地に移転す。
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町鳥田1354番地


市道の東側斜面に社殿が見える
2133CIMG4913.jpg
拝殿の神額
2133CIMG4914.jpg
社殿横から
2133CIMG4915.jpg
一段下がった市道わきの参道
2133CIMG4916.jpg
拝殿前に車道が入っているので、ほとんど利用されていない。

2132三成社

2018.03.25 11:49|大分県豊後大野市朝地町
【祭神】管原神・崇徳天皇・大山祇命・大年神
【鎮座地】大分県 豊後大野市 朝地町梨小字三成


集落の北東、小高い丘の杉林
2132CIMG4912.jpg
南側から杉林に入ると社殿が見える
2132CIMG4908.jpg
正面から
2132CIMG4909.jpg

2131崎山の天満社

2018.03.25 11:02|大分県竹田市(直入地域)
【祭神】菅原道真公三座・大歳神・大山祇命・旬々廻智命
【由緒】字サキ山・栃木・西平鎮座を明治九年合祀
【鎮座地】大分県 竹田市 直入町大字長湯崎山


崎山の市道を二往復。住民の話を聞かないことには先へ進めない。
入口付近の山手から人の声。車を降りてその方向へ。
庭先でご婦人。神社を聞くと教えてくれた。東端、防火水槽の右手に下に降りる道があるという。
防火水槽は先ほど通ったばかりなので良くわかった。
礼を言い、防火水槽わきに車を置いて歩き。

下り宮であった。150mほど下ると、林に中に社殿
2131CIMG4906.jpg
正面から
2131CIMG4907.jpg


2130城山八幡神社

2018.03.25 10:10|大分県竹田市(直入地域)
【祭神】応神天皇・稲魂命・保食神・大物主命・崇徳天皇・高皇産霊命・天御中主命・菅原道真公・大歳神・若歳神・御歳神
【由緒】石の原鎮座を明治九年合祀
【鎮座地】大分県 竹田市 直入町大字上田北4071番地。


最初東側の宝積寺付近から参道を探したが見つからず。
次に西側に回って城後から東進したがなかなか見つからない。

城後付近をウロウロしているとご婦人を見つけたので聞いてみる。
参道はもう少し東へ進んで、登り坂を上りきった所にあるという。ただ近年整備していないので行けるかどうかわからないという。

とりあえず行ってみる。台地の上に登り切った市道の左側に道がある。車を置いて歩いてゆく。
軽自動車が通れる位の道が、北東方向に延びている。
写真は200mほど進んだ所。
2130CIMG4905.jpg
左分岐の道は、恐らく梶屋方面だろう
小さなピークを過ぎると下りになり、道がぬかるんでいる。
だんだん竹か熊笹か、はびこってきて、この道を進むには勇気がいる。
2130CIMG4904.jpg
直線距離で神社まであと200mほどであるが引き返すことにした。

後の調べで、本社の氏子は、北側の集落であるので、北側に参道があると思われる。

2030天祖神社

2018.03.25 09:42|大分県竹田市(直入地域)
【祭神】高皇産霊命・天御中主命・神皇産霊神・応神天皇・菅原道真公三座・大物主命・崇徳天皇
【由緒】字下竹・安正寺鎮座を明治十年合併す
【鎮座地】大分県 竹田市 直入町大字上田北4972番地


梶屋から水口の集落に入る。神社には後ろからの参拝になった。
2130CIMG4899.jpg
正面から
2130CIMG4901.jpg
正規の参道は南側になる
2130CIMG4902.jpg
鳥居の神額
2130CIMG4903.jpg
「妙見宮」とある。
【補足】2030天満宮は、後に、大御神社と判明したので、2030を本社に振り替えた。

2129高岩神社

2018.03.25 08:05|大分県大分市野津原
【祭神】熊野三神・管原神
【由緒】字セントウニの管原神を明治12年合併
【鎮座地】大分県 大分市 大字今市字井ノ上992番地


高岩神社の北側、今市への市道わきに「高岩神社のトチノキ」の案内がありその先に分岐がある。
2129CIMG4886.jpg
車でも行けそうだが、歩きにする。
一旦、谷に下り、右手を山肌に添えるように進み、ほんの少しの登りで社殿が見えてくる。五分ちょっと。
2129CIMG4888.jpg
社殿前
2129CIMG4892.jpg
拝殿の神額
2129CIMG4893.jpg


2128山本天神社

2018.03.15 15:01|大分県由布市庄内町
【祭神】菅原道真公
【鎮座地】大分県 由布市 庄内町大字渕225番


2126天満渕神社から市道を西に400mほど走り右折。転がり落ちそうな段丘崖を下る。市道のほぼ突き当りに鳥居。
2128CIMG4883.jpg
鳥居の神額
2128CIMG4884.jpg
社殿
2128CIMG4885.jpg
梅鉢紋の描き方が独特である
2128umebati.jpg

2127八柱社

2018.03.15 14:50|大分県由布市庄内町
【祭神】大山祇命・賀具土命・応神天皇・菅原道真・罔象女命・大年神・大己貴命・少彦名命
【鎮座地】大分県 由布市 庄内町大字渕430番 天満渕神社境内


天満渕神社の社殿の左手に境内社が祀られている。左手の鳥居は北側参道の鳥居になる。
2127CIMG4942.jpg
大分県社寺名勝図録に本社が描かれており、左手の境内社の詳細がわかる
2126yabasirasya.jpg
琴平社(現在も確認できる)の右手に合社とあり、これが八柱社に相当すると思われる。
現在の配置でみると、茶色の建物になるが、この建物は倉庫の印象を受ける。その右手の小祠かもしれない。
この小祠には梅鉢紋、それに灰塚天神社と白抜きされた陣幕が掛けられている。

2126天満渕神社

2018.03.15 14:44|大分県由布市庄内町
【祭神】菅原道真
【由緒】「人皇第八十二代後鳥羽院の御宇建久壬子年(1192年)八月の創立で筑前の国大宰府天満宮の分身で維新前までは歴代国主尊崇深く殊に豊後守守護大友左近監能直公の如きは社殿を建営し、府内城主竹中伊豆守□日野根織部正吉明、領主松平主計頭等数百年尊崇せられた。建久三年八月渕の住人生野兵部大夫及角熊大蔵大夫の二氏が常に太宰府天満宮を尊崇していたが、ある時霊夢により角神の大石に御腰を掛け給い、よれより北方田の中の大石に御遷座なされた。その時頻に奇端があった”此の地水多き”とのご神託により一宮を設け渕の宮と称した。角神の石を御腰掛石とい、田の中の石を影向石という。」(境内の案内より)
【鎮座地】大分県 由布市 庄内町大字渕430番


北側からの参拝になった
2126CIMG4872.jpg
社殿、横から
2126CIMG4873.jpg
鬼瓦の紋章
2126CIMG4874.jpg
正面は南側になる。社号標には「郷社 天満渕神社」とある。
2126CIMG4876.jpg
参道を小川が横切って神橋を渡る。
2126CIMG4878.jpg
社殿下
2126CIMG4879.jpg