FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

201羽迫神社(堅浦・津久見市)

2012.09.11 14:30|大分県津久見市(北部)
【祭神】菅原道真(二柱)・大地主命(二柱)・本田別命・宇気母智命
【由緒】天文元年(1532)の創立と伝わる。早期の記録には「隼鷹天神(祠)」とあるらしい。明治11年に村内各所の神々(菅公一柱のほか五柱)を合祀し今の社名とした。
【例祭日】2月15日・6月11日・9月21日・11月15日
【紋章】梅鉢(塀、手水鉢、社殿、瓦)
【行程】鳥居と社殿が県道沿いにある。入口の左右の石塀にも紋章が刻まれている。このような形式は123天神社(西の内・津久見市)でも見られた。
201_3916.jpg
境内に入るといきなり大きな梅鉢を刻んだ手水舎が目に入ってくる。
201_3917.jpg
拝殿はシンプルであるが、木造づくりで落ち着きがある。
201_3918.jpg
境内からは津久見のセメント工場が目の前になる。夜景がきれいかもしれない。

より大きな地図で 天満宮散策 を表示
スポンサーサイト



コメント:

非公開コメント