FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2753坂下菅原神社

2019.08.31 08:17|熊本県南小国町
【祭神】菅公
【鎮座地】熊本県 阿蘇郡南小国町 中原1068


市道の東側に小さな社叢
2753IMG_1094.jpg
南側に参道があって、すぐに鳥居、その先に社殿が見える
2753IMG_1088.jpg
鳥居の神額
2753IMG_1089.jpg
社殿
2753IMG_1090.jpg


スポンサーサイト



2752樋ノ口菅原神社

2019.08.30 08:37|熊本県南小国町
【祭神】菅公
【鎮座地】熊本県 阿蘇郡南小国町 中原5130


市道沿いに社地がある
2752IMG_1085.jpg
鳥居の神額
2752IMG_1086.jpg
横から
2752IMG_1084.jpg
鬼瓦の紋章
2752IMG_1087.jpg


2751八幡社

2019.08.29 09:17|大分県日田市(上津江町)
【祭神】八幡大菩薩・天神さま・鉾さま・山神・田神社・大田主命・大歳神
【鎮座地】大分県 日田市 上津江町上野田小川原(おかわばる)


小川原公民館の前に木製の鳥居があって
2751IMG_1080.jpg
裏手に参道がある
2751IMG_1081.jpg
鳥居の神額には
2751IMG_1082.jpg
大神宮とあるので、八幡社の確証はないが、この地区に他に神社は無さそうである。
社殿
2751IMG_1083.jpg
小川原の八幡社と思われるが間違っているかもしれない。

2750天満宮

2019.08.28 08:58|大分県日田市(上津江町)
【祭神】菅原道真
【鎮座地】大分県 日田市 上津江町川原熊戸(くまんと)


県道712号を南に下る。途中からかなり狭い道になる。
森林の中を走り、急坂のヘアピンカーブを越すと少し開けてきて、害獣ネットの右手が畑になっている。
2750IMG_1079.jpg
幸い畑に人がいたので話を聞くことが出来た。

現在戸数は一戸であり、ここ何十年と神社の祀りは行っていない。
この先、山の中に神社は残されているという。

礼を言って向かう。県道に沿ってゆくと、右手に分岐する道があり、そちらを登る。林道かもしれない。
200m走ると右手森の中に社殿が見える
2750IMG_1078.jpg
足場が悪いのでここまでとした。すでに廃社となっていると思われる。

2749室原菅原神社

2019.08.27 08:36|熊本県小国町
【祭神】菅公
【由緒】小國郷土誌の室原天神社と思われる。これによると天和二年(1682年)太宰府より勧請
【鎮座地】熊本県 阿蘇郡小国町 黒淵6105番地の西。集会所の南。神社誌には1968番となっているが、同番はダブっており、この区域の地番ではないので使わないでおいた


丘の上から神社、北方面
2749IMG_1071.jpg
鳥居の神額は天満宮となっている


2748神明天満宮社

2019.08.26 16:25|大分県日田市(上津江町)
【祭神】天照大神・天満天神
【鎮座地】大分県 日田市 上津江町上野田山中


道の状況が分からないので、合流付近の空き地に車を置いて歩き。
国道を分岐して下りの道になる。
2748IMG_1057.jpg
橋を渡って登り。幅もかなりあり、車で来たほうが良かったかも。後ろでピィと警笛音。
軽トラが登ってきた。道を開け、軽トラを先に行かせる。

すぐ後に、徒歩で来たことが良かったことが分かる。
坂を登り切って山中の集落
2748IMG_1068.jpg
左手の山の上に神社があるはずで、左手の参道を探しながら進んで行くと、先ほど通った軽トラが林の民家の庭先に。

ここは、地元の人に聞くしかない。

山中の集落はすでに廃村になって、自分たちは麓の町に移住したとのこと。
麓は暑いので、日中はここに来て涼んでいる。


神社のことを聞くと、自分たちの栗林から行けるのでそこを通ったらいい。幸運であった。
電牧に注意して、鳥居下へ。社殿の屋根が見える
2748IMG_1058.jpg
鳥居の神額
2748IMG_1059.jpg
社殿
2748IMG_1061.jpg
横から
2748IMG_1062.jpg
鳥居下
2748IMG_1065.jpg
左手が栗林、正面に参道が下っているが、夏草に覆われている。

再び栗林を抜け、お礼を言って後にする。
境内に焚火の跡があったので聞いてみた。お祭りのときは、たしか十月、旧住民が集まってくるとのことであった。

2747杉平菅原神社

2019.08.26 09:03|熊本県小国町
【祭神】菅公
【鎮座地】熊本県 阿蘇郡小国町 黒淵625


地番から推定すると集落の北側辺りになるのだが、山手に向かう道が分かりづらい。
瓦礫の道が山手に伸びて、民家に入らないように登って行くと左手に神社らしき建物
2747IMG_1050.jpg
鳥居が無く、お堂のようで中をのぞくと観音堂とある。小国八十八か所三十九番札所。
境内の西側に石祠が数基
2747IMG_1052.jpg
右手の石祠に座像が安置されて、道真公とも思われるが確証はない。

一応、お堂に礼拝して、山を下る。途中蛇に遭遇。
2747IMG_1056.jpg
【追記】神社誌に記載されているので近いと思われる場所に立ち寄ってみました。ただ、全く場違いの可能性もあります。


2746小屋天満宮

2019.08.25 08:21|熊本県小国町
【祭神】菅公
【鎮座地】熊本県 阿蘇郡小国町 黒淵1968番 と思われる


神社誌の1968番の菅原神社と思われる。
地理院の地図に神社マークがあるので立ち寄ってみる
2746IMG_1049.jpg
社殿
2746IMG_1048.jpg
神額に天満宮の文字がある
2746IMG_1045.jpg
後方から
2746IMG_1047.jpg

2745本村菅原神社

2019.08.24 08:29|熊本県小国町
【祭神】菅原道真・天忍穂耳命(あまのおしほみみのみこと)・辛国息長大姫大目命・天照皇大神
【由緒】「勧請年月日不詳 元は同村字寺ノ向鎮座 天保二年十二月社殿焼失 天保三年(1832年)当地へ移転」(拝殿の案内より)
【鎮座地】熊本県 阿蘇郡小国町 黒淵76


市道脇に鳥居があり、急な石段が山手に伸びて、社殿の一部が見える
2745IMG_1033.jpg
鳥居の神額
2745IMG_1034.jpg
損傷が激しいのでほとんど読み取れない。拝殿の書き物でここが標記の神社とわかる。
社殿
2745IMG_1035.jpg
これは拝殿で、
後ろに本殿がある
2745IMG_1037.jpg
鬼瓦の紋章
2745IMG_1040.jpg
境内から東方面
2745IMG_1043.jpg

2744滴水菅原神社

2019.08.23 09:19|熊本県小国町
【祭神】菅原道真二柱・大年神
【由緒】太宰府天満宮より勧請と伝わるが詳細不明。明治十一年字ゲスの菅原神社、境内社の年神社を合併(拝殿内の説明文から引用させて頂きました)
【鎮座地】熊本県 阿蘇郡小国町 黒淵字滴水4424番地


東側から集落に入ると突き当りに社地がある
2744IMG_1026.jpg
正面から
2744IMG_1027.jpg
右側の橋は天満橋、流れている川は上滴水川。
鳥居の神額
2744IMG_1028.jpg
社殿、鬼瓦の紋章
2744IMG_1030.jpg