FC2ブログ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

牛飼はじめ

Author:牛飼はじめ
浦々の天神様に大震災からの復興と家畜の安寧を祈っています。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

374天神社(北方・市川市)

2013.07.25 12:58|千葉県市川市
【祭神】菅原道真
【由来】東葛飾郡誌の中山村誌に天神社が記述されており、本社がこれに相当すると思われる。千葉県神社年鑑には神社本庁未包括神社として記載されている。
【鎮座地】市川市北方町四丁目2049-10付近
【拝路】373白幡神社より八幡四丁目まで引き換えし、市川学園方面のバスに乗り換える。市川学園で下車し東に向かう。所々に田んぼ・畑が散在し、右手に高校の大きな建物が見え、ちょっとちぐはぐな風景である。住宅地に入り、遠くからプールであろうか子供の歓声が聞こえ始める。ナビではこの辺を指しているのだが、それらしき建物はない。こういう場合は人に聞くのが最善である。幸い先に野菜作りをしている男性がいた、ナビの画面を見せながら聞いてみる。「それでしたら、道路わきの会館の階段から行くのが近道ですよ。その丘の上にあります」。
374CIMG0840.jpg
失礼して門扉を開け階段を上る。丘の入口にも門扉があるが簡単なひもで固定しているので解き、その先から境内になっている。こちらは裏口にあたる。鳥居は丘陵側にある。
374CIMG0841.jpg
社殿の扉の隙間から、梅鉢紋の陣幕が確認できた。
ここは台地の西端になっているので本八幡方面が一望できる。
同じコースを帰途の途中こんなポスターを見つけた。小沢一郎さんのこんな姿は二度と見れまい。
374CIMG0844.jpg
気になっていた地図の模様は調整池でした。右手の小高い森の左端が天神社になる。
374CIMG0847.jpg
【キーワード】小沢一郎・文様

より大きな地図で 天満宮散策 を表示
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント