FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

2826後谷稲荷神社

2019.09.25 12:34|埼玉県三郷市
【所在地】埼玉県 三郷市 後谷(うしろたに)227


2826IMG_1534.jpg
資料395によると天神像が保管されているという
スポンサーサイト



2825合社

2019.09.19 14:43|埼玉県三郷市
【祭神】天満宮・稲荷大明神・弁財天
【鎮座地】埼玉県 三郷市 前間(ぜんま)142付近 前間稲荷神社境内


2825IMG_1532.jpg

2824前間稲荷神社

2019.09.19 14:42|埼玉県三郷市
【所在地】埼玉県 三郷市 前間(ぜんま)142付近


2824IMG_1529.jpg
資料395によると天神像が保管されているという

2823天満宮

2019.09.19 14:15|埼玉県三郷市
【祭神】菅原道真二柱
【由緒】袋新田鎮守の稲荷神社の境内社天神社・廃寺となった光明院の境内社天満宮が当社境内に移転。袋新田の稲荷社は昭和55年旧社地に復社
【鎮座地】埼玉県 三郷市 茂田井615 熊野神社境内


熊野神社
2823IMG_1527.jpg
境内右手に天満宮
2823IMG_1523.jpg
神額
2823IMG_1525.jpg
大棟の紋章
2823IMG_1524.jpg

2822天神宮

2019.09.19 14:05|埼玉県三郷市
【祭神】(菅原道真)
【由緒】天保五年(1834年)創建
【鎮座地】埼玉県 三郷市 岩野木119 富足神社境内


資料395に天神宮の記載があったので立ち寄って見る。
富足神社
2822IMG_1516.jpg
本殿の左手に境内社が祀られている
2822IMG_1518.jpg
その中の一番右手の石祠
2822IMG_1519.jpg
見ただけではわからないが、台座の右側面に「天保五甲牛歳 六月再建 岩木村 幸房村」とある。
資料の記載と一致するので、この石祠が天神宮と思われる

【参考文献】395 三郷市神社鳥居等調査報告書 三郷市教育委員会 昭和61年

2821天神社

2019.09.19 13:51|埼玉県三郷市
【祭神】菅原道真
【由緒】明治八年、草庵寺境内の天神社(石祠)を合祀
【鎮座地】埼玉県 三郷市 谷中52 谷中稲荷神社境内


稲荷神社前
2821IMG_1511.jpg
右手の社が稲荷神社、左手の石祠が天神社
2821IMG_1512.jpg
台座右側面に「草庵寺境内 □□□□□ 明治八年五 月遷座」
草庵寺は現在地の西150mにある

2820天満宮・水神宮

2019.09.19 12:11|埼玉県三郷市
【祭神】天神・水神
【鎮座地】埼玉県 三郷市 彦沢1-63 彦沢香取神社境内


香取神社
2820IMG_1500.jpg
本殿の右側に境内社
2820IMG_1504.jpg
右側の小祠に神額があって
2820IMG_1505.jpg
天と水、天満宮と水神宮と思われる
2820IMG_1506.jpg
中に、左側に水神宮と陰刻された小さな石祠、右手に木製の小さな神殿、恐らく天満宮が祀られている

2819上口天満宮

2019.09.19 11:57|埼玉県三郷市
【祭神】菅原道真
【由緒】現在の社殿は平成十五年三月に落成
【鎮座地】埼玉県 三郷市 上口1-139付近


住宅地の一角に鳥居と社殿
2819IMG_1495.jpg
神額
2819IMG_1496.jpg
社殿横から
2819IMG_1497.jpg

2818上口香取神社

2019.09.19 11:54|埼玉県三郷市
【祭神】経津主命・(稲荷大明神・天満天神・鹿島大明神・羽黒権現・八幡大明神)
【由緒】本殿の覆屋内に稲荷大明神・天満天神・鹿島大明神・羽黒権現・八幡大明神の像が納められた小祠がある
【鎮座地】埼玉県 三郷市 上口1-74


香取神社
2818IMG_1491.jpg
本殿
2818IMG_1494.jpg



2817天満宮

2019.09.19 11:29|埼玉県三郷市
【祭神】菅原道真
【由緒】天明五年(1785年)建立。字内に鎮座していた所を、明治42年に合祀
【鎮座地】埼玉県 三郷市 駒形499 駒形神社境内


駒形神社、後方から
2817IMG_1482.jpg
本殿の前は足の踏み場もないほど銀杏が落ちて、左手に石祠が祀られている
2817IMG_1485.jpg
上部に天満宮、その下に道真公と思われる座像が彫られている。
2817IMG_1486.jpg
右側面「天明五乙巳年正月吉日」