FC2ブログ
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2649天神様

2019.04.21 14:49|千葉県市原市(旧市原市)
【祭神】菅原道真
【由緒】「・・・。天神様はそばの楠が直径九十センチほど、樹齢二百年前後と推定されることから日枝神社の石鳥居(文化九年)と同じ頃に祀られたと思われます。当時は1700年代から地方にまで寺子屋教育が普及し、各地に、学問の神・菅原道真公の天神様が祀られた時代です。町会では平成十九年・・・一新しました。・・・」(境内の案内から抜粋)
【鎮座地】千葉県 市原市 高田186の南50m高田城址


市道の交差点から日枝神社を目指して西に入る。細い道をほぼ道なりに緩やかに登る。
日枝神社の鳥居を左に見て急坂、左手の方に登ると、林の左手に小さな社、右手は空き地で車を置けるスペースあり
2649IMG_0305.jpg
社殿
2649IMG_0306.jpg
参道脇の野の花
2649IMG_0309.jpg

スポンサーサイト



2648熊野神社

2019.04.21 14:19|千葉県千葉市中央・緑区
【祭神】熊野大権現・山王大権現・天満天神
【由緒】寛永期(1624-45)、熊野・山王が祀られて、その後宝暦六年(1756年)頃に天満天神を祀ったのではないか?
【鎮座地】千葉県 千葉市 緑区小山町142


西側から集落に向かったが、道はかなり狭い
市道沿いに鳥居
2648IMG_0297.jpg
集落の裏山に神社
2648IMG_0301.jpg
社殿内に古い書き物と現代語に書き直したもの額に入れてあり、その一部
2648img.jpg
ここに宝暦がある。
善勝寺は当地より約2.5km北東にある。法華宗の名刹であったらしい。

2647伯太神社

【祭神】応神天皇・天照皇大神・比咩神・伯太比古命・伯太比咩命・小竹祝丸・天野祝丸・熊野大神・菅原道真・天児屋根命
【鎮座地】大阪府 和泉市 伯太町5


北側の市道から神社へ
2647IMG_0287.jpg
正面(西側)から
2647IMG_0288.jpg

2646黒鳥天満宮天神社

【祭神】素戔嗚命・饒速日命・菅原道真公・飛鳥部造黒麻呂
【由緒】「本社は伝承によると古く天平時代(八世紀)に遡り、この地域の発展に尽くされた河内国安宿郡奈加郷の豪族・飛鳥部造黒麻呂を祭神として飛鳥古家社(アスカコゲシャ)に祀ったのがはじまりといわれています。飛鳥部造黒麻呂は天平年間に、この地に来て池を築き、水を引き、田畑の開墾に努め、この地域の発展に尽くされました。
天平宝字三年(759年)和泉の国主となった大野朝臣広立が、その功績を朝廷に進言し、淳仁天皇が黒麻呂にその開墾地の一部を与え、また、住民は黒麻呂の徳を称え、氏の神として仰ぎ、この地に飛鳥古家社を祀りました。
(飛鳥の鳥と黒麻呂の黒から村名を黒鳥としました)
平安時代に一条天皇より天満宮に飛鳥古家社を合祀するよう勅が下り、この地は天満宮として、村民に崇められるようになりました。
そして、南北朝時代には天津神の素戔嗚命、饒速日命を祭神に合わせて祀り、天満宮天神社と命名し、鎮守の社、村の寄り合いの場所および村の盟約場並びに芸能の場として栄えました。
江戸時代、幕府の人身の神を氏神に見立てるという政策から当神社は菅原道真公を祭神とする菅原神社と名を変え、明治三十九年八月政府の神社合祀令の勅により明治四十二年、府中の泉井上神社に合祀されました。
この度、町会皆様のご尽力により黒鳥天満宮天神社を再建することができ、泉井上神社様のご協力により分祀に至りました。
平成十八年二月吉日」(境内の案内より 全文)

一条天皇(980-1011)であるから、西暦千年頃、道真公を祀るようになった、と解釈できる。天皇は好学であったらしいので道真公に思いをはせたとしても不思議ではない。
あるいは、当時は藤原氏の全盛期であったので、政治的な意味合いもあったかもしれない。
【鎮座地】大阪府 和泉市 黒鳥町二丁目5


和泉中央駅からコミュバスで黒鳥山公園方面へ
2646IMG_0279.jpg
バス停を下車し五分ちょっとで神社前
2646IMG_0280.jpg
拝殿の神額
2646IMG_0283.jpg
社殿横から
2646IMG_0285.jpg
鬼瓦の紋章
2646IMG_0286.jpg

2645唐国菅原神社

【祭神】菅原道真
【鎮座地】大阪府 和泉市 唐国町三丁目10


唐国のバス停前が神社
2645IMG_0270.jpg
横から
2645IMG_0278.jpg
本殿
2645IMG_0274.jpg
本殿鬼瓦の紋章
2645IMG_0275.jpg
梅鉢紋に見える

2644大沢神社

2019.04.17 12:44|大阪府岸和田市
【祭神】菅原道真・素戔嗚命・市杵島姫命
【由緒】元は菅原神社。創建の年月は明らかならず。明治44年字小谷の八坂神社(素戔嗚命)、字横谷の厳島神社(市杵島姫命)を合祀して、現社号に改める
【鎮座地】大阪府 岸和田市 大沢町439


堂脇のバス停を下車し、進行方向にそのまま進むと右手に鳥居
2644IMG_0266.jpg
拝殿
2644IMG_0262.jpg
神殿
2644IMG_0263.jpg
昨年の台風で屋根の一部が破損したらしく修理中であった。

拝殿の中にこのような紋章の付いた陣幕
2644IMG_0265.jpg
剣梅鉢紋に似ている。初めて目にする形である。

2643菅原神社

2019.04.17 12:20|大阪府岸和田市
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大阪府 岸和田市 内畑町3619番地 山直(やまだい)神社境内


山直神社
2643IMG_0258.jpg
案内に境内社として菅原神社とある。
おそらく社殿左側の小祠一つが、菅原神社と思われるが、墨書された社号はほとんど消えて、特定できず。

2642菅原社・若宮社

2019.04.17 11:59|大阪府岸和田市
【祭神】菅原道真公・葺不合命・武位起命
【由緒】道真公は積川村の氏神として祀られていた。明治期、若宮社と合社になったと推察した。鳥居の右側に金属板の案内があるが、合社になった経緯は読み取れない
【鎮座地】岸和田市 積川町349番地 積川神社境内


積川(つがわ)神社である。
2642IMG_0255.jpg
積川神社の社殿
2642IMG_0251.jpg
右手に小さな鳥居があって
2642IMG_0252.jpg
案内板に若宮社・菅原社とある

社殿
2642IMG_0254.jpg
平成25年解体、元の姿に再建された




2641菅原神社

2019.04.17 11:36|大阪府岸和田市
【祭神】菅原道真
【由緒】文明十年(1478年)稲葉元春氏により京都北野神社より勧請
【鎮座地】大阪府 岸和田市 稲葉町2600


バス停を下車すると、交差点脇に社号標
2641IMG_0239.jpg
路地を下り、橋を渡って左折すると鳥居
2641IMG_0240.jpg
撫牛
2641IMG_0244.jpg
神門があってその先に社殿
社殿横から
2641IMG_0246.jpg
鬼瓦の紋章
2641IMG_0247.jpg
梅鉢紋にも見えなくもないが星梅鉢紋と判断した

2640山直(やまだい)中神社

2019.04.17 11:01|大阪府岸和田市
【祭神】菅原道真公・品陀別命・市杵島姫命・素戔男命・天照大神・豊受大神・春日大神
【鎮座地】大阪府 岸和田市 山真中町502


社頭
2640IMG_0231.jpg
鳥居の神額
2640IMG_0232.jpg
社殿
2640IMG_0234.jpg
本殿
2640IMG_0238.jpg